在宅ワークをお探しの方はこちら

MOS試験に独学で合格するのに必要な勉強時間は?勉強方法も紹介

「MOS試験に独学で合格するためにはどのくらいの勉強時間が必要?」「MOS試験に独学で合格するための勉強方法は?」こう言った疑問に答えます。

MOS試験は、パソコン系の資格の中では最も知名度がある資格の一つです。パソコンを使った仕事をするのであれば、必ず役に立つでしょう。

本記事では、

  • MOS試験とは?
  • MOS試験合格に必要な勉強時間
  • MOS試験に合格するための勉強方法

以上3つのテーマについて解説します。

本記事を最後までチェックして、MOS試験に関する正しい知識を身につけ、MOS試験合格を目指しましょう。

MOS試験とは?

MOSとは、Microsoft Office Specialistの略です。つまりMOS試験は、マイクロソフトオフィスのワードやエクセル、パワーポイントなどを上手く使いこなせるかどうかを測る試験です。

ワードやエクセル・プレゼンテーションは、オフィスワークをする方の多くが使っているサービスです。最近ではGoogleドキュメント、Googleスプレッドシートなど、Googleのサービスを使う企業も増えてはいますが、それでもまだまだマイクロソフトオフィスのサービスを使う企業の方が多いです。

つまりMOS試験を取得しておけば、あらゆる職種において役立ちます。

MOS試験の日程や受験料の詳細

MOS試験には、全国一斉試験と随時試験2通りの受験方法があります。全国一斉試験は月に1〜2回開催されており、随時試験であれば、試験会場によってはほぼ毎日開催しているようなところもあります。

資格試験の中には、年に一回しか試験がないような資格試験もあります。そういった試験は、一度不合格になってしまうと最低でももう1年待たなければいけません。しかしMOS試験はその心配がないので安心です。

また受験料に関しては、スペシャリストが9,800円、エキスパートが11,800円です。

試験は簡単に受験できますが、その都度受験料がかかってしまうので、できれば一回で合格したいところです。

MOS試験の取得難易度

MOS試験の取得難易度は、そこまで高くありません。

MOS試験には、スペシャリストとエキスパート2つのレベルが存在します。スペシャリストは一般レベルで、エキスパートはそれよりも高難易度の試験です。

ワードのスペシャリスト、エクセルのエキスパートのように、自分が受けたい試験を選んでMOS試験を受験することができます。

MOS試験の合格率は、スペシャリストで約80%、エキスパートで約60%です。スペシャリストの場合はほとんどの方が合格していますし、エキスパートの場合でも、他の資格試験と比べると合格率は十分高いです。

きちんと対策をすれば、スペシャリストもエキスパートも合格することは難しくありません。

MOS試験の取得方法は大きく2つ

MOS試験の取得方法は、大きく2つあります。

独学

MOS試験を取得する1つ目の方法は、独学です。MOS試験を受験するほとんどの方が、この独学でMOS試験の対策をしています。独学の際は、市販の参考書を購入して独学をする方がほとんどです。

スクールや講座を受講する

また独学に自信がないという方は、スクールに通ってMOS試験を取得するという方法もあります。もしくは、通信講座や通信教育といった選択肢もあります。

独学とスクールや通信講座という2つの選択肢がありますが、原則は独学で問題ないかと思います。記事後半で、独学とスクールそれぞれのメリット・デメリットを解説しています。

MOS試験合格に必要な勉強時間は最低20時間

MOS試験合格に必要な時間は「どのくらいパソコンに詳しいか」「どのくらいワードやエクセルなどマイクロソフトのサービスに触れているか」によって異なります。例えば日常的にワードを使っていて、すでにワードに詳しい人は、全く何も勉強しなくてもMOS試験に合格できる可能性があります。

ワードやエクセルなどに少しだけ触れたことがある程度の方がMOS試験に合格するために必要な勉強時間は最低20時間です。また、全くワードやエクセルを触ったことがないという方の場合には、80時間近い勉強時間が必要になることもあります。

1日どのくらいの勉強時間が必要?

MOS試験に合格するためには、20〜80時間の勉強時間が必要ですが、1日どのくらいの学習時間が必要になるのでしょうか。

単純計算で20時間の勉強時間が必要な場合は、週末に毎週5時間勉強すれば、土日の学習を1ヶ月継続するだけで試験に合格できます。

一方で80時間の学習が必要な場合には、仕事や学校に行きながら1ヶ月で試験合格を目指すのは難しいでしょう。3ヶ月から4ヶ月という長い目で学習計画を立てる必要があります。

事前に自分にはおおよそどのくらいの勉強時間が必要なのかを考えてから、学習計画を立てましょう。

資格名 マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
税込み価格 29,800円(税込)
分割払い 2980円×10
添削回数 なし
質問回数 あり(1日3問までとさせていただきます)
学習期間 2ヵ月(受講開始から6ヵ月まで指導します)

 ユーキャン公式サイトを確認 ☞

 

MOS試験に合格するための勉強方法

MOS試験に合格するための勉強方法は、大きく2つあります。

わからないところを放置しない

まず最も大切なのは、わからないところを放置しないことです。MOS試験対策をしていると、必ずわからない問題に遭遇します。わからない問題を解説を調べて確認するのは手間がかかりますし面倒です。

しかし学習で一番大切なのは、わからないところを確認してわかるようにすることです。そうしなければ一向に成績は上がりません。

わからないところは飛ばしてどんどん問題を解いていきたいという気持ちもわかりますが、わからない問題は放置せずにしっかりと確認しましょう。

毎日継続する

MOS試験に合格するためには、学習を毎日継続することが大切です。毎日学習を継続することで、一度学習したことが記憶として定着しやすくなります。

なぜなら繰り返し同じところを学習することになるので、どんどん頭に記憶として刷り込まれるからです。

気が向いた時に何時間も勉強して、それ以外は全く勉強しないという方がいますが、その方法はおすすめできません。せっかくまとまった時間学習しても、気が向かずに学習をサボってしまっている間にほとんどの記憶を忘れてしまいます。

長時間確保する必要はないので、コツコツと学習を継続できるようにしましょう。

MOS試験を独学で取得するメリット・デメリット

MOS試験を独学で習得するメリットとデメリットをそれぞれ3つずつまとめました。

メリット①低コスト

MOS試験を独学で習得するメリットの1つ目は、低コストな点です。独学なので、MOS試験取得に費用はほとんどかかりません。

必要なのは、受験料と参考書代のみです。合計で10,000円程度しかかかりません。

取得したい資格があっても、費用を理由に断念してしまう方がいますが、MOS試験の独学での取得であれば低コストで気軽に受験ができます。

MOS試験は月に何度も受けらられますが、何度も受けるとより多くのコストがかかってしまいます。独学を選択しておけば、万が一不合格になってしまっても問題なく再受験の費用を支払えるのではないでしょうか。

メリット②自由に学習計画を立てられる

MOS試験を独学で習得するメリットの2つ目は、自由に学習計画を立てられる点です。

独学なので、いつどのくらい学習をするかは本人の自由です。仕事や学校が忙しい時は学習時間を減らすことができますし、時間がある時はまとめて学習時間を確保することができます。

メリット③独学力がつく

MOS試験を独学で習得するメリットの3つ目は、独学力がつく点です。MOS試験を独学のみで取得することができれば、独学力がつき、何をどのくらい勉強すれば目標を達成できるのかを計算できるようになるはずです。

また、目標達成までどのようにモチベーションを維持すれば良いのかもわかるはずです。

一度独学力を身に付けると、今後の人生で何か他のことを学習する際にもスムーズに独学ができるようになります。

デメリット①自由に質問できない

MOS試験を独学で習得するデメリットの1つ目は、自由に質問できない点です。MOS試験の対策をしていると、必ずわからない問題に遭遇します。

自力で調べて自らわからないところを解決できれば問題ありません。しかし、自由に質問ができないので、自力で解決できない場合には学習が途中でストップしてしまいます。

わからないところがあってもすぐに解決することができれば、学習をすぐに再開できます。しかしすぐに再開することができなければ、モチベーションが低下してしまい、今後の学習にも影響が出てしまいます。

デメリット②モチベーションの維持が大変

MOS試験を独学で習得するデメリットの2つ目は、モチベーションの維持が大変な点です。独学なので、学習習慣をつけることが難しいです。課題も出ないので、全ての学習カリキュラムを自分で考える必要があります。

モチベーションがなくなってしまって一度学習をやめてしまったら、学習再開を促してくれる方はいません。

講師や先生のような存在がなく、全て自分一人で行わなければならないというのが独学のデメリットです。

デメリット③教材の選定も自ら行う必要あり

MOS試験を独学で習得するデメリットの3つ目は、教材の選定も自ら行う必要がある点です。MOS試験には、たくさんの対策用の参考書が出版されています。参考書によって内容が異なるので、自分にぴったりの参考書を選ばなければなりません。

自分にあった参考書で学習することで、効率的にMOS試験対策ができます。

逆に自分に合わない参考書を購入してしまうと、学習の効率が悪くなってしまうので、参考書を購入する際には書店に足を運んで自分の目で参考書を選びましょう。

MOS試験をスクールや講座で学ぶメリット・デメリット

MOS試験をスクールや講座で習得するメリットとデメリットを、それぞれ2つずつまとめました。

メリット①計画的に学習を進められる

MOS試験をスクールや講座で学ぶメリットの1つ目は、計画的に学習を進められる点です。スクールでは、授業の曜日が毎回固定なので、計画的に学習を進めることができます。また通信講座でも、課題が出されるので学習を計画的に進められます。

試験日から逆算して学習を進めることは大切です。スクールや講座を受講することで、毎日少しずつ継続的な学習ができる可能性が高いです。

メリット②勉強仲間ができることも

MOS試験をスクールや講座で学ぶメリットの2つ目は、勉強仲間ができる点です。スクールに通う場合は特に、同じ教室で授業を受ける人と交流することができます。

そういった方と交流することで、勉強仲間ができます。勉強仲間ができると学習のモチベーションが上がりますし、情報交換をしたりすることもできます。

職場や学校の友人に、ちょうどMOS試験の受験を予定している方がいる可能性は低いです。しかしスクールなら、同じ目的を持った方が集まり、交流できますよ。

デメリット①コストがかかる

MOS試験をスクールや講座で学ぶデメリットの1つ目は、コストがかかる点です。スクールに通ったり、講座を受講するとやはりコストがかかります。

スクールや講座によってかかるコストには違いがありますが、およそ5万円程度から10万円程度のところが多いです。

一方独学の場合は、参考書代の1000円程度しか費用はかかりません。

デメリット②通学の手間

MOS試験をスクールや講座で学ぶデメリットの2つ目は、通学の手間がある点です。スクールがオンラインレッスンに対応していない場合は、電車などを使ってスクールに通学しなければなりません。

毎回通学をするのは手間になります。通学する必要がなければ、その時間を使って勉強することもできるはずです。

家や職場から近いところにスクールがある場合は良いですが、スクールが遠くて1時間以上かかってしまうという場合には、独学でも取得を検討した方が良いかもしれません。

パソコン資格の中ではMOS試験がおすすめ!

この記事では、MOS試験の概要や勉強時間、勉強方法などについて解説しました。MOS試験で合格するまでのイメージは湧きましたか?

MOS試験は月に2回も開催されており、思い立ったらすぐに受験することができます。数ヶ月後のMOS試験を目標に学習計画を立て、早速学習を開始してみてください。

 

資格名 マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
税込み価格 29,800円(税込)
分割払い 2980円×10
添削回数 なし
質問回数 あり(1日3問までとさせていただきます)
学習期間 2ヵ月(受講開始から6ヵ月まで指導します)

 ユーキャン公式サイトを確認 ☞

合わせて読みたい!