在宅ワークをお探しの方はこちら

キャリアカウンセラーの難易度は?試験概要や仕事内容を紹介!

民間資格のキャリアカウンセラーは、求職者に対して仕事の紹介やキャリア相談を請け負っています。

ハローワークや人材派遣会社などを活用して、求人を紹介してもらった経験がある方もいるのはないでしょうか?

転職や就職活動は、相談者本人にとっては人生に大きく関わる重要な項目です。キャリアカウンセラーは、そんな重要な分岐点をサポートするための役割を担える仕事といえるでしょう。

この記事では、キャリアカウンセラーの難易度や試験概要、仕事内容について紹介していきます。

キャリアカウンセラーを目指す方は、自分が将来どんな働き方がしたいか、資格の勉強にどのくらいの時間と費用がかけられるかなど、自身の状況を検討してから受験を目指してみてください。

キャリアカウンセラー資格の試験概要について

キャリアカウンセラーは無資格でも可能な仕事ではあるものの、資格試験に合格すればプロの証明にもなり試験勉強の過程で実践に必要なスキルを取得する機会にもつながります。

相談者の方や企業採用者の目線から想像してほしいのですが、資格保有者のほうが「信用できる」と感じませんか?

以下では、キャリアカウンセラー資格試験を受験する前に知っておきたい情報をまとめました。

キャリアカウンセラー資格取得の難易度・合格率

キャリアカウンセラーは民間資格いくつかの団体が資格を実施しています。その中で合格率を掲載している内容として例えば、CDA資格認定試験の場合は一次試験で50%台、二次試験で40%台の合格率です。

資格として合格率40~50%台は比較的高い数字のため、難易度としては資格取得が初心者の方でも受験しやすい内容といえるでしょう。

どの団体のキャリアカウンセラー資格が受験しやすいか、勉強しやすいかは人それぞれの価値観にもよるかもしれません。

今回は以下の見出しで、指定の養成講座で勉強ができる一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)が実施しているキャリアカウンセラー資格を紹介しています。

キャリアカウンセラー資格取得は講座を利用

日本能力開発推進協会が実施しているキャリアカウンセラー資格の場合、試験は自宅で受験できます。

受験資格には、協会が指定する資格のキャリカレ養成講座を約5ヶ月受講する条件が必要です。

養成講座を受講後キャリアカウンセラーの資格以外にも、メンタルキャリアカウンセラーとシニアキャリアカウンセラー資格取得も目指せます。

「途中で勉強できない期間があったらどうしよう…」と悩まれる方も安心!

700日間は無料でサポートしてもらえるため、自分のペースでじっくり勉強に取り組んでくださいね。

試験勉強の教材充実度

養成講座では、1日5ページを目安に無理なく自宅で始められる内容です。

キャリアカウンセラーのテキストを勉強している際に出てきた疑問も、スマホ一つで簡単に質問ができます。質問回数にも制限がないため安心して受講できます。

気になる教材の信用度に関しては、20年以上キャリアカウンセラー講師として活動している方の監修付きです。テキストは色付きのページやイラストと図解もあり、資格の勉強初心者でも取り組みやすい構成でしょう。

実際にキャリアカウンセラーとして活動を始めたときに大切な実践に関しては、映像教材が付いてくるので自分の働く姿を想像しながら勉強ができますね。

資格の試験勉強にかかる費用

キャリアカウンセラー試験の手数料は5,600円かかります。

資格のキャリカレ養成講座を受講するための費用は、一括払いと分割払いの支払い方法が選べます。資料請求からの申し込み費用は以下の通りです。

  • 一括払い:56,000円
  • 分割払い 2,920円×24回払い(一例)

以下のように、インターネットで申し込むと約1万円の値引きが適応されてお得です。

  • 一括払い:46,000円
  • 分割払い:月々2,400円×24回(一例)

更に費用を安くしたい方は分割払いよりも一括払いの方がお得なので、ご家庭の状況と相談してみてくださいね。

キャリアカウンセラーの仕事はどんな一日?

人材派遣会社や大学のキャリアセンター、職業安定所など職場によって内容は変わってくるものの、一般的な仕事内容は以下の通りです。

  • 求職や転職活動などに悩まれる相談者と40~50分程度の面談
  • 相談者にエントリーシートや履歴書の書き方を指導
  • 相談者の面接対策やセミナー講師を担当
  • 求人募集企業と相談者の仲介役として電話相談などをサポート
  • カウンセリング内容などを書類にまとめる

相談者と接する以外にも、企業とのやり取りや事務的な作業も仕事内容の一環です。

キャリアカウンセラーの仕事に向いている方

人と関わる仕事なのでコミュニケーション能力に自信がある方、人と関わる仕事が好きな方に向いているでしょう。

キャリアカウンセラーは相談者のキャリアプランだけでなく、就職や仕事に関する不安に耳を傾ける役割も担います。

仕事に関して心に重荷を感じている方に優しくサポートできる能力も必要です。人の役に立てる仕事に関心が深い方にもキャリアカウンセラーの仕事は向いているのではないでしょうか?

誰しもが直面する人生の課題として仕事の悩みと方向性を示すキャリアカウンセラーは、社会とも深く関われる仕事内容といえるでしょう。

キャリアカウンセラーの関連資格を紹介!

キャリアカウンセラーにはいくつか関連資格が存在しています。

  • キャリアコンサルタント
  • オンラインキャリアカウンセラー資格

今回は、以上2つの資格について簡単にまとめました。

キャリアコンサルタントは国家資格として、オンラインキャリアカウンセラー資格はスマホで受験ができる資格としてそれぞれのメリットがあります。

取得にかかる勉強時間、費用、難易度などを検討して自分に合いそうな内容を選んでみてくださいね。

関連資格①オンラインキャリアカウンセラー資格

オンラインキャリアカウンセラー資格とは、パソコンや携帯を使ってオンライン上でキャリアカウンセリングができる内容です。在宅ワークや副業する方が増えている時代にピッタリな資格内容です。

教材はスマホから見られるため、自宅に物を増やしたくない方にも必見。試験勉強と受験もスマホで片付くため、簡単に資格取得を目指したい方におすすめです!

いつかはオンラインキャリアカウンセラーとして「フリーランスや独立して活動したいけど不安…」と感じられる方は、サポート付きなのでぜひ検討してみてくださいね。

関連資格②キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとは国家資格で、キャリアカウンセラー資格と同じくキャリアプランに悩まれる方々をサポートする仕事内容です。

国家資格のため、資格取得している方しかキャリアコンサルタントと名乗れません。おおよその合格率は50~60%台で、国家資格の中では高い数字といえるでしょう。

キャリアカウンセラー資格との違いは、受験資格の条件に手間がかかる点ではないでしょうか?

実務経験や講習を受ける必要があるため、一般的にはキャリアカウンセラーよりも取得までに時間がかかり費用が高くなる傾向も。

国家資格のメリットとして信用度が高いことや就職場所によっては給与アップにもつながる場合もあるため、今後のキャリアプランと相談しながら内容を検討してみてください。

キャリアコンサルタントの資格に一発合格された方の体験談です。参考されてみてはいかがでしょうか。

キャリアカウンセラー資格の難易度は40~50%

キャリアカウンセラーの難易度や試験概要、仕事内容について紹介してきました。民間資格のキャリアカウンセラーは合格率が約40~50%台と比較的高い数字で、初心者の方でも合格を目指しやすい内容といえるでしょう。

日本能力開発推進協会が実施しているキャリアカウンセラー資格なら、勉強体系が整った養成講座を使った勉強ができておすすめです。

関連資格としてオンラインキャリアカウンセラー資格は、スマホで教材の購入と受験ができるメリットもあるため、手軽に資格取得を目指したい方に便利な内容といえるでしょう。

これからキャリアカウンセラーを目指そうと検討されている方は、自身のこれまでの人生経験や就職経験を振り返りながら現場で働く姿を想像して、ぜひ相談者の目線に立ったサポートを目指してみてください。