在宅ワークをお探しの方はこちら

パソコン資格は就職に有利?おすすめのMOS資格の種類を解説!

パソコンのスキルは当たり前という言葉も聞かれるものの、資格があることで客観的なスキル証明につながることも事実です。

試験勉強を通して、パソコン操作のスキルアップもできるMOS資格をこの機会に取得してみませんか?

  • 事務職の経歴に付加価値がほしい方
  • 面接で説得力が増すようにMOS資格でアピール材料にしたい方
  • 未経験から事務職に転職したい方

など、この記事ではパソコン資格の一つであるMOSについて、種類や仕事にどう役立つかを解説していきます。

これから就職活動を迎える方や転職を考えている方も含めて、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのパソコン資格「MOS」とは?

多くの企業では、Microsoft Office(マイクロオフィス)のWord(ワード)やExcel(エクセル)などのソフトが導入されています。

文章作成やデータ管理など業務の効率化を図れるソフトとして、事務職から営業職までデスクワークを中心に幅広い企業や部署で取り入れているのです。

上記のソフトに関して、どの程度のパソコンスキルがあるか証明できる資格をMOS(マイクロソフトスペシャリスト)と呼びます。

例えばMOSでは、試験の難易度ごとに初心者は「一般レベル」、ある程度スキルがあるなら「上級レベル」とそれぞれの能力に応じて取得が目指せる流れです。

MOSはパソコンスキルを客観的に証明できる資格として、事務職などデスクワークの職種に人気といえるでしょう。

MOS試験の勉強でパソコンスキルを取得

MOSの試験勉強では実技試験でパソコンを使った内容が行われるため、実践的にパソコンスキルを身につけたい方にもおすすめです。

試験勉強に取り組む過程で自然とパソコン操作の技術がレベルアップしていくため、基本から応用力が必要な操作まで身につけられます。

例えば、Excelで計算する方法を学ぶことで仕事のデータをまとめる計算に応用できるでしょう。業務の効率アップができた結果として上司から「仕事がスピーディーにこなせている」と、褒められる言葉がもらえるかもしれません。

試験の勉強を通して今までは何となく使い方がわからなかった操作も一つずつ理解できるため、パソコンスキルの向上につながるでしょう。

就職するためにはパソコンが使えて当たり前?

インターネットの技術が普及した現代では、仕事で基本的なパソコンスキルがあることは当たり前となっています。理由としては、一から教える手間を省いて業務を効率化したい意図が考えられるでしょう。

例えば就職の求人で事務員を雇いたい企業がある場合、パソコンの基本的な操作は教えなくてもできる前提で採用者を探していることが多いのです。

特別に難しい内容を要求される場合は除き、ある意味「誰でもできる」内容として認識されているため、企業の就職にパソコンが必須の時代ならではの特徴といえるかもしれません。

WordやExcelは多くの企業で利用

働く業界や部署にはよるものの、デスクワークの場合はパソコンを使って業務を進めていくため、ほとんどの企業でWordやExcelのソフトが導入されていると思います。

文章作成や編集がしやすいWord、データや数字の管理がしやすいExcelなど、購入すれば自由にソフトが使えるため業務の作業効率を大幅にあげてくれます。

例えば顧客の名簿を紙で管理するには、場所や保管方法の扱いが大きくなりますが、Excelにデータ保存しておけばパソコン上で簡単に管理できるのです。

「顧客の名簿を会議で共有したい」というときもExcelがあればすぐに印刷して業務に利用できるなど、デスクワークと相性がよいソフトといえるでしょう。

MOS資格取得が事務職の就職に有利な理由とは?

MOS資格の試験ではWordやExcelなど、事務職には必須のスキルであるソフトを証明できる内容が詰め込まれています。

顧客のデータ管理や原価計算の基本的な操作方法など、就職して一からマイクロオフィスソフトの操作方法を教えてくれる企業は少ないでしょう。

事務職の仕事は、パソコンを使って業務を円滑にすることが主な内容です。例えば「Wordで文章作成と印刷」を頼まれたときも基本的な操作方法がわかっているため、一から教えてもらう手間が省けるのです。

MOS資格の勉強を通して知識が身につけばその分仕事に集中できます。また、業務が効率化できれば企業に早く馴染めるメリットもあるでしょう。

未経験ならパソコンスキルの証明に

MOS資格があれば、客観的にパソコンスキルを証明できる肩書きになります。例えば、事務職が未経験の場合でも面接官に「パソコンスキルがある」というアピール材料にできるでしょう。

口頭で説明するだけではなく客観的な信用性が高まります。MOS資格の上級レベルを取得すれば、それなりの操作技術があることが相手に伝わるでしょう。

例えば面接官にMOS資格をアピール材料として話すなら「事務経験はありませんが、MOS資格を取得しているので基本的なパソコン操作を問題なくこなせます」と伝えられます。

肩書きは客観的な事実を強化する話題作りに使えるため、未経験でもパソコンスキルの証明につながるでしょう。

MOS資格は応募者との差別化に有利

事務職の求人を募集した際、あなたが採用者の立場ならどう感じるかを考えてみてください。未経験で同じ条件の人から選ぶなら、MOS資格があるほうが「パソコン操作のスキルがある」と感じませんか?

場合によるもののMOS資格がパソコンスキルの証明になることで、他の応募者と差別化できる可能性があります。

例えば「20代女性・事務未経験・同じ大学卒業・人柄もよい」など、似たような条件から最終候補として資格取得が決め手になるかもしれません。

他の応募者と差別化が図れる意味でも、MOS資格は就職に有利に働く可能性があるといえます。

MOS試験の種類と役立つ職種を3つにわけて紹介!

MOS試験には、それぞれの機能ごとにいくつか種類がわけられています。MOS試験で実施されている内容は以下の通りです。

  • Word:文章作成
  • Excel:表作成や計算
  • PowerPoint(パワーポイント):企画や発表書類を作れる
  • Access(アクセス):データ処理と管理ができる
  • Outlook(アウトルック):メールと情報管理ソフト

どのソフトも事務職全般で利用する機会が多いため、勉強しておいて損はありません。

以下では、MOS試験それぞれの種類と役立つ職種を3つにわけて簡単に紹介していきます。自分が就きたい職種にどのソフトが役立ちそうか、事前にリサーチしておけば仕事で役立つ機会があるはずです。

事務全般・経理ならMOS試験は【Word・Excel

WordとExcelの試験は事務職全般で役立つ内容のため、どれにしようか悩む方がまず受験するのをおすすめします。

Wordなら文章作成や画像挿入の仕方、Excelなら表作成や計算の仕方など、企業の業務を円滑に回すための基本的なスキル取得にピッタリの内容です。

それぞれバージョンごとに一般レベルと上級レベルで実務試験が実施。受験資格はないため自分のレベルに合わせた内容から始めてみてください。

経理事務の方なら原価計算や在庫管理を頼まれるなど、まずは操作の機会が多いExcel受験がおすすめでしょう。

営業事務ならMOS試験は【PowerPoint・Outlook

営業事務の仕事に就きたい方は、PowerPointやOutlookのMOS試験受験がおすすめです。

営業の補佐として部署を支える営業事務の仕事では、受注管理の仕事でOutlookのメールを使用する機会があるかもしれません。

また企画関連の部署なら、営業事務がPowerPointで資料作成を任される可能性も。

例えば、パワーポイントの資料作成がスムーズに行えれば、会議の企画が通りやすくなって営業から能力を認められる可能性もあるでしょう。

WordやExcelに比べると事務全般で使用する機会は少ないかもしれませんが、取得していると面接時の差別化を図れる場合もあるため、営業事務の仕事を目指す方は取得しておいて損はありません。

OA事務ならMOS試験は【Access

データベースを管理できるAccessは、パソコンの技術力が求められるOA事務において利用されることが多いソフトです。

データ入力や集計に関わる部署でよく利用される傾向があるため、効率よくデータを扱うことに向いているソフトといえるでしょう。

自分が目指したい業界や就職先の募集要項にAccessが記載されている際は、取得しておくことで一目置かれる可能性があります。

Accessは一般的に知らない方も多いソフトであるため、OA事務などの職種で必要な場合は取得しておくと就業後もスムーズに作業ができてその分早く仕事に馴染めるでしょう。

MOS資格の試験勉強は独学・通信講座で試験対策

受験資格がないMOS資格は、パソコンスキルにつながる資格を取得したい初心者におすすめで独学や通信講座の試験対策が可能です。

基本的なパソコン操作が元からできる方なら、一つずつ操作方法を繰り返して覚えることでスキルが身につけられます。

例えば独学なら公式のテキストや問題集、通信講座なら送付されるテキストを使いながら何度も繰り返してパソコン操作を練習していきましょう。

初めてWordやExcelのソフトを操作する方でも、ある程度スマホやインターネットの操作に手慣れていれば一般レベルならそれほど難しい内容は問われません。

試験は全国一斉なら一ヵ月に1~2回、随時試験に関してはほとんど毎日行われているため独学や通信講座で対策して納得のいくタイミングで受験しましょう。

パソコン初心者はスクールで試験対策

「パソコン操作が全体的にわからない」と不安を感じる方なら、近所で通える範囲の場合はパソコンスクールで試験勉強する方法がおすすめです。

プロの講師が直接指導してくれるため、初心者の方でも疑問点を解消しながら一つずつ勉強を進められます。

例えばまずはキーボードをタッチするスピードを上げていくなど、自分なりの目標を設定して一つずつ達成しましょう。

スクールで勉強したことを自宅でも少しずつ練習していけばパソコン操作に慣れてくるはずです。慣れてきた頃にパソコンスクールからMOS資格の試験を受験して合格を目指しましょう。

まとめ

MOS資格の種類や仕事にどう役立つかを解説してきました。

パソコンスキルを客観的に証明できるMOS資格は、事務職やデスクワークで使われるWordやExcelなどのソフトに関する実技試験が受験できます。

事務職未経験ならスキルがあるアピール材料につながり、他の応募者と差別化を図れるでしょう。MOS資格は営業事務や経理事務、OA事務など、事務職全般と相性がよいといえそうです。

受験資格がないため独学や通信講座で試験勉強を始めながら、パソコンの実技試験合格に向けて一つずつ操作方法を身につけていきましょう。

合わせて読みたい