在宅ワークをお探しの方はこちら

中小企業診断士のテキストはどれがおすすめ?2022年受験に向けた情報を網羅!

中小企業診断士の資格を取るための勉強をしようといざテキストを探してみると、たくさんあってどれがいいのか迷ってしまいます。独学で中小企業診断士の資格を取得しようと思われている方には適切なテキストを選ぶことはとても重要です。

中小企業診断士の資格を得るための試験はとても難しく、中には何年もかけて試験を合格する人もいます。そこでここでは理解しやすく効率的に学習できるテキストをご紹介します。

資格講座名アガルートアガルートフォーサイトフォーサイト大原大原スタディングスタディング
コース名総合カリキュラムバリューセット11次・2次合格コース中小企業診断士 1次2次合格コース
税込価格76,780円63,800円268,000円69,300円
受講形式オンラインオンラインweb通信オンライン
教育給付制度記載なし21回各校に問い合わせ3回
特典や割引合格したらお祝い金3万円+全額返金。模擬口頭試験1回合格したら、最大2,000円のアマゾンギフトコード2021年に第1次試験または第2次試験の受験をされた方は20%off合格で10,000円のお祝い金
受講者の合格率記載なし60%記載なし記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

中小企業診断士を独学で受ける!自分に合ったテキストを見つけよう

中小企業診断士の勉強を独学でするからと言って、目についた参考書を片っ端から購入すればいいわけではありません。

参考書が多すぎると時間だけが掛かって知識をまとめることができなくなってしまいます。

効率的に勉強をするためには以下のことに気を付けることが必要です。

  1. テキストは何を買うべき?参考書と過去問1冊ずつがマスト!
  2. 問題集は買うべき?1冊買って繰り返し解こう!
  3. 古いテキストや中古セットはあり?独学なら最新がおすすめ!

では1つ1つ内容を確認していきましょう。

テキストは何を買うべき?参考書と過去問1冊ずつがマスト!

独学での試験勉強は誰でも不安になるものです。そのため自分が今使っている参考書や問題集だけで大丈夫なのか考えてしまい、新しく購入してしまう人もいます。

しかし、1つの参考書や問題集の内容をきちんと把握できないようであれば、到底中小企業診断士の資格試験に合格するのは難しいと言えます。

ですから、まずは自分が勉強しやすい内容で書かれた参考書や問題集を1冊ずつ選び抜き、それを元に勉強をすることはとても大切なことなのです。

問題集は買うべき?1冊買って繰り返し解こう!

どんな資格の勉強をする時もそうなのですが、問題集は必ず購入するべきです。テキストでインプットするだけでなく、問題集を解くというアウトプットをすることは勉強で得た知識がきちんと自分に身についているか確認するためにとても重要になります。

問題集を一度解いてしまうと、新しく問題集を購入したほうがよいのかというのは誰でも悩んでしまう事ではないでしょうか。

しかし、問題集は一度解いてしまった後でも繰り返し何度も解くことをおすすめします。繰り返し説くことで、得た知識をきちんと自分の中に落とし込むことができるのです。

古いテキストや中古セットはあり?独学なら最新がおすすめ!

フリマサイトや古本屋などで中小企業診断士のテキストや問題集を見かけたことはある人は多いのではないのでしょうか。普通に購入するよりも安く済ませられますし、独学で勉強するために購入を考えた人もいるかもしれません。

しかし、中小企業診断士の資格試験には、最新の法制度や会計制度、IT技術などが出題されます。そのため、少し前のテキストでももう内容が古くなっている可能性があります。

ただでさえ難しい中小企業診断士の資格試験を合格するためには、最新の情報を知っておく必要があります。ですからテキストや問題集を購入する際には必ず新しいものを選ぶようにしてください。

中小企業診断士の問題集テキストおすすめ3選!

ここでは中小企業診断士の資格試験の勉強を独学で行うときにおすすめの問題集テキストを3選ご紹介します。

  1. 中小企業診断士 最速合格のための スピード問題集 (2) 財務・会計 2022年度 集 第8版
  2. 特訓問題集〈1〉中小企業経営・政策 中小企業白書 (2022年版TBC中小企業診断士試験シリーズ)
  3. みんなが欲しかった! 中小企業診断士の問題集 (上) 2022年度 

すべて2022年版のものをご紹介しておりますので、ぜひご参考になさってください。

中小企業診断士 最速合格のための スピード問題集 (2) 財務・会計 2022年度版

中小企業診断士関係の本をたくさん出版しているTAC中小企業診断士講座が出版している問題集です。上記で紹介しているもの以外にも、企業経営理論、経済学・経済政策、運営管理、経営情報システム、経営法務、中小企業経営・中小企業政策の7冊があります。

さまざまな分野に分かれているので、不得意な分野を特化して勉強する方にはおすすめの問題集です。

また、問題集に合わせたスピードテキストも販売されているので、そちらも合わせて使ってみるとより効率よく勉強に取り組めるかもしれません。

商品ページはこちら
中小企業診断士 最速合格のための スピード問題集 (2) 財務・会計 2022年度

特訓問題集〈1〉中小企業経営・政策 中小企業白書 (2022年版TBC中小企業診断士試験シリーズ)

こちらの問題集には無料の動画講義がついています。独学で勉強する方にとっては嬉しい特典が付いていると言えるでしょう。このシリーズはもう1冊中小企業施策の問題集があるので、そちらも合わせて使ってみてください。

また、同じシリーズで6冊のテキストも出版されています。合わせて使ってみるのもいいかもしれません。

商品ページはこちら
特訓問題集〈1〉中小企業経営・政策 中小企業白書 (2022年版TBC中小企業診断士試験シリーズ)

みんなが欲しかった! 中小企業診断士の問題集 (上) 2022年度 

最初にご紹介した最速合格のための スピード問題集と同じTAC中小企業診断士講座が出版している問題集です。

こちらは図解や文字が少ない作りになっているうえに上下巻のみとなっているので、中小企業診断士の資格試験のための知識が全くない初心者の方にはよりおすすめの問題集であると言えます。

また、合わせて使えるテキストも上下巻のみとなっているので、問題集と合わせても4冊にしかなりません。中小企業診断士の資格勉強を始める方には特におすすめのシリーズです。

商品ページはこちら
みんなが欲しかった! 中小企業診断士の問題集 (上) 2022年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)

中小企業診断士の公式PDFテキストも要チェック!

一般社団法人中小企業診断協会の公式ホームページであるJ-SMECAには、過去に実際に出題された中小企業診断士の問題をPDFで見ることができます。家にプリンターのある方は、ぜひ印刷して試しに解いてみることをおすすめします。

2021年12月現在、第1次試験と第2次試験の両方が平成19年度~令和3年分までアップされています。実際の試験はどんな問題なのかを知るためにもぜひチェックしてみて下さい

中小企業診断士試験問題 (j-smeca.jp)

中小企業診断士の過去問テキストおすすめ3選!

中小企業診断士の資格試験に限ったことではありませんが、過去に出題された過去問を繰り返し解くことはとても重要です。特に1次試験の8割は過去の出題傾向を繰り返していると言われています。

特に毎年出題されているような内容は必ず押さえておくことが重要です。中小企業診断士の資格試験は6割程度の点数を取れれば大丈夫なので、繰り返し出題される基礎の部分を抑えておく、というのも資格試験を突破する1つの手段です。

ここではおすすめの過去問題を3つご紹介します。

  1. ふぞろいな合格答案: 中小企業診断士2次試験 (エピソード14;2021年版) 
  2. 過去問完全マスター 1 経済学・経済政策 (2022年版) 
  3. 中小企業診断士 最短合格のための 第1次試験過去問題集 (2) 財務・会計 2022年度

ふぞろいな合格答案: 中小企業診断士2次試験 (エピソード14;2021年版) 

こちらの過去問題集が発売したのは2021年6月ですが、2021年12月現在はこちらが最新刊になります。またこの過去問題集は2次試験のものなので1次試験を合格する前に勉強するのは少し早いように思われる方もいるかもしれませんが、1次試験の勉強と同時に2次試験の勉強をしておくのもとても重要なことです。

ふそろいな合格答案シリーズは実際に中小企業診断士を受験した人たとの答案を集めて分析をして作成された本です。どのような問題が合格し、どのような問題が不合格になるのかがよくわかる作りになっています。

商品ページはこちら
ふぞろいな合格答案: 中小企業診断士2次試験 (エピソード14;2021年版)

過去問完全マスター 1 経済学・経済政策 (2022年版) 

2021年12月現在まだ発売されていませんが、2022年2月24日に発売される最新の過去問題集です。こちらの過去問題朱は過去10年分を掲載しているため、他の過去問題集よりボリュームが大きくなっているのが特徴です。

上記は経済学・経済政策となっていますが、その他にも財務・会計、企業経営理論、運営管理、中小企業経営・政策、経営法務、経営情報システムの5つがあります。そちらも合わせてチェックをしてみるのも良いでしょう。

商品ページはこちら
過去問完全マスター 1 経済学・経済政策 (2022年版) | 過去問完全マスター製作委員会

中小企業診断士 最短合格のための 第1次試験過去問題集 (2) 財務・会計 2022年度

問題集のところでもご紹介したTAC中小企業診断士講座の出版している過去問題集です。過去5年間に行われた中小企業診断士の1次試験の問題が掲載されています。問題と共に解説がついているため、できなかった箇所の復習もこの1冊で済ませることが可能です。

このシリーズも上記以外に企業経営理論、運営管理、経済学・経済政策、中小企業経営・中小企業政策、経営法務、経営情報システムの6冊があります。

問題集やテキストと合わせて使ってみるとより効果的な勉強ができるかもしれません。

商品ページはこちら
中小企業診断士 最短合格のための 第1次試験過去問題集 (2) 財務・会計 2022年度

中小企業診断士の参考書テキストおすすめ3選!

中小企業診断士の勉強をするためになによりも重要なのは適切なテキストを選ぶことです。知識をインプットするための本を間違ってしまうと、問題を解くアウトプットも難しくなってしまいます。

ここでは初心者からすでに中小企業診断士の勉強を始めている方のどちらの方にもおすすめできるテキストを3選ご紹介します。

  1. ゼロからスタート! 金城順之介の中小企業診断士1冊目の教科書
  2. 中小企業診断士1次試験一発合格まとめシート 前編 2022年度合格目標版―一目でわかる!覚えてしまう! 企業経営理論、財務・会計、運営管理 
  3. みんなが欲しかった! 中小企業診断士の教科書 (上) 2022年度

ゼロからスタート! 金城順之介の中小企業診断士1冊目の教科書

この本は中小企業診断士の試験とはどういうものか、その概要が書かれている入門編とも言える本で、1次試験や2次試験の基礎知識が書かれています。

本を開くと左側に解説、右に図やイラストが描かれていて、初心者でも理解しやすい構成になっています。10時間程度で読み切れる内容なので、中小企業診断士を目指していて、どんなことを勉強したらいいのかわからない方におすすめの本です。

商品ページはこちら
ゼロからスタート! 金城順之介の中小企業診断士1冊目の教科書

中小企業診断士1次試験一発合格まとめシート 前編 2022年度合格目標版―一目でわかる!覚えてしまう! 企業経営理論、財務・会計、運営管理 

中小企業診断士の1次試験で545点という点数をたたき出して一発合格した野網美帆子さんが執筆した人気シリーズのテキストです。上下巻出版されているのですが、毎年上巻は11月1日に、下巻は翌年の1月1日に出版されています。この2ヶ月の間に前編の内容を一通り覚えるとよいでしょう。

前編の内容は企業経営理論、財務会計、運営管理が、後編には経済学、経営情報システム、経営法務、中小企業経営政策について記載されています。1つの論点が1つのシートにまとめられ、図や表なども使われているため、理解しやすい作りになっています。

商品ページはこちら
中小企業診断士1次試験一発合格まとめシート 前編 2022年度合格目標版―一目でわかる!覚えてしまう! 企業経営理論、財務・会計、運営管理

みんなが欲しかった! 中小企業診断士の教科書 (上) 2022年度

問題集のところでご紹介したテキスト版です。中がフルカラーとなっているため独学の人でもわかりやすい作りとなっています。各章の最後にはミニテストが付いていて、自分がどこまで理解できているかを確認することも可能です。

上巻には企業経営理論、財務・会計、運営管理が、下巻には経済学・経済政策、経営情報システム、経営法務、中小企業経営・中小企業政策について記載されています。過去5年間の出題実績を元にどこを重点的に勉強するべきなのかを理解できる1冊です。

商品ページはこちら
みんなが欲しかった! 中小企業診断士の教科書 (上) 2022年度 (みんなが欲しかった! シリーズ) | TAC中小企業診断士講座

テキストのおすすめ活用法・勉強法は?スケジュールを立てて取り組もう!

中小企業診断士の資格試験は1次試験に7科目、2次試験には4科目の合計11科目が出題されます。試験の範囲はとても幅広いため、全てを完全に覚えることはかなり厳しいと言えるでしょう。

通学や通信教育などで勉強するのであれば、学校が作成したスケジュール通りに勉強すればよいですが、独学だとどのような勉強方法で学習するべきなのか迷ってしまいます。

それでも独学で中小企業診断士の資格を独学で合格を目指す方は以下の2点に気を付けて学習をするのがおすすめです。

  1. いつから勉強を始めればいい?2022年の受験日から逆算!
  2. 独学は無理?可能?スケジュールを立てる際の注意点

では実際にどのようにすれば良いのかを確認してみましょう。

いつから勉強を始めればいい?2022年の受験日から逆算!

中小企業診断士の試験はおおよそ以下のスケジュールで行われます。

  1. 8月上旬…1次試験
  2. 10月上旬…2次試験
  3. 12月上旬…2次口述

中小企業診断士の1次試験には科目合格という制度があります。これは全体的なテストが不合格であっても科目自体が合格点に達していれば次回の試験ではその科目を免除するというものです。

1次試験を合格するために必要な勉強時間は700~1,000時間と言われています。ですから、まずは1次試験の7科目でできるだけ科目合格をとることを考えて学習しましょう。

勉強はいつから始めてもかまいませんが、試験までの時間があまりないのであれば、科目を絞って勉強して科目合格を目指してみてください。

独学は無理?可能?スケジュールを立てる際の注意点

まず1年という期間で独学のみで中小企業診断士の資格を取得するのは難しいかもしれないことを覚えておきましょう。多くの人は資格スクールへの通学や通信教育などを利用しています。それでも一発合格するのは難しいです。

独学で中小企業診断士の資格取得を目指すのであれば、学習のスケジュールを立て、それに沿って勉強することはとても重要です。

スケジュールを立てるためには1次試験で出題される科目がどのようなものか把握することが大切です。

  • 暗記系…運営管理、経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策
  • 数学系…財務・会計、経済学・経済政策
  • 応用系…企業経営理論

ここで重要なのは自分の得意な分野を後半に持ってくることです。自分の不得意な分野を最初に勉強して、その学習時間を増やすことが重要になります。

自分で勉強すると決めた科目のインプットとアウトプットをできるだけ数多く行い、きちんと理解をしたうえで次の科目の勉強に映るようにしましょう。

科目数が多いので理解があやふやなまま次の勉強を始めてしまうと、自分がどこが苦手だったのかわからなくなってしまい、効率が悪くなってしまいます。

中小企業診断士の難易度は?合格率は30%前後!

中小企業診断士は合格する難易度が高い国家試験です。出題範囲は広く、誰でも簡単に合格できるような試験ではありません。全てを覚えて試験に挑むのはとても難しいと言えます。

事実、1次試験や2次試験の合格率は20~40%程度で決して高いものではないのです。中小企業診断士は独学で勉強して合格できるほど簡単なものではありません。

1次試験は7科目、2次試験は4科目ですが、2次試験は1次試験よりもさらに難しいものになります。

中小企業診断士の受験資格は?1次試験は条件なし!

中小企業診断士の資格試験を受けるための資格は特に設定されていません。大学などで専門科目を学んでいなくても試験を受けることはできます。

先に解説した科目合格は有効期限が3年間と決められています。要するに最初に1次試験を受験してから3年以内に合格しなければ、合格したはずの科目を再度受験することになってしまうので注意が必要です。

1次試験を合格した後は2次試験の受験資格を得られるわけですが、2年の有効期限があります。もしも2年以内に合格できなければ1次試験を受けなおさなくてはいけません。そのため、1次試験の勉強と共に2次試験の勉強をしておくことはとても重要です。

独学で合格できるか不安!通信講座やスクール通学がおすすめ

時間制限があり、幅広く数多い試験内容を学習するためには、独学よりも通信講座や資格スクールに通うほうが圧倒的におすすめです。独学であればテキスト代のみの出費で勉強ができますが、勉強方法やスケジュールなどを自己管理しながら学ぶのは簡単なことではありません。

中小企業診断士のスクールは高いところであれば20万~30万ほど、安くても6万円ほどかかります。しかし、学ぶのに最適なテキストや問題集を使って専門の講座を受けることは独学よりも遥かに知識をつけることに繋がります。

中小企業診断士の講座はさまざまな企業が提供しているので、資料を取り寄せるなどして比較してみるとよいでしょう。

中小企業診断士のテキストは自分に合ったものを!合格に向けて計画的に学習しよう!

中小企業診断士のテキストはさまざまな種類が販売されています。1冊に1つの科目を記載することでより深く学ぶことができるもの、数科目まとめてあることで重点をしぼって学ぶことができるもののどちらが自分に合っているかをよく考えて選びましょう。

参考書だけでなく、問題集や過去問題集の購入も忘れずに行い、インプットだけでなくアウトプットの勉強をすることを心掛けて下さい。幅広科目をどのように勉強するかをよく考えてスケジュールを立てることも大切です。

資格講座名アガルートアガルートフォーサイトフォーサイト大原大原スタディングスタディング
コース名総合カリキュラムバリューセット11次・2次合格コース中小企業診断士 1次2次合格コース
税込価格76,780円63,800円268,000円69,300円
受講形式オンラインオンラインweb通信オンライン
教育給付制度記載なし21回各校に問い合わせ3回
特典や割引合格したらお祝い金3万円+全額返金。模擬口頭試験1回合格したら、最大2,000円のアマゾンギフトコード2021年に第1次試験または第2次試験の受験をされた方は20%off合格で10,000円のお祝い金
受講者の合格率記載なし60%記載なし記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です