在宅ワークをお探しの方はこちら

介護福祉士の予備校講座おすすめ3選!講座の選び方や講座のメリットを解説します

介護福祉士の資格は、実務経験と実務者研修を受けると国家試験が受験できます。

独学で国家試験対策を進める方法は費用が抑えられるメリットはありますが、社会人が効率よく勉強を進めたいときには不向きです。

今回は、忙しい社会人が仕事と資格取得の両立におすすめの介護福祉士の予備校講座3選、講座の選び方や講座のメリットを解説します。

予備校選びに迷われる方は、本記事を参考にしてご検討ください。

介護福祉士の予備校講座を社会人が選ぶときのポイント

介護福祉士の予備校講座を社会人が選ぶときは、費用や予算、講義や教材の内容、実績や合格者の声を参考にしましょう。

予備校の公式サイトから確認しておきたいポイントを解説します。

予備校講座の費用と予算から選ぶ

介護福祉士の予備校の相場は2~10万円台です。費用を安く抑えたいときは、独学でテキストと問題集を買う勉強法が向いています。

時間とお金を天秤にかけて、予算が足りるときは予備校を選ぶほうがおすすめです。予備校の費用は一括払い以外にも、分割払いに対応した内容が多いので、一括支払いが難しいときに活用しましょう。

予備校の早割やキャンペーンを活用すると、数万円程度の割引が適応できる内容もあります。給付金制度の対象講座もあるので、予備校選びで費用を抑えたいときの参考にしてください。

予備校講座の教材や講義内容から選ぶ

通信や通学の勉強法を使い、最短で合格を目指したいときは予備校の教材と講義を使った対策がおすすめです。

予備校を選ぶときは、下記の項目を確認しましょう。

  • テキストや問題集(紙媒体・デジタル)
  • 質問サポートの有無、回数制限(直接対面、メールなど)
  • カリキュラム内容の充実度(添削や過去問など)

予備校の教材はアナログだけでなく、デジタルの動画講義やテキストに対応している講座もあります。

質問サポートや添削、パソコンやスマホを使った教材など、独学では体験できないサービスを利用したいときは予備校を使いましょう。

合格者の声・実績から選ぶ

予備校からどのくらいの合格者、合格率の実績が出ているのか、掲載があるときは予備校選びの参考にしましょう。

講義を通して講師から学べるときは、自分と相性が合いそうかサンプル動画やプロフィール、ネットの口コミ評判を参考に情報収集しておきます。

公式サイトに合格者の声や実績が公開されていない場合は、SNSで「介護福祉士+予備校の名前+評判(口コミ)」で検索しましょう。ネットを使えば、過去から現在までの評判や感想を簡単に探すことが可能です。

介護福祉士の予備校で通信・通学に人気の講座3選!

独学で試験対策を進めるよりも、効率よく勉強を進めるには介護福祉士の予備校がおすすめです。

社会人から勉強できる介護福祉士の予備校でおすすめの通信・通学の人気講座3選を解説します。

アガルートの特徴

通信タイプの予備校のアガルートは、受講者のモチベーションをあげる合格者特典のお祝い金10,000円や割引制度が充実しています。

学習期間は2~6ヶ月で、基礎知識を勉強して過去問や復習を繰り返しながら、効率よく理解が進められる流れです。

動画講義とテキストの両方からシンプルにわかりやすく勉強ができて、質問サポートなどのサービスが充実しています。

国家試験対策を途中で挫折させない工夫が豊富で、プロの講師による解説で無理なく理解が進められるでしょう。

自宅で動画講義やテキストを使いながら、お祝い金制度でモチベーションをあげて勉強するときは、アガルートの予備校をご検討ください。

ユーキャンの特徴

通信タイプの勉強法で介護福祉士の試験対策が進められます。過去6年間の総計の合格者は12,685人の実績です。

ユーキャンでは、9割以上の方が社会人と資格取得を並行して対策を進めておられます。

公式サイトには、実際に社会人から合格した方の声が掲載されていました。

  • 「介護福祉士合格した者です〜!過去問やって、過去問テキスト等に解答や解説を全て書いて結構満点で合格できました(*^^*)」
  • 「時間あるときは学びオンラインプラスの動画(つまづき論点すっきり解決)をノートに書いて、手を動かして覚えたりしました。動画はとてもわかりやすかったです。」

※内容はユーキャンの公式サイト『学びーズ合格体験談より引用。

開講実績は20年以上になるので、試験対策の傾向をバッチリ押さえた内容です。社会人から通信でコツコツ勉強を進めたいときは、ユーキャンをご検討ください。

資格の大原の特徴

通学と通信タイプのどちらにも対応したコースを開講している講座です。受験資格がない方は実務者研修ありの内容、受験資格がある方で国家試験を中心に勉強したい方に向けた内容があります。

国家試験対策に特化したコースには、通学は「教室通学」と「映像通学」の2種類、通信は「Web通信」と「DVD通信」の2種類です。

大原の教室で直接講師から学ぶ方法は、ひとりで勉強するよりも仲間と一緒に直接勉強を進めたい方におすすめです。通信の勉強法は、スキマ時間を使って効率よく進めたいときに向いています。

通学と通信の勉強法で豊富なコース内容から予備校を選びたいときは、資格の大原をご検討ください。

介護福祉士の講座を無料で受けられる動画

YouTubeには、介護福祉士試験の対策講座が無料で掲載されています。

YouTubeにはほかにも、介護福祉士の試験対策に関する動画が多くあるので、理解を進めるときの参考にしてください。

 

介護福祉士を独学以外の予備校講座で学ぶメリット

介護福祉士の予備校では、受験資格に含まれる「実務者研修」に対応した内容もあります。予備校は社会人からの勉強をサポートしてくれる教材が充実しています。

介護福祉士を独学以外の予備校講座で学ぶメリットを見ていきましょう。

実務者研修に対応した講座もある

介護福祉士の試験を受験するには、介護関係の実務経験に加えて「実務者研修」を受ける必要があります。予備校には、実務者研修に対応した講座もあるので、国家試験対策と一緒に進められて便利です。

受験資格を満たしている方は、国家試験の対策を中心に勉強できるコースを選ぶとよいでしょう。直前対策や総仕上げなど、実力を試せる内容も多くあります。

予備校を選ぶときは実務者研修に対応しているコースかどうか、確認して選んでください。実務者研修に対応した講座は、効率よく資格取得を目指せるメリットがあります。

社会人から効率的に勉強できる

忙しい社会人の方は私生活と仕事、資格取得の両立に向けて根気が必要です。独学の対策は、費用が抑えられる分勉強時間がかかる懸念もあるでしょう。

予備校は動画講義やスマホを使った教材があるなど、受講者が飽きずに試験対策を進められる特徴があります。

テキストや問題集、動画講義で順番に理解を進めていき、わからないところがあれば、質問や添削サービスを使って疑問を解消できるでしょう。

予備校の教材は、一発合格で資格を確実に取りたい社会人にメリットがあります。

スケジュールが自己管理しやすい

予備校なら独自の教材を使って、効率的なカリキュラムの組み方で段取りよくスケジュールが立てられます。

自己管理が苦手な方、テキストや問題集だけで進める独学に不安を感じる方は、第三者の目が感じられる通信や通学の勉強法がおすすめです。

試験日から逆算して無理のないスケジュールで、コツコツと社会福祉士の試験対策と理解を進められます。

初めて勉強する方は、基礎知識の理解から過去問題の対策、試験直前対策など、時期に合わせて最適な方法で本番まで走り抜けられるでしょう。

介護福祉士の予備校講座のおすすめまとめ

介護福祉士の予備校講座おすすめ3選、講座の選び方やメリットを見てきました。

予備校講座のおすすめ3選をもう一度おさらいしましょう。

  • アガルート:通信/合格者にお祝い金10,000円。
  • ユーキャン:通信/開講20年以上で実績がある。
  • 資格の大原:通信・通学/コース内容が充実。

予備校選びのポイントでは「費用と予算」「教材や講義内容」「合格者の声・実績」3つの観点から選んでみてください。

介護福祉士の国家試験対策は、実務者研修の対応コースや国家試験に特化した予備校の勉強法がおすすめです。

予備校は社会人から仕事と資格取得を両立したいときに、効率よく勉強できるカリキュラムで合格が目指せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です