在宅ワークをお探しの方はこちら

税理士試験におすすめの勉強方法は予備校の活用!合格のコツを紹介!

税理士試験の勉強えおする人

「税理士試験に合格するにはどんな勉強方法がおすすめなのか?」

「予備校に行く人が多いけど、独学では合格は難しいの?」

この記事では上記のような税理士試験の勉強方法についての疑問に答えます。

税理士は国家試験の中でも合格率が低い超難関試験です。1年で合格できるケースはまれで、複数年かけて合格を目指すのが一般的です。自分の学習可能時間と予算から合格戦略を決める必要があります。

かなりの勉強時間が必要になるため、効率的に学習を進められる自分に合った勉強方法を見つけましょう。この記事では税理士試験対策におすすめの勉強方法や予備校の活用法など、試験合格のためのコツを解説しています。

税理士試験の概要は?

国家資格について

税理士試験は税理士になるための国家試験です。税理士試験は科目ごとに試験が行われ、試験科目は会計学に属する科目(簿記論及び財務諸表論)と、税法に属する科目(所得税法、法人税法、相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、住民税又は事業税、固定資産税)があります。

ここでは受験資格や科目合格制について解説します。

税理士試験には受験資格が必要!

税理士試験は受験資格が必要な国家試験で、同じ士業であり受験資格のない公認会計士と大きく異なります。試験勉強を始める前に自分が受験資格を持っているかどうか1度確認しておきましょう。受験資格は大きく分けて以下の4つの種類に分かれます。どれか1つでも条件を満たしていれば受験が可能です。

  • 学識条件
  • 資格条件
  • 職歴条件
  • 認定条件

税理士に必要な受験資格については以下の記事で説明していますので受験資格について詳しく知りたい方は確認してみてください。

税理士試験は11科目中5科目に合格することが必要

税理士試験は科目合格制と呼ばれる試験制度が採用しており、11科目の決められた科目のうち5科目で合格点を取れば合格できます。1度合格した科目は次年度以降も有効なため、複数年かけて5科目合格すればよいです。例えば1年ずつ1科目合格することや、1年目で2科目合格し2年目で3科目合格して試験を突破しても問題ありません。

税理士資格の取得を目指すのは学生のほか、仕事をしながらの社会人も多いため、働きながら合格を目指せる科目合格制はありがたい制度です。受験する科目の順番に制限はないため、自分が学習しやすい科目から学習をはじめましょう。

合格難易度は高い

税理士試験合格には4000時間程度の学習時間が必要と言われており、税法や会計学など専門性が高い内容のため税務に馴染みのない方にとって習得は容易ではありません。一般的には3~5年の学習時間が必要で、税理士試験合格への強いモチベーションがなければやり切ることは難しいでしょう。

税理士試験の合格率は10~15%と言われています。公式の試験合格基準は各科目とも60パーセントの正答ですが、傾斜配点方式という合格点数獲得者の人数を調整し上位10~15%の人のみが合格するように配点調整がされる競争試験のため合格のハードルは極めて高いです。

税理士試験対策は予備校で行うべき理由3選!

税理士試験を受ける多くの受験者は予備校を利用しています。税理士試験合格にはかなりの勉強時間が必要で合格までに長い期間がかかるケースもあるため、効率よく学習を進めることが必要です。勉強に費やす時間が少ない方も、短期間での合格を目指す方も予備校に行くべき3つの理由を紹介します。

テキストが充実している

税理士試験対策を行っている予備校は、長年試験対策に取り組み合格ノウハウを持っているため教材が充実しています。効率的な学習ができ最新の税法もしっかり反映されているオリジナル教材は、予備校や通信講座を受講するうえで魅力的なポイントです。

市販では必須科目の簿記論と財務諸表論以外ほとんどテキストがなく学習は受験科目が絞られますが、予備校では自身の受験したい科目の学習教材が用意されているでしょう。

幅広い範囲を段階的に学習できる

予備校には勉強を始めたての初学者から何年も受験をしている学習経験者まで様々なレベルの学習者がいるため、自分のレベルに合わせ幅広い範囲を段階的に学習できます。予備校によっては多数のコースを用意しているので、日商簿記2級からの学習や5科目全ての受講、自分が学習したい科目のみの受講など自分に合ったものを選ぶことが可能です。

モチベーションを保ちやすい

通学講座の場合教室で他の受講生と机を並べて学習をし、分からない点は講師にすぐに質問ができるのでモチベーションを保ちやすいです。空いた時間には予備校の自習室も活用できるため、勉強以外のことに気を取られて集中できないことがありません。

税理士試験合格には約4000時間の学習が必要です。やる気を維持しやすい予備校なら学習が効率的に進められるでしょう。

税理士試験にオススメの予備校

予備校の学習風景

「予備校に行きたいけれどたくさんあって迷ってしまう」

「経済的に余裕がないけど通える予備校はあるのか」

と予備校選びに悩んでしまう方は多いでしょう。税理士対策の予備校を選ぶ際は、「確保できる勉強時間」と「予算」を考え自分の学習ペースに合ったものを選ぶことが大切です。

ここでは費用と合格実績に着目して、2つの予備校を紹介します。

他の税理士試験合格対策がある予備校については以下の記事で詳しく説明していますので、予備校選びに迷っている方は参考にしてください。

費用を抑えたいなら【スタンディング】

「スタンディング」は他の予備校に比べて圧倒的に低価格な通信講座です。簿財2科目セットのコースは59,000円で、選べる科目は絞られますが5科目受講しても200,000円以下に費用を抑えられます。

費用が安いだけでなく短期間で合格した人の勉強法を徹底的に研究して作られた学習内容になっていて、ビデオ講座や基本問題、テキスト教材を全てスマートフォンやタブレットで学習できるのが特徴です。このため通勤中など隙間時間を活用して学習できるので、机に向かう時間がなかなか取れない方にぴったりでしょう。

コース名簿財2科目合格コース
税込み価格59,950円
受講形式オンライン
教育給付金制度調査中
特典や割引調査中
受講者の合格率
公式サイトスタディング公式

合格実績で選ぶなら【大原】

税理士試験合格者の約半数が利用している圧倒的な合格実績を誇るのが「大原」です。通学講座と通信講座の両方があり講師の丁寧な指導が魅力の予備校で、合格ノウハウが凝縮されたオリジナル教材が豊富にあります。テキスト、演習問題集、確認テスト、過去試験問題集などが教材としてセットになっているため他に教材を別途購入する必要がありません。

「簿記・財表初学者一発合格パック」は383,000円、科目別の学習コースは1科目63,000~196,000円と費用はかかりますが、短期間で合格を目指したいならおすすめの予備校です。

コース名 簿記・財表初学者一発合格パック
税込み価格 383,000円
受講形式 web通信
教育給付金制度 2021年5月~(114回分)
特典や割引 調査中
受講者の合格率
公式サイト 大原公式

税理士試験の独学が難しい理由3選

難しい顔で悩む男性

税理士試験は超難関試験であり必要な勉強時間が長いため独学での学習は難しいと言われています。実際独学での試験合格者は10人に1人もいないそうです。独学は経済的な負担が少なく仕事や育児と両立がしやすいなどメリットがありますが、学習が上手くいかず挫折してしまうデメリットの方が多いでしょう。独学が難しい理由は3つあります。

  1. 市販のテキストの選択肢が狭い
  2. 1科目の負担が非常に大きい
  3. 毎年の税法の改正の対策が難しい

税理士試験に独学については以下の記事で詳しく説明しております。

1.市販のテキストの選択肢が狭い

税理士対策ができる市販テキストはほとんどありません。独学で学習できるテキストが揃った科目は簿記論や財務諸表論などの選択必須科目で、酒税法や事業税などのマイナーな科目は市販のテキストが少ないです。独学で学習する場合は選べる科目がある程度絞られてしまいます。

2.1科目の負担が非常に大きい

税理士試験は5科目で合格すると資格を取得できますが、1科目ごとに約150~600時間の学習が必要で1科目の負担が大きいです。最も勉強量が少ない科目でも150時間以上の学習が必要なため他の資格試験に比べて難しいことがわかります。内容もかなり専門性が高いため、自分の持っている知識が少ない人ほど負担を多く感じるでしょう。

3.毎年の税法の改正の対策が難しい

税理士試験は法律が変わるとそれに合わせて試験内容が変わります。毎年税法の改正があるため市販のテキストは最新の内容に変更できていません。このため改正論点の情報収集は自分で行わなければならず、国税庁の発表する情報から初学者が対策するのは難しいでしょう。

税理士試験を独学で行うコツ

テキストの山

税理士試験対策を独学で行うためにはコツを抑えることが大切です。ここまで説明してきた通り独学だけで合格するにはかなり厳しい試験のため、独学で行う科目と予備校を利用する科目に分けて確実に合格を目指しましょう。ここでは3つのコツを紹介しますので、独学を考えている方は押さえておいてください。

テキストと過去問を最大限活用する

税理士試験対策の市販テキストの中には、大手予備校が出版しているものもあります。実績のわからないテキストよりかは、合格実績を多く持つ予備校が出版しているテキストを選ぶ方が効率的です。教科書の他、問題集や過去問題集など豊富に販売されている科目もありますので、購入する際は自分に合ったものを選んでください。

税理士試験合格対のためのテキスト選びについては以下の記事で詳しく説明しています。

徹底した情報収集を行う

独学で1番厄介なのは毎年の法改正です。国税庁のサイトや新聞などで法改正の情報を収集ししっかりと対策を行ってください。重要な改正論点は必ず出題される傾向があります。実際に税理士として働いている実務家も自分で改正論点の情報収集を行っていますので無理なことではないでしょう。

簿記論と財務諸表論に独学を絞る

独学者向けの市販テキストは科目に偏りがありますが、簿記論と財務諸表論はテキストが豊富なため独学が可能です。理由はこの2科目が税理士試験での選択必須科目で受験者が多いからです。

大手予備校が様々なテキストを販売しているので自分に合ったテキストを見つけられるでしょう。簿記論と財務諸表論ともに500~600時間の勉強が必要な科目ですが模擬試験の受験などの最低限の対策をすれば不可能ではありません。

税理士試験対策は予備校がオススメ!自分に合った予備校を見つけよう

税理士試験の勉強方法について紹介しました。1部科目であれば独学も可能ですが完全合格は難しく、予備校や通信講座を利用した方が効率的に短期間での合格を目指せます

「自分が勉強に使える時間」「予算」「何年での合格を目指すか」は人それぞれです。多くの予備校がありますので、比較検討して自身に合った予備校を見つけましょう。以下の記事では予備校9社を徹底比較していますので、ぜひ予備校選びの参考にしてください。

 

スタディングの特徴

  • 臨場感のある生配信授業やeラーニングで隙間時間に学べる
  • 効率的な学習で高い合格率を誇る
  • 全国平均を超える合格率のバリューセットもおすすめ

\受講スケジュールや受講者の声も確認できます!/
スタディングのカリキュラムを確認 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です