在宅ワークをお探しの方はこちら

男性が稼げる資格7選!転職・副業に活かせる資格取得で年収アップ!

男性が稼げる資格を取るには、学歴や実務経験が必要だと感じておられる方も多いかもしれません。

ただ、資格によっては国家資格でありながらも受験資格なしで取得できるものなど、資格には幅広い種類があります。

学歴の壁を感じておられる方、年収アップや仕事でのキャリア形成に悩まれておられる方にとっては、資格取得は人生を好転させるチャンスにつながるでしょう。

本記事では、男性が稼げる資格7選を解説します。

  • 勉強時間が短めで取りやすい資格
  • 費用が安く抑えられる資格
  • 一発逆転が狙える資格

上記のように、できる限り負担が減らせる内容を厳選してまとめています。

転職や副業にも活かせる内容なので、逆転を狙うためにも参考にしてください。

男性が稼げる資格と稼げない資格の違い

 

お金の動きが大きい業界に関する資格、応用できる範囲が広い資格は、稼げる資格につながります。

趣味や実用面の側面が強い資格は、楽しみながら学ぶ分にはおすすめですが、稼げない資格にあたるのでお金にはつながらないかもしれません。

資格取得の勉強を始める前に「なぜ資格を取るのか?」「合格後はどのように活かすのか?」目的を考えながらの取得が望ましいでしょう。

男性が稼げる資格を選ぶときは、社会からの需要が高いものを始め、お金の知識につながるものを選ぶのがベストです。

男性が稼げる資格を選ぶときの注意点

資格によっては、実務経験や講座の受講が求められる内容もあるため、先に公式ホームページから受験資格を確認しておきましょう。

また、独学で進められる内容か確認しておき、できる限り費用が抑えられる選択肢を選ぶと、途中で挫折したときも失敗のリスクが減らせます。

独学の場合は、インターネットで合格体験談を読むなど、モチベーションを保てるように工夫し、試験直前に詰め込んで勉強する状態はできる限り避けるのが無難です。

ある程度計画を立てておき、ゆとりをもって勉強ができるように準備を整えましょう。

男性が稼げる資格を取るメリット

 

資格取得のモチベーションをあげるためにも、まずは男性が稼げる資格には、どのようなメリットがあるのか把握しましょう。

合格後の未来や目標を明確にすることで、資格取得を無駄にせず挑戦できます。

男性が稼げる資格を取るメリットの詳細を見ていきましょう。

副業や複業に活かせる

資格の取得で専門性が高まるため、企業で働く以外の副業や復業に挑戦できます。

たとえば、資格の知識を活かしてインターネットから情報発信する方法もあるでしょう。自力で稼ぐノウハウが身につけられれば、会社に頼らずに働ける手段を身につけられます。

「将来は在宅で自由に働けるといいのに…」という希望を抱いている方は、資格の勉強を通して専門性を高める方法もあるのです。勉強する過程で経験した成功や失敗体験は、今後の人生において必ず役立ちます。

副業や複業に憧れる方は、資格の勉強を通して小さな挑戦を繰り返すことで、大きな挑戦に向けて行動するステップアップが踏めるでしょう。

長く安定的に働ける

企業で長い期間働くためには、資格取得でスキルアップする方法もおすすめです。手に職があると自信が生まれるだけでなく、仕事を深堀りするよい機会につながります。

万が一の場合も、関連する業界への転職がスムーズになるメリットもあるでしょう。資格を持っていると技術の持ち運びができて、一から仕事を覚える手間が省けます。

生涯を通してスキルを磨き続けられるため、仕事へのやりがいを深めながら業界の知識をあらためて復習する機会が生まれるでしょう。

長く安定的に働きたい方は、興味や関心の深い分野や仕事に関わる資格取得に挑戦してください。

年収アップに期待できる

資格を持っていると、給料アップや経歴に箔をつける手段につながるでしょう。

役職のある立場になれると役職手当てがついたり、資格の取得で資格手当てがもらえたりするなど、年収アップにつながる条件がクリアできます。

将来的に結婚を考えている方、老後の資金にゆとりを持たせたい方は、今から資格の勉強を始めておくと保険につながる側面もあるのです。

スキルアップができれば、年収の高い企業に転職しやすくなるメリットもあげられます。

今よりも年収をアップさせたいと悩まれている方にとって、資格取得はひとつの手段に活用できるのです。

男性が稼げる資格7選をわかりやすく解説

 

勉強時間や費用をできる限りかけず、男性が稼げる資格を解説します。

最初はハードルが高く感じられるかもしれませんが、始めてしまえば案外継続できるパターンも少なくありません。

人生での方向転換を成功させるためにも、ぜひ参考にしてください。

男性の転職に有利な資格

以下では、社会からの需要が高い資格や経営を支える役割を担える資格を解説します。

  • 危険物取扱者(乙4)
  • 電気工事士(第二種)
  • 日商簿記(2・3級)
  • TOEIC

業界で長く働くためにも、男性の転職に有利な資格を見ていきましょう。

危険物取扱者(乙4)

国が指定するガソリンや灯油など、危険物を取り扱える国家資格です。

危険物取扱者の資格を持っている方は、平均年収は500~600万円と高収入を狙うことも可能です。残業代や資格手当、賞与が加算されて、年収700~800万円になる職場もあるでしょう。

  • 危険物、薬品を取り扱う工場
  • 危険物の運送業
  • 燃料タンクの清掃業
  • ガソリンスタンド
  • 発電所

上記のように、男性が活躍できる現場が多くあげられるため、危険物取扱者の資格取得はコスパがよいといえます。

危険物取扱者の資格で、人気の「乙種第4類」には受験資格がありません。高収入が狙える資格ですが、学歴や年齢、実務経験の有無に関係なく、いつでも受験が可能です。

勉強時間は約40~60時間で、約1~2ヶ月の勉強期間で取得しやすい内容といえます。

人気資格なので、インターネットから「危険物取扱者 書籍」と検索すれば、最新の中古本を購入して安く費用を抑えて取得が目指せるでしょう。(※法改正を考慮するために、なるべく最新版の書籍がおすすめ)。

男性が稼げる資格取得を目指すときは、危険物取扱者をご検討ください。

 

*その他、資格情報まとめ

  • 試験受験料:4,600円(乙種)
  • 乙種第4類の合格率:30~40%
  • 乙種第4類の難易度:★★★☆☆
  • 受験資格:乙種、丙種はなし

電気工事士(第二種)

ビルや住宅、施設などの電気設備の工事を担当できる国家資格です。

電気工事士の資格を持っている方の平均年収420万円台です。企業の規模や業績により年収は変動するので、残業代や賞与、資格手当てが付くと600~800万円台になる企業もあるでしょう。

男性が電気工事士の資格を活かせる職場は、下記のとおりです。

  • 電気に関わる整備、管理会社
  • ビルメンテナンスの管理会社
  • 建設に関わる会社

上記の企業は全国各地に求人数が多く、男性の働き手が求められています。

電気工事士の第二種には受験資格がなく、実務経験や学歴、年齢に関わらず再スタートが切れる内容です。

企業にとっては、資格取得支援のお金を出してくれる場所もあるので、求人応募欄や面接で確認しましょう。

試験対策の勉強時間は50~100時間1~2ヶ月の勉強期間が目安なので、比較的簡単に資格取得が目指せます。

インターネットで「電気工事士 第二種 書籍」と検索し、筆記試験と技能試験が対策できるテキストや問題集を購入する形でチャレンジしてください。

 

*その他、資格情報まとめ(第二種電気工事士)

  • 試験受験料:11,300円(書面申し込み) / 10,900円( インターネット申し込み) ※価格変更の可能性あり
  • 合格率:50~60%台(筆記試験)/ 60~70%台(技能試験)
  • 難易度:★★★☆☆
  • 受験資格:なし

日商簿記(2・3級)

企業の経営において、会計などの数字面から事業を支えられる資格です。

「経理関係の部署」を始め、「法律関係の税理士補助」として働くこともできます。体を使った労働よりも、頭を使ったデスクワーク系の仕事に就きたい男性に必見の資格です。

法律関係の税理士補助の平均年収は400万円台前後、経理関係の管理職にあたる立場では500万円以上の年収が見込める企業もあります。

日商簿記で学んだ会計やお金に関する基本知識は、副業や医療費控除など、確定申告するときの知識に役立つ点も便利です。

まずは、日商簿記で初心者におすすめの3級に合格しましょう。2級の受験は、転職の面接時に通用するレベルとして活用が可能です。日商簿記に受験資格はないので、実務経験や学歴、年齢に関わらず勉強が始められます。

試験対策の勉強時間と期間は下記のとおりです。

  • 2級: 勉強時間は250~350時間が目安。期間は4~6ヶ月。
  • 3級:勉強時間は100時間が目安。期間は約2~3ヶ月。

日商簿記のテキストと問題集を公式、または一般書籍を活用して勉強を進めましょう。

まずは気軽な気持ちで、日商簿記3級からスタートをご検討ください。

 

*その他、資格情報まとめ(日商簿記2・3級)

  • 試験受験料:2級 4,720円/ 3級 2,850円
  • 合格率:2級 約20~30%/ 3級 約40~50%
  • 難易度:★★★★☆
  • 受験資格:なし

TOEIC

英語の理解力が点数評価で決まる試験で、英語文章の読解力や聞く能力など、英語の能力を客観的に把握できます。

TOEICを求人応募に活かす場合、500~800点程度のスコアを目指せば、貿易や物流関係の職場で英語力を活かした仕事に就くことが可能です。

TOEICを活かした仕事の平均年収は、下記のとおりです。

  • 貿易関係の営業:平均年収500万円台
  • 翻訳の仕事:平均年収400万円台

高得点スコアの800~900点の保有者は年収1,000万円で、スキルアップから高待遇の企業に転職を目指すことも夢ではありません。

また、男性がTOEICのスコアを活かして働ける業界は、下記の内容があげられます。

  • 貿易関係
  • 物流関係
  • 電子機器メーカーや商社など
  • 英語教師(英語教室など)

海外と交流があるような事業内容に英語力が活かせます。

TOEICで600点のスコアを目指す場合、最低でも勉強時間は300~400時間約6ヶ月の期間が必要です。

英語の勉強に取り組むことが好きな方におすすめなので、仕事につなげられる内容として有効活用するためにも、ぜひ試験の受験をご検討ください。

 

*その他、資格情報まとめ(TOEIC Listening & Reading 公開テスト)

  • 試験受験料:6,490円(※2021年10月3日~7,810円に価格変更)
  • 合格率:なし(点数評価のため)
  • 難易度:★★★★☆(※600点を目指す場合)
  • 受験資格:なし

男性が稼げる副業に役立つ資格

下記では、初心者からでも資格取得やスキルが身につけやすい副業に役立つ内容をまとめています。

  • FP(2・3級)
  • CAD利用技術者試験
  • ITパスポート

未来への投資に活用するためにも、男性が稼げる副業に役立つ資格を見ていきましょう。

FP(2・3級)

お金の勉強ができる国家資格で保険や年金、不動産、将来への老後資金の計算方法など、幅広いお金の基礎知識が学べます。

FP資格を持っている方の平均年収は300~600万円台です。

  • 金融関係
  • 保険関係
  • 不動産関係

上記のような職場でFPの知識が活かせて、個人のスキルや企業規模によって年収に幅があります。

お金が大きく動く分野は高収入が期待できるので、FPの資格は男性が稼げる内容として、スキルアップの手段に利用できるでしょう。

お金の勉強と聞くと数字や計算が浮かび苦手意識を感じる方もおられるかもしれませんが、FP3級は受験資格がないので初心者向けのレベルです。

FP3級に合格後は、スキルアップが図れるFP2級の受験にチャレンジしてください。日本FP協会管轄の試験を受験する場合、勉強時間の目安は下記のとおりです。

  • FP3級は100時間前後(約2~3ヶ月)
  • FP2級なら150~300時間(約4~5ヶ月)

FP3級からスタートする場合は、独学でテキストや問題集を買う方法から理解を進められます。節約したい方は、インターネットから検索して、最新版の中古本を購入しましょう。

男性が稼げる資格を選ぶときは、FPの資格もご検討ください。

 

*資格情報まとめ(FP2・3級)※日本FP協会で筆記・実技試験を受験する場合

  • 試験受験料:2級 8,700円/3級 6,000円
  • 合格率:2級 約40~50%/3級 約70~80%
  • 難易度:★★★☆☆
  • 受験資格:なし

CAD利用技術者試験

建築や製造などの仕事で、図面作成のソフトにCADが活用されています。CAD利用技術者試験は、CADの基本操作スキルが学べる資格です。

基本知識が活かせるCADオペレーターの平均年収は350~450万円で、技術や請け負う仕事の価格によって高収入が期待できます。

  • 建物や土地に関わる仕事を請け負う業界
  • ものづくりの業界

上記のように、技術が取得できる専門性の高い仕事での応用が可能です。社会からの需要が高い仕事で、CADの技術は在宅ワークとも相性がよい内容といえます。

スキルアップをすれば、自宅で働ける企業もあるため、企業に毎日通って働く方法から卒業したい方にもピッタリです。

まずは、CAD利用技術者試験2次元の基礎、もしくは2次元の2級を受験して基礎知識を身につけましょう。

業界に飛び込んでみたい方は、資格の勉強で仕事を早く覚えて企業に馴染む手段につながります。

CAD利用技術者試験の基礎にかかる勉強時間は100~200時間が目安です。勉強期間は約2~4ヶ月かかる計算になるので、早い段階から勉強を進めましょう。

初心者からでも、数ヶ月程度の勉強で基本操作が可能です。一度身につけたスキルは生涯役立つため、気軽な気持ちで勉強を始めてください。

 

*その他、資格情報まとめ(2次元CAD利用技術者試験基礎)

  • 試験受験料:4,400円
  • 合格率:60~70%台前後
  • 難易度:★★☆☆☆
  • 受験資格:なし(2次元の基礎、2級)

ITパスポート

情報技術に関する基礎知識が学べる試験です。ITパスポートは、情報技術の知識を学びたい初心者向けの内容にあたります。

ITパスポート試験の情報処理技術者試験で、中級者から上級者向けの試験に受験すれば、高収入が望める職種に転職が可能でしょう。

システムエンジニアの平均年収は550万円で、スキルアップを積めば高収入が期待できる仕事です。

プログラミングの入門として、本業と副業の両方に活かせる技術を学びたい方にもおすすめできます。パソコンを使った仕事内容で在宅ワークとの相性もよいでしょう。

ITパスポートの試験対策にかかる時間は、下記のとおりです。

  • 勉強時間:約150~180時間
  • 勉強期間:約3~4ヶ月

上記の時間を目安に、ゆとりをもって対策に挑みましょう。

ITパスポート試験が活かせる仕事には、IT関係のシステムエンジニア、ヘルプデスクなどのデスク業務があげられます。

体を動かす仕事よりも、パソコンを使った仕事で技術を磨きたい方、ものづくりの仕事に興味がある方におすすめの試験内容です。

技術を深めるほど才能が広がるため、パソコン技術を磨く仕事で長く働きたい方は、ITパスポートの勉強から始めてください。

 

*その他、資格情報まとめ

  • 試験受験料:5,700円
  • 合格率:40~50%台
  • 難易度:★★★☆☆
  • 受験資格:なし

男性が資格以外で稼げる方法には情報発信がおすすめ

 

資格を取得する方法から、男性の収入アップにつながる流れで解説してきましたが、資格取得以外にも稼げる方法はあります。

コストが抑えられる情報発信のスキルは、今後の社会で重要視されるポイントになるため、ぜひ押さえておいてください。

  • SNSとブログを活用して収益を得る
  • 動画配信サービスで情報発信する

今回は、上記の方法から男性が資格以外で稼げる方法について見ていきましょう。

SNSとブログを活用して収益を得る

過去に時間とお金をかけた分野があれば、インターネットで情報発信する手段に活用できます。趣味に関する内容、美容や健康に関する内容など、何でも構いません。

Webマーケティングを学ぶ機会にもつながるので、副業に限らずフリーランスとして働けるきっかけにもできます。

SNSやブログは無料で始められるものも多いため、コストを抑えて挑戦できるところも利点です。過去に資格を取得した経験がある方なら、資格で学んだ知識を使えば専門性の高い情報発信につながります。

やり方がわからない方は、インターネットで検索をかけて方法や手順を頭に入れながら、気軽な気持ちで始めてみてください。

動画配信サービスで情報発信する

無料で情報発信するには、動画配信サービスを活用する方法があります。

動画は視聴者がテレビを見る感覚で勉強する手段に使えるため、ヒットすれば動画が拡散されて多くの集客が見込めるでしょう。

また、インターネット社会での認知度を高められるので、情報発信内容の質が高ければ、多くの人に価値を提供できて信頼されます。

動画配信サービスが効果的な集客につながり、自分の体験談や商材をつくって売る方法につながるでしょう。

忙しい現代人に向けて、仕事のノウハウやスキルアップ、日常生活に役立つ情報を提供できます。

男性が稼げる資格まとめ

 

男性が稼げる資格7選を解説してきました。もう一度、資格をおさらいしましょう。

*男性の転職に有利な資格

  • 危険物取扱者(乙4)
  • 電気工事士(第二種)
  • 日商簿記(2・3級)
  • TOEIC

*男性が稼げる副業に役立つ資格

  • FP(2・3級)
  • CAD利用技術者試験
  • ITパスポート

男性が稼げる資格を選ぶときは、お金の流れが大きい業界、応用範囲が広い資格を選ぶとよいでしょう。

資格取得以外にも、SNSとブログを活用して収益を得る方法、動画配信サービスで情報発信する方法などもあげられます。

資格取得の挑戦に取り組んで、人生を好転させる方法に活用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です