在宅ワークをお探しの方はこちら

大原医療事務講座の口コミ評判は?在宅受験もOK!医療事務の級と取得メリットを紹介!

大原医療事務講座の口コミ評判は?在宅受験もOK!医療事務の級と取得メリットを紹介!

「大原の医療事務講座は、初心者でも就職に通用する実力が身につく?」

事務系資格が取りたくて、医療事務が気になる人も多いようです。

大原の医療事務講座は、事務系講座のなかでも人気のある講座です。在宅受験も可能なので子育て中の受験者からの支持も高い講座です。

大原の医療事務講座は、診療所から大学病院まで規模により受験目標級が区分されており、初心者でも段階的に実力をつけられます。

今回は大原の医療事務講座の評判や口コミについて丁寧に解説いたします。

コース名医療事務3級合格コース
税込み価格14,200円
受講形式web通信
教育給付金制度全6回(2021年6月~2022年4月)
特典や割引調査中
受講者の合格率
公式サイト大原公式

大原医療事務講座の良い口コミ評判3つ

大原医療事務講座の良い口コミ評判3つ

大原の医療事務講座の、良い口コミ評判を紹介します。

1.大原の医療事務講座は洗練されたテキストが魅力

2.テキストと並行してレセプト作成練習で効果大

3.短期集中カリキュラムなのでチャレンジしやすい

などがあります。それぞれの理由をみてみましょう。

1.大原の医療事務講座は洗練されたテキストが魅力

大原の講座は、受験を知り尽くした伝統校だからこそ実現する、質の高いテキストが好評です。

テキストは、シンプルな色使いで論点ごとに見やすくまとめられています。講義を見ながら、書き込みやマーカーを効果的に使えます。記入することが多い問題集には、スペースがほどよく設けられており問題練習がはかどります。

実務に即した医療事務講座のテキストは、試験範囲を幅広くカバーしており、苦手を作らないよう工夫されています。問題だけではなく、テキストでもレセプトのイメージ図が使われ、医療事務の特徴でもある細かい診療報酬計算も、挫折せずに進められます。

テキストは、理解を促す図解のほか、事例が豊富で試験と実務に役立つ知識が豊富です。また、間違えやすい箇所は、注意点としてピックアップされているなど、初学者にもわかりやすい教材内容となっています。

2.テキストと並行してレセプト作成練習で効果大

大原の医療事務講座は「医療事務(医科)能力検定試験」に対応しており、試験級別に教材が用意されています。

初学者は3級からスタートし、レセプトと呼ばれる診療報酬明細書作成の基礎を固めていきます。病院の規模に合わせた内容で、講義と練習問題を徹底的に何度も繰り返すので、しっかりと実力が身に付きます。

診療報酬明細書は、細かいルールから成り立っています。ルールをテキストで学んだらすぐにレセプト作成問題でアウトプットすることで、医療事務に必要なルールと計算力を効果的に学習できます。

3.短期集中カリキュラムなのでチャレンジしやすい

大原の医療事務講座3級のカリキュラムは、医療保険制度から診療報酬算定までの基本スキルを約1ヵ月の短期間でマスターできます。短期感で学習できるので、他の事務系資格に比べてチャレンジしやすい資格だといえます。

さらに通学講座でも通信講座でも、講義動画をスマホで視聴できます。通勤時間や育児の合間にテキストを出さずに学習できるのも便利です。

大原医療事務講座の悪い口コミ評判2つ

大原医療事務講座の悪い口コミ評判2つ

大原「医療事務」講座の、悪い口コミ評判を紹介します。

1.テキストがモノクロなのが残念

2.テキストだけで完結したい人には不向き

などがあります。それぞれの理由をみてみましょう。

1.テキストがモノクロなのが残念

近年は、フルカラーの参考書に慣れている人も多く、大原のテキストはモノクロで残念という意見がみられます。視覚からの情報が地味だとモチベーションが上がらないという人には不評のようです。

2.テキストだけで完結したい人には不向き

大原では、講義を見ながらテキストにラインを引いたり書き込みをします。講師の説明はすべて、テキストをリンクさせているため読書感覚では完結しません。そのため、読むだけで学習を終わらせたい人には不向きという意見があります。

大原医療事務講座の特徴

大原医療事務講座の特徴

医療事務は、民間資格なので主催団体により名称が異なります。大原では、日本ビジネス技能検定協会が主催する「医療事務(医科)能力検定試験」に対応しています。

医療事務は、大学病院や診療所などで診療報酬の算定やカルテ管理、会計をはじめとした事務を行う職業です。医療機関では、複雑な算定スキルが必要とされ、診療報酬点数表と呼ばれる算定資料にもとづいてレセプト(診療報酬明細書)を作成します。

レセプト作成は、初心者にとっては難しく時間がかかってしまいます。患者さんを待たせないために、また、業務フローとしても、スキルアップする必要があります。

大原の医療事務講座では、初めて医療事務に興味を持った人でも、わかりやすく学べるカリキュラムが用意されています。仕事や子育てをしながら学習する場合にも、通信講座なら自分のペースで学習できます。標準学習期間は1ヵ月ですが、Web通信講座の視聴期間は6ヵ月あるので、予定に合わせてスケジュールできます。

在宅受験も可能「医療事務(医科)能力検定試験」概要

在宅受験も可能「医療事務(医科)能力検定試験」概要

「医療事務(医科)能力検定試験」は3級・2級・1級に分かれています。受験方法は、会場受験と在宅受験を選ぶことができます。在宅受験は会場受験と同日に行われます。

診療所やクリニックでの医療事務に対応するのが「3級」、入院設備のある小規模な病院での医療事務に対応するのが「2級」、総合病院や大学病院などに対応するのが「1級」です。

筆記式の試験で択一問題と、レセプト作成問題が出題されます。合格率は、各級とも70%程度です。大原の医療事務講座は各級に分けて受講・受験が可能なので、無理なくステップアップできます。

医療事務への転職は資格があった方が有利

医療事務への転職は資格があった方が有利

医療事務の仕事につく場合、医療事務の資格を取得している必要はありません。ですが、医療事務の業務内容から考えると、やはり資格を取得しておいた方が業務に就いてから仕事を早く覚えられるでしょう。

採用試験では、医療事務資格を取得していれば加点がつくなど評価項目になる場合があります。業務に従事するために資格が必須ではないとはいえ、実際には資格を持っていないと採用に至らないこともあります。チャレンジしやすい資格なので、取得して損はありません。

医療事務の取得メリットは?地域を問わず働ける

医療事務の取得メリットは?地域を問わず働ける

高齢化が進み、さらに医療機関の利用者が増えると見込まれます。医療事務の需要が高まっている時代だからこそ、医療事務資格を取得すると、次のようなメリットがあります。

医療機関なら事務のルールは同じだからどこでも通用する

診療代や投薬量、検査費用などの診療報酬は、診療報酬点数表に基づいて算定されます。日本国内の医療機関で共通して同じ診療報酬点数が使われるので、居住する場所に関わらずどこでも使えるスキルです。

レセプトソフトを使うことが一般的ですが、入力欄の意味や目的を知っていればミスを防ぐことができます。学習をしておけば、仕事を早く覚えられるでしょう。また、地方の小さな診療所では、計算ソフトだけを使って事務員が入力している場合もあるでしょう。医療事務の学習をしていれば、仮にソフトを使う環境がない場合にも対応できます。

アルバイトから正社員まで働き方が多彩

医療機関は、全国各地に存在し、今後は在宅診療なども拡大しつつあります。短時間勤務~フルタイムまで、幅広い雇用形態があるのが医療事務取得のメリットです。

なお、診療所では午前診療と午後診療でわかれているので、短時間勤務に需要があります。逆に、大学病院では正社員や契約社員、フルタイムパートなどの長時間勤務に需要があります。規模の大きな病院では、派遣スタッフも増えているようです。

医療事務は雇用形態が多彩で、自分の生活にあわせた働き方を選べるのが魅力です。

コース名医療事務3級合格コース
税込み価格14,200円
受講形式web通信
教育給付金制度全6回(2021年6月~2022年4月)
特典や割引調査中
受講者の合格率
公式サイト大原公式

大原医療事務講座の口コミ評判まとめ

大原医療事務講座の口コミ評判まとめ

この記事では医療事務の資格取得メリットや、大原の医療事務講座の特徴をお伝えしました。大原の医療事務講座は、レセプト練習が豊富なカリキュラムなので、忙しいなかでも無理なく実力が身につきます。

どこでも通用するスキルである「医療事務」は事務職のなかでも人気が高い資格です。短期間で合格を目指すなら、大原の医療事務講座がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です