在宅ワークをお探しの方はこちら

衛生管理者の勉強は予備校で通信がおすすめ!講座選びのポイントや独学と比較検討して解説

職場のスキルアップや必要に迫られて衛生管理者の資格取得を目指す方も多いのではないでしょうか。

衛生管理者を独学で進める方法もおすすめですが、忙しい社会人が確実に合格を目指したいときは予備校の通信がおすすめです。

今回は、衛生管理者の講座から「アガルート」と「ユーキャン」を解説します。

講座選びのポイントや独学と比較検討していくので、自分に合った試験対策を検討するときの参考にしてください。

衛生管理者の予備校講座を社会人が選ぶときのポイント

公式サイトから費用や講座、合格者の声や実績を参考にしながら衛生管理者の予備校講座を選びましょう。

社会人が予備校を選ぶときのポイントを解説します。

予備校講座の費用と予算から選ぶ

衛生管理者の予備校の相場は9,000~39,000円台です。独学はテキストと問題集を一冊ずつ購入すると2,000~4,000円程度かかるので、予備校よりも費用は安くなります。

予備校講座は費用がかかる分、試験対策を効率よく進められるところが利点です。本記事で紹介するユーキャンは、給付金制度が適用できる場合があるため、対象の方は制度を利用すると費用が抑えられます。

ひとりで勉強を進めることに不安を感じる方で、ある程度費用をかけても構わないときは予備校講座をご検討ください。

予備校講座の教材や講義内容から選ぶ

社会人から資格取得の勉強を進めるときは、効率よく学べる予備校の講座がおすすめです。

予備校を選ぶときの決め手にしたい項目は、下記を参考にしてください。

  • テキストや問題集(紙媒体・デジタル)
  • 質問サポートの有無、回数制限(直接対面、メールなど)
  • カリキュラム内容の充実度(添削や過去問など)
  • オンラインの機能、サポート対応

スマホやパソコンからテキストや動画講義が見れるなど、独学にはないサービスが利用できます。

衛生管理者の第一種と第二種に個別対応したコースがあるので、試験対策を進めたい内容に合わせて予備校の講座を選びましょう。

合格者の声・実績から選ぶ

予備校の公式サイトには、合格者の体験談や受講者の概要が掲載されている場合があります。

予備校の講座について資料請求や問い合わせで情報収集する方法もあるでしょう。また、講師のプロフィールがあれば経歴や実績を確認しておくと安心です。

公式サイトに合格者の声や実績が公開されていない場合は、SNSで「衛生管理者+予備校の名前+評判(口コミ)」で検索をかけてください。過去から現在までの評判や感想を探すことが可能です。

予備校選びで後悔がないように事前の情報収集を欠かさないようにしましょう。

衛生管理者の予備校講座と独学はどちらがおすすめ?

衛生管理者の勉強時間と合格率から、独学と予備校のどちらを選ぶべきか見ていきます。

独学と予備校に向いている人の内容も参考にしながら、自分に合った方法をご検討ください。

勉強時間の平均は第一種100時間・第二種60時間

国家資格の衛生管理者は、第一種が1~3ヶ月、第二種が1~2ヶ月の期間をかけて対策に取り組みます。社会人が目標の勉強時間を達成する仮のスケジュールは下記のとおりです。

  • 第一種を3ヶ月で勉強する場合:1日1時間半程度
  • 第二種を2ヶ月で勉強する場合:1日1時間程度

労働環境や社員の健康管理などの知識が問われる試験内容で、従業員の安全を守る知識を深めていきます。

勉強時間の面から考えると、独学でも対策しやすい範囲でしょう。ただ、初めての勉強で時短して合格を目指したい方には予備校講座がおすすめです。

勉強にかけられる時間と検討して勉強法を選びましょう。

合格率は約40〜60%台で年々低下傾向

衛生管理者の合格率は、第一種が約40~50%台、第二種が約50~60%台です。試験の出題内容が変わる年は、合格率は低い傾向にあります。

独学でも合格できる範囲といえるので、テキストや問題集を繰り返す勉強に自信がある方は独学を選びましょう。

ただ、受験者の増加に合わせて試験の難易度が調整される可能性もあります。確実に合格を目指したいときは予備校講座が無難です。

合格率を見たときに難しいと感じるときは予備校、ひとりで挑戦してみたいときは独学を選んでみてください。

衛生管理者の独学に向いている人

費用を抑えて資格取得の勉強を進めたい方は、衛生管理者の独学がおすすめです。テキストと問題集を使って自由なタイミングで受験できます。

衛生管理者の資格を取るべきか悩むときは、独学で進めて資格が必要だと感じた場合、本格的に試験対策を進めましょう。

また、労働関係の資格をすでに取得している方は、基礎知識が身についており応用して試験対策に活かせます。

衛生管理者の独学は、費用を抑えたいときや資格取得に迷うときに選びましょう。

衛生管理者の予備校講座に向いている人

費用をかけてでも、確実に合格を進めたいときは衛生管理者の予備校講座がおすすめです。わからない専門用語やルールをひとつずつなくしやすく、ひとりで対策を進めるよりも理解が早まるでしょう。

衛生管理者の予備校講座は、資格取得の勉強に慣れていない方に向いています。また、社会人の方が仕事と資格取得を両立したいときにもおすすめです。

一発合格を目指して確実に資格取得したい方は、予備校講座の選択肢をご検討ください。

衛生管理者の予備校講座でおすすめを厳選紹介!

今回は「アガルート」と「ユーキャン」の予備校講座を紹介します。

どちらの講座も人気の講座なので、教材の内容や特徴を検討して予備校選びの候補に入れてみてください。

アガルートの特徴・口コミ評判

衛生管理者の試験対策を通信で進められる人気の予備校です。第一種と第二種の試験対策がそれぞれのコースから受講できます。

公式サイトには、実際に合格した方の声が載せられているので、予備校選びの参考になるはずです。

  • 「講義やテキストについては、非常にすっきりしたものになっていました。」
  • 「1コマが短く,隙間時間を利用して受講できたことはよかったです。」

※内容はアガルートの公式サイトの合格者の声より引用。

アガルートのオリジナルテキストやプロの講師による動画講義など、試験対策で合格を目指せるカリキュラムが充実しています。

講義の時間は短いので、社会人の方が移動や休憩のスキマ時間に対策を進めやすいでしょう。テキストと動画講義から効率よく理解を進めたいときは、アガルートの講座をご検討ください。

ユーキャンの特徴・口コミ評判

衛生管理者の勉強を通信で進められる歴史のある講座です。講義は、第一種と第二種の各コースから選べます。

ユーキャンの衛生管理者講座では、約9割以上の方が社会人と資格取得を並行して受講している点が特徴です。開講実績は30年以上あり、試験対策の傾向を組んだ安定的な教材で対策が進められるでしょう。

勉強は1日30~60分ずつでOKです。忙しい方が継続しやすい形で資格取得を目指せます。動画マークのある項目は、スマホから動画講義を確認するとさらに内容の理解が深められる仕組みです。

添削課題や問題集を使ってわからない点を解消しながら進められます。

自宅で教材を使ってコツコツ対策を進めたいときは、ユーキャンの衛生管理者講座をご検討ください。

衛生管理者の予備校講座のおすすめまとめ

衛生管理者の予備校におすすめの講座を始め、選ぶときのポイントや独学との違いを見てきました。

もう一度予備校の内容をおさらいしましょう。

  • アガルート:通信/オリジナルテキストと動画講義に力を入れた勉強ができる。
  • ユーキャン:通信/1日30~60分の勉強ができて社会人の受講者が多い。

予備校選びのポイントでは「費用と予算」「教材や講義内容」「合格者の声・実績」3つの観点から選んでみてください。

独学は費用を抑えたい方や基礎知識がある方に向いており、予備校は確実に合格を目指したい初心者の方におすすめです。衛生管理者の資格取得を進めるときは、予備校の選択肢もご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です