在宅ワークをお探しの方はこちら

介護福祉士一発合格したい場合に必要な勉強時間は?勉強方法まで合格に必要な情報を詳しく解説!

介護福祉士 勉強方法

介護福祉士の資格取得を目指す人や興味のある人も多いかと思います。しかし、介護福祉士試験に合格するためにはどれくらいの勉強時間が必要で、どんな勉強方法が効果的なのか知りたいですよね。

そこでこの記事ではそんな悩みを抱える人に向けて、介護福祉士に一発合格するための勉強時間や勉強方法など、必要な情報を解説します。ぜひ最後までご覧ください。

介護福祉士になるには?国家試験に合格する必要あり!

介護福祉士 国家試験

介護福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」によって定められた国家資格です。そのため資格取得には国家試験に合格する必要があります。まずは介護福祉士試験について、受験科目や受験資格を中心に確認しましょう。

介護福祉士試験の受験資格は?実務経験や通学が必要!

介護福祉士試験は誰でも受験できるわけではありません。受験資格を得るためには定められた4つの基準のうち、どれか1つをクリアする必要があります。

4つの受験資格のルートは養成施設ルート、実務経験ルート、福祉系高校ルート、経済連携協定(EPA)ルートです。それぞれ実務経験3年以上などの条件を満たすことで受験資格を取得できます。このように介護福祉士は現場での介護スキルや知識が求められるため、一定の実務経験と介護に関する研修のための通学が必要です。

介護福祉士試験の受験科目は?いつから学習すべきか計画を立てよう!

介護福祉士試験の受験科目は筆記実技の2つがあります。このうち実技試験は介護に関する専門技能の試験です。また、筆記試験は以下の13科目から出題されます。

  1. 人間の尊厳と自立
  2. 人間関係とコミュニケーション
  3. 社会の理解
  4. 介護の基本
  5. コミュニケーション技術
  6. 生活支援技術
  7. 介護過程
  8. 発達と老化の理解
  9. 認知症の理解
  10. 障害の理解
  11. こころとからだのしくみ
  12. 医療的ケア
  13. 総合問題

幅広い分野から問題が出題されるため、介護福祉士試験の対策は最低でも2~3か月前に行う必要があります。自身の得意分野や苦手分野を把握して対策を立てましょう。

介護福祉士国家試験の主な対策は?大きく分けて3通り!

介護福祉士 対策

介護福祉士試験の対策は合格のためには必須です。方法は独学、通信講座、通学の3通りあります。

独学はすぐに始めることができ、費用を節約して自分のペースで勉強可能です。しかし誰の助けも得られないうえに人の目がないため、モチベーション維持も難しくなります。自主性があるかないかで効果が大きく分かれるでしょう。

通信講座はネットなどで教材を使いながら学習を進めます。プロの講座を受けられるため、効率良く勉強可能です。また、スマホがあればどこでも勉強できるので、まとまった時間の確保が難しい人にも向いています。一方で、独学よりも費用がかかり、人の目がない分モチベーション維持が難しいです。

通学の場合、講師と面と向かって授業をするので、その場ですぐに質問できます。他の人と一緒に授業を受けるかたちになれば自然とモチベーションも上がるでしょう。ただし高い費用と、授業の日程と自分の日程の調整が必要です。

介護福祉士試験の対策をする場合はどの方法が自分に合っているか考えて選びましょう。

介護福祉士の勉強に必要な期間は?最低2カ月~3カ月必要!

介護福祉士 勉強

介護福祉士試験は国家資格試験であり、難易度もそれなりに高いです。人によって必要な勉強時間は異なりますが、最低でも2~3か月を要します。ただしこれは最低期間で、1日平均4時間以上勉強しないと合格できない可能性が高いです。スケジュールに余裕がなかったり、まとまった勉強時間の確保が難しい人は早めに勉強を始めるようにしましょう。

独学の場合過去問だけで受かる?模試と過去問をひたすらやろう!

介護福祉士 独学

独学で介護福祉士試験の勉強をする場合、筆記試験は独学でも合格ラインに届かせることができます。おすすめの勉強法は過去問をひたすら解きながらどんな問題が出やすいのか理解する方法です。また、模試に何度もチャレンジして自分の実力を把握しましょう。間違えた問題を復習するなど、基本的なことを積み重ねれば合格も可能です。

なお実技試験や受験資格の取得については、介護職員基礎研修実務経験が必要なので独学ではできません。すべてを独学でやろうとして、受験資格自体がないという状況にならないよう注意してください。

過去問って意味ないの?過去問を活用する方法をチェック!

介護福祉士 活用

中には過去問を解くことに意味がないという声もあります。しかし過去問を解けるようになることは筆記試験の成績をあげるうえで重要です。試験の出題傾向はいきなり変わりません。そのためまったく同じ問題は出なくても、問題の構成などを知ることができます。

また過去問を何年分も解いていると、どんな周期でどんな傾向の問題が出てくるかも何となく予想できるかもしれません。このように過去問を解くことは筆記試験に必要な知識を得る意味でも、試験問題を予測する意味でも重要なので、しっかり取り組みましょう。

勉強の仕方は?ノート作りや予想問題集を活用しよう!

介護福祉士 勉強法

勉強方法は人それぞれですが、効果的なのは要点や理解が進んでいないところをノートにまとめることです。そのノートに間違えた問題や試験に出題されるであろう問題をまとめていけば、自然と自分だけの問題集を作れます。

また、過去問や模試を本番と同じ形式で解いて、間違えた問題があれば繰り返して満点をとれるようにするのもおすすめの方法です。介護福祉士試験は出題範囲が広いので、こうして自分なりのまとめ方で知識を身に着けられるようにしましょう。

中央法規の介護福祉士合格ラインは?

介護福祉士 合格ライン

介護福祉士試験の合格ラインは最新の第33回のもので筆記125点満点中75点でした。これは合格ラインを満点のおよそ60%になるように調整しているため、大きく変わらない数字です。ただし、試験科目の中で0点があると他の科目でいくら点を取っても不合格になってしまいます。

介護福祉士試験の合格ラインは決して高いものではありません。しかし、得意科目ばかりを重視していると苦手科目に足を引っ張られる可能性があるので、バランスよく勉強してください。

独学に自信がない場合は?ユーキャンなど通信学習や通学がおすすめ!

独学で勉強して一発合格できる自信がない人には、ユーキャンなどの通信講座や通学がおすすめです。

通信講座はスマホやPCを利用して、どこでも勉強できます。勉強のモチベーションは高いけれど、具体的に何をどう勉強すればよいかわからない人もいるでしょう。通信講座では、講師が優れたコンテンツと勉強方法を教えてくれるので効率アップをねらえます。

また、自分ひとりで勉強を進めること自体が不安ならば資格の専門学校に通学しましょう。同じ資格の取得を目指す人たちと机を並べて勉強することでモチベーションを保てます。また、わからないことをすぐに講師に聞けるので疑問点を解消できるでしょう。

その中でもおすすめは知名度のある通信講座のユーキャンです。様々なカリキュラムが充実しており、実績抜群なので、しっかりと学習することができます。独学に自信のない人はぜひ受講してみてください。

ユーキャンの特徴

  • 通信教育なら生涯学習のユーキャン
  • 充実したカリキュラム
  • 気になる資格の講座を選んで申込んでみよう

\受講スケジュールや受講者の声も確認できます!/
ユーキャンのカリキュラムを確認

介護福祉士の勉強時間は約3カ月!計画的に勉強しよう!

介護福祉士 一発合格

ここまで介護福祉士試験の一発合格を目指す人に向けて、試験概要や勉強法、勉強時間を中心に解説しました。介護福祉士は国家資格であり、試験の内容もしっかりしているので事前の準備が重要です。スケジュール管理をして、試験日に万全の状態で臨めるようにしましょう。もし不安があれば、独学ではなく通信講座や通学も試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です