在宅ワークをお探しの方はこちら

介護福祉士の勉強方法は?独学のコツやおすすめテキストなど徹底解説!

介護福祉士 勉強方法

「介護福祉士の資格勉強のポイントや効率的な方法を知りたい」

「資格取得に向けて勉強してるけど、方向性が合ってるか確認したい」

上記のような疑問に答えていきます。

介護福祉士は、介護分野で唯一の国家資格です。その試験は出題科目が多く、中には暗記が必要な科目もあります。

勉強方法のポイントとしては、反復して学習を続けることです。

この記事では、試験に関する情報や学習を効率化する方法を解説しています。

これから資格取得に向けて勉強を進める方は、失敗を避けるためにも記事の内容をおさえておきましょう。

介護福祉士国家資格の受験問題は?まずは出題傾向を確認しよう!

介護福祉士の受験問題と出題傾向

介護福祉士の試験では、以下の13科目が出題されます。

  1. 人間の尊厳と自立
  2. 人間関係とコミュニケーション
  3. 社会の理解
  4. 介護の基本
  5. コミュニケーション技術
  6. 生活支援技術
  7. 介護過程
  8. 発達と老化の理解
  9. 認知症の理解
  10. 障害の理解
  11. こころとからだのしくみ
  12. 医療的ケア
  13. 総合問題

上記のうち「1と4」「2と5」を1科目群として、計11科目群とします。

合格基準は全体の60%以上の正答率に加え、11科目群すべてで得点していることです。

極端な例ですが、10科目群満点でも1科目群0点では合格となりません。

よく出題される傾向としては「社会福祉士及び介護福祉法」や「障害者総合支援法」などの、法律関連が重点的に出題されます。

またテキストや問題集の冒頭で出題傾向を書いているものもあるので、なるべく最新のものを購入しましょう。

介護福祉士の勉強方法は何から始める?スケジュールを立てよう!

介護福祉士の勉強スケジュール

受験内容がわかったところで、合格に向けたスケジュールを立てます。

介護福祉士の資格取得に必要な時間は、半年前〜3ヶ月前に勉強を開始し、1日あたり1〜3時間です。

上記はあくまで目安で、普段の実務経験や知識量、資格試験の経験によっても変わります。また普段の生活のうち、試験勉強にどのくらい時間を使えるかによって、勉強スケジュールの調整が必要です。

まずは自分にあったスケジュールを立てて、試験勉強しながら調整していきましょう。

2022年試験に向けて始めるならいつから?受験日から逆算しよう!

スケジュールを立てる時は、受験日から逆算して計画します。

すでに受験日が決まっているなら、勉強に必要な時間を多めに見積もって、早い段階からスタートしましょう。まだ受験日が決まってない方は、余裕のあるスケジュールを立てるようにしてください。

試験日は、例年1月下旬に筆記試験があり3月上旬に実技試験があります。

1日1時間しか確保できない方は、半年前からスタートすれば合計180時間の学習が可能です。足りない場合は、1年前からのスタートでも早過ぎることはありません。

勉強に使える時間を確認し、受験日から逆算してスケジュールを立てましょう。

自分のペースに合ったスケジュールの組み方は?攻略のカギは「可視化」にあり!

勉強スケジュールを立てるときのポイントは、行動の可視化を行うことです。

たとえば以下のような場合は、毎日必要な行動にかかる時間は2時間だと考えられます。

行動時間
お風呂30分
食事30分
家事30分
寝る準備15分
翌日の準備15分
合計2時間

一例なので自分の生活を思い出して、行動を可視化してみてください。

勉強できる時間を把握できたら、次はスケジュールに落とし込んでいきます。テキストや問題集に書かれた目安時間をもとに、いつまでに何項目を終わらせるか決めましょう。

余裕のあるスケジュールを立てることで、試験前に追い込む心配が少なくなります。自分のペースに合わせて、無理のないスケジュールを作ってください。

行動の可視化

仕事をしている人は、帰宅後がメインの勉強時間のはずです。19時に帰宅して24時に寝る場合、5時間を確保できます。

資格勉強にあてられる時間は3時間、試験日までの日数に合わせて勉強内容を決めましょう。

介護福祉士の効果的な勉強方法!問題集と過去問を繰り返し解こう!

介護福祉士の効果的な勉強方法

介護福祉士の試験に合格するためには、問題集と過去問を繰り返し解いていくのが効果的です。

勉強を始めてすぐは、問題を理解するのが困難な場合もあります。そのため問題を繰り返し解いて、問題に慣れていきましょう。

具体的な勉強方法とポイントを解説します。

問題集はどんな風に取り組む?ひたすら繰り返すのがポイント!

問題集は過去の出題傾向をもとに、覚えておくべき内容が網羅されています。

そのため何冊も買って流し読みするのではなく、1冊を最低3周は解くようにしてください。

1周目は経験や一般常識で解ける問題もあるはずです。2周目は1周目でたまたま正解していた問題が浮き彫りになります。3周目は2周目で間違っていた問題を、重点的に勉強して解いていくのが効率のよい勉強方法です。

一見すると遠回りに感じるかもしれません。しかし問題集の解説内容を記憶に定着させるためには、繰り返し学ぶのが効果的です。

過去問にはどんな風に取り組む?理解度・達成度の目安にしよう!

問題集を繰り返し解いて、内容を理解できたら過去問を解いていきます。過去問は直近のものを選んでください。出題傾向が掴めるはずです。過去問を解いていくと、得意な科目や苦手な科目がはっきりしてきます。

得意な科目で満点を目指すのではなく、苦手な科目を重点的に勉強しましょう。過去問を解きながら理解度が足りないと感じたら、テキストや問題集で復習するようにします。

また過去問はすべての問題を理解する必要はありません。まずは1問目から最後まで解答することを目標にしましょう。すると解答にかかる時間がわかり、どこでつまずいているかはっきりします。

問題を最後まで解ききることも重要です。過去問を達成度の目安にしながら学習を進めていきましょう。

科目別の勉強方法!特に注意したいのは「社会の理解」

介護福祉士の試験科目「社会の理解」

上記で、学習を進める際に「苦手な科目を重点的に学習しよう」とお伝えしました。

経験や知識によって、苦手な科目は人それぞれですが、「社会の理解」は例年多くの人が苦しみます

「社会の理解」は全12問が出題され、法律や制度が大きく関わる科目です。今までの経験や一般常識が通じにくい特徴があります。

法律や制度は社会の変化に合わせて、改訂が繰り返されているため、問題の内容を深く理解することが重要です。なかには専門用語の暗記が必要な問題も出てきます。

暗記が苦手という人が多いのも、本科目が難しいとされる原因かもしれません。

苦手意識がある人向けに、暗記するコツを以下にまとめました。

勉強覚えられないときの対処法!暗記のコツを知っておこう

暗記のコツは以下の3つです。

  1. すべて暗記しようとしない
  2. 十分な睡眠をとり、体調を整える
  3. 短期記憶から長期記憶にする

すべて暗記しようとしない

すべて暗記しようとすると、かえって効率が悪くなります。

テキストを一言一句すべて暗記する必要はありません。まずは覚えるのが難しい専門用語や法律の名称など、覚えるポイントを限定して暗記しましょう。

十分な睡眠をとり、体調を整える

睡眠時間を削ってまで暗記するのは、おすすめしません

体調を崩してしまったら、学習時間が取れなくなってしまいます。集中力を保ち、効率よく学習を進めるには、体調管理が重要です。

時間を作るために、睡眠時間を削るのはやめましょう。

短期記憶から長期記憶にする

長期記憶にするには、短期記憶を繰り返す必要があります。

記憶はすぐに定着しないと割り切って、テキストや問題集を繰り返し勉強しましょう。何度も記憶しようとすると、重要な情報だと脳が認識してくれます。

上記で紹介したコツをうまく活用して、要点だけを暗記するように工夫してみてください。

ノート作りはするべき?時間に余裕があるならやってみよう!

介護福祉士の試験対策ノート作り方

時間に余裕があるなら、自分ノートを作るのもおすすめです。

テキストを読んだり、問題を解いたりするだけでは、アウトプットができません。インプットばかりでは、記憶の定着もしづらくなります。

ただし時間に余裕がない方は、無理に作る必要はありません。ノート作りにこだわり過ぎて、勉強が進まなかったら本末転倒です。

以下にて、ノート作りの効率的なやり方を解説します。

ノート作りのやり方って?問題の不明点や苦手な部分をメモするのが効率的!

自分専用のノートを作る場合は、あとから活用できるように作ってください。

ポイントは3つです。

  1. 要点だけをまとめる
  2. 持ち運べるサイズで作る
  3. マーカーを活用する

要点だけをまとめる

テキストの内容をそのまま書き写すのではなく、要点だけをまとめましょう。

問題の不明点や苦手な部分で、解説を見ただけでは理解しにくい点をまとめると、後から見返すときに役立ちます。

持ち運べるサイズで作る

スキマ時間で復習できるように、持ち運べるサイズで作りましょう。

A4サイズより小さいノートで作るのがおすすめです。

マーカーを活用する

まとめた要点を、さらに分かりやすくするためにマーカーを活用します。

コツは「マーカーを引いた部分だけで理解できるようにすること」です。

試験直前の復習で、マーカーを引いた部分を見るだけで、重要なポイントを理解できるように工夫しましょう。

おすすめテキストは?中央法規出版のものをチェック!

介護福祉士のテキストは中央法規出版がおすすめ

介護福祉士の試験対策テキストは、中央法規出版のものがおすすめです。

以下のような種類のテキストが、豊富にそろっています。

また電子書籍版もあるため、出先でスマホ学習も可能です。

テキストは何を用意すべき?問題集と過去問は必須!

試験勉強を始めるときは、問題集と過去問はかならず用意してください。

問題集は1冊あれば十分で、過去問は直近のものを1冊、余裕がある人は過去3年分を用意しましょう。問題の文章に慣れることと、解答にかかる時間を把握するために必要です。

独学に限界を感じたら?通学も選択肢に!

介護福祉士の試験対策講座

介護福祉士の資格取得は独学でも可能です。ただ間違った勉強法で進めると、余計な時間がかかってしまいます。

より確実に一発合格を目指したい方は、通学講座や通信講座も選択肢として検討しましょう。

資格講座名アガルートアガルートユーキャンユーキャン大原大原
コース名合格カリキュラム介護福祉士資格取得講座介護福祉士合格コース
税込価格49,280円49,800円40,000円
受講形式オンラインオンラインweb通信
教育給付制度何度でも1日3問まで各校に問い合わせ
特典や割引合格したらお祝い金1万円メインテキスト6冊ミニテストつき
受講者の合格率記載なし記載なし調査中
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

講座によっては、期間限定キャンペーンをやっているものもあります。

最新の情報は「詳細を見る」から公式サイトを確認してください。

介護福祉士の勉強方法は反復が重要!問題集と過去問を5回以上繰り返そう

介護福祉士の勉強方法は過去問と問題集を繰り返す

介護福祉士の資格勉強は、理解だけでなく暗記が必要なものもあります。

問題集を3回、過去問を3回もしくは3年分ほど解いて、記憶を定着させましょう。

時間をかけて学習を繰り返すほど、内容の理解と記憶の定着ができます。

仕事をしながらの試験勉強は大変です。しかし介護分野で唯一の国家資格である、介護福祉士の資格を取得できれば、大変さも報われます。

学習方法に自信がない方や効率を重視したい方は、講座受講も視野に入れつつ、一発合格を目指しましょう。

資格講座名アガルートアガルートユーキャンユーキャン大原大原
コース名合格カリキュラム介護福祉士資格取得講座介護福祉士合格コース
税込価格49,280円49,800円40,000円
受講形式オンラインオンラインweb通信
教育給付制度何度でも1日3問まで各校に問い合わせ
特典や割引合格したらお祝い金1万円メインテキスト6冊ミニテストつき
受講者の合格率記載なし記載なし調査中
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です