在宅ワークをお探しの方はこちら

チャイルドマインダーとは?子育てにも役立つ資格の仕事内容・関連資格まとめ

「子どもが好きな気持ちを仕事に活かしたい!」そんな思いを叶えてくれるのがチャイルドマインダーの資格です。子どもに対する愛情が深い方は一つの長所や才能として、保育に関する幅広い分野で活動できます。

ぜひその気持ちを大切にしながら、社会貢献する気持ちで資格取得を目指してみてください。

今回は、チャイルドマインダーに関する内容をまとめて紹介しています。「保育に関わる民間資格を取得したい」「チャイルドマインダーの仕事に関する詳細が知りたい」など、資格を仕事に活かしたい方に向けて解説するので参考にしてください。

チャイルドマインダーとは?

少人数の体制で子どもの保育を担当できる仕事は、チャイルドマインダーと呼ばれます。チャイルドマインダーはイギリス発祥の保育方法で、日本では保育士やベビーシッターなどの肩書きで働く人と同じような意味を指しています。

チャイルドマインダーには保育人数の上限が決められており、民間資格のチャイルドマインダーの資格を養成講座で取得して仕事に従事するのが一般的です。

0~12歳の赤ちゃんから子どもの保育を任される仕事として、親御さんの代わりに身の回りの世話をしたり一緒に遊んだりしていきます。子どもと接することが好きな方に向いている内容で、保育士やベビーシッターの資格とダブル取得する方もいる内容です。

子どもと関わる仕事に就きたい人はピッタリ!

チャイルドマインダーは、発達や成長を続ける子どもたちと関われる仕事なので子どもと接する仕事に就きたい人に向いています。

国家資格の保育士とは違い、少人数で施設や自宅、派遣する形や独立開業の形態で子どもの世話をしたい人におすすめです。

大人数と接するときとは違い、少人数で接することができるので一人ずつじっくり子どもの教育に向きたいたい考え方の人に向いているかもしれません。

チャイルドマインダーの資格を取得すると、将来的に独立や開業する形で働くこともできます。

チャイルドマインダーの仕事内容・働き方はどんな内容?

少人数の子どもたちを保育できるチャイルドマインダーは、地域にある保育関係の施設を始め、派遣型の形や開業で働くなどのさまざまな働き方があります。

  • 福祉・保育施設で働く方法
  • 派遣や訪問の形で働く方法
  • 開業して働く方法

以上3つの内容を含めながら、仕事内容や働き方の詳細をわかりやすく解説するので参考にしてください。

パターン1.福祉・保育施設で働く方法

保育士の資格が必須ではない保育補助として働くときにも、チャイルドマインダーの資格が活かせます。求人の募集要項に「チャイルドマインダー資格を持っている方」と記載されている場合、アピール材料にすることが可能です。

チャイルドマインダーがメインではなく、国家資格を持つ人がスキルアップの形でチャイルドマインダーの資格取得を目指す場合もあります。

ただ、チャイルドマインダーの特徴である「少人数の保育」の仕事スタイルで進めたい場合は、下記で紹介する派遣や訪問型で働く施設の割合が多いかもしれません。

パターン2.派遣や訪問の形で働く方法

チャイルドマインダーの資格を活かせる働き方です。仲介会社に雇われる形、またはアプリを使って依頼者の自宅に訪問する形で子どもの保育ができます。

一対一の保育ができるメリットがあり、大人数かつ他の業務に忙殺されてしまうデメリットを回避することも可能です。保育士として働いていた方、子どもと接することが好きな方が「スキマ時間を使って働く」ときにおすすめできます。

事前に仕事の日時を調整しやすかったり、短時間の働き方で仕事ができたりするなど、主婦や副業で働きたい方にピッタリです。

パターン3.開業して働く方法

チャイルドマインダーの資格は養成講座を受講して取得していくため、講座の内容には独立や開業するノウハウを教えてくれる場所もたくさんあります。実際にチャイルドマインダーとして働く経験を通して、スキルや実績を身につけていけば独立や開業は夢ではありません。

個人事業主や法人化の形で開業して働く方法は、自宅をオフィスにすることができるため、自分の好きなタイミングで働くことができます。

働く時間や稼ぐお金を自由に決められるメリットもあるので、将来的に検討されている方は計画を立てて実行に移しましょう。

チャイルドマインダーと関連資格の違いって?

チャイルドマインダーの資格や保育に関連する資格は、それぞれの特徴や違った点があります。特徴を知っておくことで自分に向いている内容がわかるため、これから資格取得をしたい人はぜひ参考にしてみましょう。

  • 保育士
  • ベビーシッター
  • オンラインチャイルドコーチング

以上、3つの関連資格について解説するので「どの資格が自分に合っているのか」「時間や費用に見合う内容があるのか」など、詳細を確認してみてくだい。

保育士

日本の国家資格で保育に関する信頼性の高い資格の一つです。国家資格を取得するには、指定の条件をクリアして国家試験を受ける方法、または指定の養成学校に通いカリキュラムを受けて卒業する方法があげられます。

取得まで一定の時間や費用がかかるため、本格的に保育士として活動したい方におすすめです。保育士の資格は福祉・保育施設など、求人の募集要項に多く記載されている資格としてさまざまな現場に活かすことが可能です。

チャイルドマインダーとの違いについては、保育士は一般的に大人数の子どもたちを預かる機会が多い点があげられます。

*保育士に関する詳細はこちらのページを参照ください。

ベビーシッター

仲介の派遣会社に雇用または登録する形で働くことが多いベビーシッターは、自宅に派遣される形で少人数の子どもの世話を担当できます。チャイルドマインダーと似ている点が多く、少人数保育の形で働きたい人におすすめです。

ベビーシッターは肩書きの総称として使われる場合もあれば、資格取得をして働く人を指す場合もあります。ベビーシッターとして働く人は、保育士などの国家資格を取得している人や経験歴がある人が仕事を担当するのが一般的です。

チャイルドマインダーの場合、イギリス式の保育方法を学べる点で違いがあげられます。

*関連資格のチャイルドボディセラピストの記事はこちらを参照ください。

オンラインチャイルドコーチング

インターネットで資格が取れる内容です。最短一週間で資格が取れる講座で、スピード感を持って資格取得を目指したい人におすすめできます。

子どもとの信頼関係が学べる内容で、仕事だけでなくプライベートで親子関係を構築していくための知識として役立ちますよ。

オンラインチャイルドコーチングの資格は、インターネットで在宅ワークをしていきたい主婦の方にも向いている内容です。SNSツールやクラウドソーシングツールを使い、仕事を受注して仕事につなげるきっかけに活用してみてください。

*詳細はこちらのページも参考にしてください。

チャイルドマインダーの資格はこんな人におすすめです!

子どもと少人数で関われる保育の仕事であるチャイルドマインダーを取るのに向いている人をピックアップしていきます。

  • 子どもが大好きな人
  • 責任感の強い人
  • 体力や明るさに自信がある人

以上の項目を中心に内容をまとめています。「自分には向いているのだろうか?」と疑問や不安を感じている方は、現場で活躍する姿を想像しながら検討するときの材料にしてください。

子どもが大好きな人

保育に関する仕事は、まず「子どもと接することが楽しい」という前提条件が必要です。発達段階にある子どもたちは、ときには大人の言い分を聞いてくれずに苦労する面もあるかもしれません。

そんなときでも「子どもが好きだ」という前提があれば、多少のことでは動じない精神力やおおらかさが身についていくため、大変なことがあってもやりがいを感じて働くことができます。

子育て経験のある主婦の方にも向いているので、子どもが好きな気持ちを仕事に活かしたいと感じる方におすすめです。

責任感の強い人

親御さんの大事な子どもを預かる仕事であるチャイルドマインダーには、命を預かる責任があります。自宅に派遣される形で働くことが多いため、保育施設とは違って安全性をその都度確認しながら子どもの世話を担当していくのも大切です。

「子どもの目線に立ってどんなことが危険につながるのか?」「自宅の設備は安全性があるのか?」など、プロのチャイルドマインダーとして活動していくために責任感を持って働いていきます。

チャイルドマインダーを目指したい人は、一人の大人として責務を果たせるように仕事を遂行していくのが大切です。

体力や明るさに自信がある人

さまざまなタイプの親御さんや子どもたちと接するチャイルドマインダーは、成長盛りの子どもたちの面倒を見るためにも体力勝負の場面も出てきます。運動やスポーツに取り組むことが好きな方にはおすすめです。

また、親御さんや子どもたちにはさまざまな性格の方がおられるため、臨機応変に誰とでも仲良くなれるスキルも必要になります。

コミュニケーション能力に自信がある方、明るい性格で人と接することが好きな方など、人と話したり接したりすることが好きな人にはピッタリです。

*子どもと関わるときに知っておきたいポイントは、こちらのページを参照ください。

チャイルドマインダーの資格は養成講座を受講しよう!

チャイルドマインダーの資格は、各カリキュラムを実施しているスクールなどの養成講座を通して資格を取得できます。

  • ヒューマンアカデミー
  • チャイルドマインダージャパン
  • NCMA,Japan

以上、3つの養成講座は、チャイルドマインダーを目指すときにおすすめの内容です。これから資格取得をして現場で活躍したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ヒューマンアカデミー

スクールから通信講座まで展開するヒューマンアカデミーは、さまざまな資格講座を展開して合格者を出してきました。ヒューマンアカデミーでは、オンラインライブ授業の形で自宅にいながらチャイルドマインダーの資格取得が目指せる内容です。

VRの教材で赤ちゃんの視点を学ぶなど、体系的な内容に基づいた授業が学べるため、学んだあとに現場で活かせる知識が身につけられます。

また、独立や開業に関するサポート大切も抜群なので、気になる方は下記のリンクから詳細をチェックしてみてください。

公式サイトはこちら

チャイルドマインダージャパン

在宅での勉強から試験受験まで、自宅にいながらチャイルドマインダーの資格取得が目指せる内容です。子どもに関する栄養・安全知識など、チャイルドマインダーが知っておきたい内容が身につけられます。

認定校としての実績も長いため、初めて勉強する方も安心して資格を取得することが可能です。チャイルドマインダーとして自宅でマイペースに勉強を進めたい方におすすめできます。

これから保育に関する仕事において資格取得を目指している方におすすめできる講座の一つです。

公式サイトはこちら

NCMA,Japan

英国式のチャイルドマインダーの講座を直接学びたい方におすすめできる内容です。通信講座、通学スタイルの両方から選べるため、対面して直接講師から学びたい人に向いています。

講師は教育関係のプロが指導してくれるため、わからないポイントを一つずつなくしながら学んでいけるところも利点です。通学スタイルの授業では、気軽に質問ができる環境があるため、今後開業や独立を考えている方はぜひ相談してみましょう。

英国式で本場の授業を受けたい方はぜひ参考にしてください。

公式サイトはこちら

まとめ:チャイルドマインダーは少人数保育に関われるのが魅力

チャイルドマインダーに関する仕事や資格の情報について解説してきました。

イギリスで生まれたチャイルドマインダーの仕事は、少人数体制で子どもたちの保育に関われる資格として人気です。

仕事内容は0~12歳の赤ちゃんや子どもに対して、親御さんの代わりに身の回りの世話をしていきます。関連する保育資格に比べると、少人数体制で保育ができる点があり一人ひとりとじっくり向き合う時間を取ることが可能です。

チャイルドマインダーの資格は各養成講座の受講で取得できるので「ヒューマンアカデミー」「チャイルドマインダージャパン」「NCMA,Japan」などを活用して取得を目指しましょう。

自由な働き方ができる仕事として、資格を活かして時間や場所にとらわれない働き方ができるメリットがあります。

これから保育に関わる仕事に就きたいと考えている方、スキルアップにチャイルドマインダーの資格を取得したい方はぜひ受講を検討してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です