在宅ワークをお探しの方はこちら

賃貸不動産経営管理士の予備校講座のおすすめを厳選紹介!講座選びのポイントや独学と予備校を比較検討【2021年度版】

賃貸や不動産の勉強は、初心者には専門用語やルールが細かく理解が難しいと感じやすい内容です。

独学で試験対策を進める方法もありますが、確実に合格を目指したいときは予備校の勉強法が向いています。ただ、どの予備校を選ぶのがよいのか迷われる方も多いのではないでしょうか。

今回は、賃貸不動産経営管理士の予備校講座のおすすめを最新情報から厳選紹介して、講座選びのポイントや独学と予備校を比較して解説します。

本記事で紹介する予備校の特徴を参考にしながら、自分に合った勉強法をご検討ください。

賃貸不動産経営管理士の予備校講座を社会人が選ぶときのポイント

予備校で勉強を進めたいときは、費用や講座内容、合格者の声から内容を検討しましょう。

賃貸不動産経営管理士の予備校講座を社会人が選ぶときのポイントを見ていきます。

予備校講座の費用と予算から選ぶ

賃貸不動産経営管理士の予備校の相場は1~10万円台です。本記事で紹介する「スタディング」は、予備校のなかでは費用が安い傾向があります。

予備校の講座内容によって費用は変わるため、教材や実績を確認して選びましょう。賃貸不動産経営管理士の予備校によっては、数万円程度の割引が適用できる講座もあります。

費用を最小限に抑えたいときは、独学でテキストと問題集を買って対策を進めましょう。予備校選びでは、家計の状況と費用を天秤にかけてご検討ください。

予備校講座の教材や講義内容から選ぶ

賃貸不動産経営管理士の予備校によって講義内容や特徴は変わります。

予備校を選ぶときは、下記の項目を確認しましょう。

  • テキストや問題集(紙媒体・デジタル)
  • 質問サポートの有無、回数制限(直接対面、メールなど)
  • カリキュラム内容の充実度(添削や過去問など)
  • オンラインの機能、サポート対応

予備校の講座にどのようなサービスがあるのか確認しておくと、勉強スタイルに合った内容を検討できます。

忙しい社会人から勉強を進めるときは、通信タイプの予備校がおすすめです。公式サイトから予備校の特徴やイメージを膨らませて、予備校選びの参考にしてください。

合格者の声・実績から選ぶ

公式サイトに予備校の実績や合格者の声、講師の紹介ページがあるか事前に確認しましょう。合格者の体験談は、勉強のモチベーションアップにつながり予備校選びの決め手にできます。

公式サイトに合格者の声や実績が公開されていない場合は、SNSで「賃貸不動産経営管理士+予備校の名前+評判(口コミ)」で検索してください。過去から現在までの評判や感想を探すことが可能です。

評判や口コミのリアルな声を通して、予備校の講師や講義スタイルの相性が合いそうか確認できます。

賃貸不動産経営管理士の予備校講座以外の独学は難しい?

賃貸不動産経営管理士の勉強時間や合格率から、独学と予備校どちらの勉強法がよいか検討します。

社会人が資格取得の勉強に取り組むときの参考にしてください。

勉強時間は約100時間必要

国家資格になった賃貸不動産経営管理士は、約1~3ヶ月程度の期間をかけて対策に取り組みます。ほかの国家資格に比べると勉強期間は短めです。

社会人が100時間の勉強時間を達成する仮のスケジュールを考えてみましょう。

  • 約1ヶ月の勉強:1日3時間半の勉強が必要
  • 約3ヶ月の勉強:1日1時間半程度の勉強が必要

賃貸や不動産管理に関わる勉強が初めての方は、慣れない専門用語に難しさを感じるかもしれません。

不動産に関わる勉強に取り組んだ経験がある方なら独学、初めて勉強する方で効率よく合格を目指したいときは予備校がおすすめです。

試験の合格率は低下傾向

賃貸不動産経営管理士の合格率は、年々低下傾向にあります。国家資格に認められた背景があり、今後も難易度があがると予想できるのではないでしょうか。

これから受験を検討中の方は、一発合格を目指すなら予備校の勉強法が安心かもしれません。受験者数は年々増加傾向にあるため、試験の合格者の人数に合わせて問題の内容にも変更がありそうです。

じっくり試験対策を進めたい方は独学、確実に合格を目指したい方は予備校の選択肢を検討しましょう。

賃貸不動産経営管理士の予備校におすすめの講座を厳選紹介!

今回は「アガルート」と「スタディング」の講座から、賃貸不動産経営管理士の特徴と口コミ評判を紹介します。

アガルートは高い合格率の実績を誇る人気の通信タイプの講座です。

スタディングは、デジタル教材を中心に選びたいときにおすすめなので、各自の勉強スタイルに合わせてご検討ください。

アガルートの特徴・口コミ評判

社会人が通信で勉強できる人気の予備校講座です。アガルートの賃貸不動産経営管理士を受講した方の合格率は、高い実績があります。

  • 賃貸不動産経営管理士:92.3%(全国平均29.8%、3.1倍の実績)/※令和2年度の試験の内容。

公式サイトには、実際に社会人から合格した方の声が載せられています。

  • 「通信講座で動画で勉強することができるため、仕事で遅く帰ってきたりしたときに、テキストを読む気力が起きないときに動画を流し見できたことは良かったです。」
  • 「かなり効率的に勉強できました。さくさく説明がされていくので、短期集中で効率よく勉強したい方には本当におすすめです。」

※内容はアガルートの公式サイトの合格者の声より引用。

Facebookから気軽に質問ができるサービスを使えば、試験本番までに不明点を残さずに試験対策が進められるでしょう

動画講義は10分程度から進められるので、忙しい社会人が効率よく勉強を進めたいときにアガルートの予備校がおすすめです。

スタディングの特徴・口コミ評判

デジタル教材を中心に勉強を進めたい方は、スタディングの講座がおすすめです。賃貸不動産経営管理士の講座では、費用が安い特徴があります。

公式サイトからは、実際にスタディングの講座を使って合格した体験談を閲覧できるのでご確認ください。

  • 「場所を選ばず通勤電車などで隙間時間を活用し学習できた事も大きかったです。」
  • 「歩いている際も聞き流しをし、何度も聞いた内容に関しては速度を上げて聞く事でより多くの内容をインプットしていきました。」

※内容はスタディングの公式サイトの合格者の声より引用。

動画講義と問題集を繰り返し解くことで、課題の理解が深まります。最新の情報に対応した講義内容で、試験本番に向けて集中的に進められるでしょう。

デジタル教材のメリットは、場所や時間を選ばずに学べるところです。社会人が仕事と資格取得をデジタル教材を中心に勉強したいときは、スタディングの講座をご検討ください。

賃貸不動産経営管理士の予備校講座のおすすめまとめ

賃貸不動産経営管理士の予備校講座のおすすめを最新情報から厳選紹介しながら、講座選びのポイントを始め、独学と予備校を比較して見てきました。

おすすめの予備校講座をもう一度おさらいしましょう。

  • アガルート:通信/高い合格率の実績がある。
  • スタディング:通信/費用が安くデジタル教材が中心。

予備校選びのポイントでは「費用と予算」「教材や講義内容」「合格者の声・実績」3つの観点から選んでみてください。

賃貸不動産経営管理士は、年々合格率が低下傾向にあります。初めて勉強する方は、独学よりも予備校のほうが効率よく理解が進むでしょう。

社会人からじっくり試験対策を進めたいときは独学、確実に合格を目指すときは予備校の選択肢がおすすめです。あなたの価値観に合った勉強法をご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です