在宅ワークをお探しの方はこちら

衛生管理者の勉強時間は100時間?第一種衛生管理者と第二種衛生管理者の勉強時間をそれぞれ解説します!

衛生管理者は国家資格の中でも比較的難しくない資格といわれています。

果たして、合格するためにはどれほどの勉強時間が必要なのでしょうか。

本記事では衛生管理者資格合格のために必要な勉強時間について紹介します。

衛生管理者試験の合格に必要な勉強時間はどれくらい?

衛生管理者は国家資格の中でも難易度が低いといわれています。したがって、各人のバックグラウンドにより差はありますが、第一種衛生管理者と第二種衛生管理者それぞれ必要な勉強時間について説明します。

第一種衛生管理者合格に必要な勉強時間は100時間

第一種衛生管理者に必要な勉強時間は100時間です。つまり、一日一時間勉強するとすれば、約3か月です。

元々のバックグラウンドがある方や、一日にもう少し多くの時間を勉強時間に割ける方は2か月で合格することも可能でしょう。

第二種衛生管理者合格に必要な勉強時間は60時間

第二種衛生管理者に必要な勉強時間は60時間といわれています。第二種も一日一時間勉強するとれば、約2か月です。

第二種も衛生管理関連の知識がある方で、より多くの勉強時間を週末に割ける方でしたら、1か月以内で合格を目指すことも可能です。

衛生管理者合格までの勉強スケジュール

第一種と第二種それぞれの予想される勉強時間がわかった方は、勉強のスケジュールを立てていきましょう。

衛生管理者の試験は毎月開催されています。地域の安全衛生技術センター(全国7ブロックに分けられている)にて、毎月1~5回程度行われています。

ご自身の年間スケジュールを鑑み、受験できる試験日程と会場をあらかじめ確認し、試験日をいつにするか決定しましょう。

試験日が決定すれば、そこから逆算して勉強スケジュールを立てていきます。

1. 勉強スケジュールを立てる

第一種衛生管理者試験の場合、平均で約3か月の勉強時間がかかります。

衛生管理者は専門的な知識の習得が求められるため、知識の習得(インプット)に7割の力を割き、過去問を解く練習(アウトプット)に3割の力を割くのが望ましいでしょう。

2か月間はテキスト中心のインプットをすすめ、単元ごとにアウトプットを併用していくとよいでしょう。

残りの1か月間は過去問中心のアウトプット期間とし、苦手な分野等はテキストに立ち戻って理解を深める学習方法がよいでしょう。

2. テキストと問題集の選定を行う

勉強のスケジュールを立てたら、基本のテキスト1冊と過去問題集を1冊準備しましょう。

テキストや問題集をやみくもにあれもこれもと手を出すのはよくないです。

最初に自分に合ったテキストを入念に探して決定したら、そのテキストや問題集に集中しましょう。

選び方としては、自分にとってわかりやすい、やりやすいといった視点で構いません。イラストが苦手な方はイラストがないものを選び、図表の多さを重視するのもよいでしょう。

ポイントをあげるとするならば、試験の傾向を長年にわたって分析している出版社のものが信頼できます。冒頭で近年の試験の傾向や要点、頻出分野がわかりやすく解説されたテキストがよいでしょう。

問題集であれば過去問の傾向を解説したものや、スキマ時間を活かしやすく構成された問題集、例えば繰り返し回答と答えの確認ができる形式が望ましいです。

3. 繰り返し過去問を解く

3か月の勉強期間のうちの最後の1か月は、過去問演習期間です。過去問をスキマ時間を使ってどんどん解いていきましょう。

繰り返し行って、何回やっても全体の6割以上正解できるようになれば万全です。

確実に合格をねらいに行くのであれば、苦手分野をなくして7割以上を安定的に取れるようにすることが目標です。

衛生管理者に効率よく一発合格したいなら資格講座がおすすめ

社会人の方はとにかく時間を作るのが難しい方も多いでしょう。

もし、ご自身でアラカルトでテキスト・問題集探しやスケジュールを立てることに時間を割くのが難しい方は、体系だった学習を効率よく進めるために、通信講座や予備校を利用するのがおすすめです。

衛生管理者試験に関するよくある質問と回答

衛生管理者試験に関するよくある質問と回答について以下にまとめました。

衛生管理者は一夜漬けで合格できる?裏ワザは・・・

衛生管理者は一夜漬けで合格はできませんし、裏ワザもありません。

試験は毎月あるので、準備が間に合わないのであれば次の機会をねらうのがよいでしょう。

職場で必要に迫られている場合には、背に腹は代えられません。確実に合格したいのであれば、通信講座がおすすめです。

おすすめの通信講座に関しては、こちらの記事をご覧ください。

衛生管理者の勉強におすすめのテキストは?

衛生管理者の勉強におすすめのテキストはどのようなものがあるでしょうか。やはり最新のテキストと問題集を1冊ずつ準備して勉強をはじめましょう。

衛生管理者合格にあたって、インターネットで出回っている無料テキストや中古問題集でも大丈夫なものなのでしょうか。

結論からいうと、無料テキストや中古問題集の利用はやめておくのが無難です。なぜかというと、関連法規の変更がしばしば行われるため、それらの情報収集をもれなくご自身で行わなくてはならないからです。

忙しい社会人の方が時間を効率的に使って勉強を進めるには非常にマイナスであるといえるでしょう。

ぜひ、最新のテキストや問題集を必ず手元に置いて勉強を進めてください。

おすすめテキストに関して詳しくはこちらの記事をご覧ください。

衛生管理者の合格率や難易度は?難しくなったの?

衛生管理者は難易度が比較的高くない国家資格といわれていますが、はたして本当の難易度どれくらいなのでしょうか。

比較的難しくない国家資格といえども、昨今の受験者数は増加傾向にあり、年々合格率は減少傾向にあるようです。

詳しくは、衛生管理者の合格率や難易度についてまとめた、こちらの記事をご覧ください。

【2021年】衛生管理者の合格率や難易度はどれくらい?難しくなった?一発合格の可能性について検証します | 資格Hacks (shikakuhacks.com)

衛生管理者は独学でも合格できる?

衛生管理者は独学でも合格できるのでしょうか。

現在実務で関わっている方や、衛生管理の知識がある方であれば独学で十分に合格できます。

しかしながら、ご自身で参考書等の選定も行う必要があるため、社会人で時間の制約もある中その時間も惜しい方にとって最も体系的な学習を可能とするのは通信講座といえるでしょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

衛生管理者試験合格に向けての詳しい勉強方法は?

今回は、試験会場と日程の確認をおこなったら、勉強スケジュールを立て、テキストと問題集の準備をしましょうというお話をしました。

実際にテキストと問題集をどのように併用すると効果的か、1日のうちのどのタイミングが暗記に向いている時間帯かなど、衛生管理者試験合格にあたっての詳しい勉強方法は、こちらの記事をご覧ください!

衛生管理者試験の勉強時間まとめ

今回は衛生管理者試験合格に向けての勉強時間について解説をしました。

平均的な勉強時間は、第一種・第二種それぞれ次のとおりです。

  • 第一種衛生管理者はおよそ100時間、平均して約3か月
  • 第二種衛生管理者はおよそ60時間、平均して約2か月

こちらの勉強時間はあくまでも、1日1時間勉強した場合を仮定していますので、1日あたりの勉強時間をもう少し多くとれる方や、休日に多くの勉強時間を充てることが可能な方であれば、1か月程度で合格することも夢ではないでしょう。

ぜひ、計画的にスケジュールを立てて衛生管理者合格に向けてがんばってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です