在宅ワークをお探しの方はこちら

薬膳コーディネーターの合格率は?資格取得のメリット・仕事の内容を簡単に解説!

薬(漢方の成分)+膳(食事)のセットで健康に働きかけていく方法を薬膳といいます。漢方の成分と食事から体の調子を整えていけるのが薬膳の考え方です。

健康以外の美容にも良い変化が期待できるだけでなく、仕事に活かせる内容も一緒に学べますよ。漢方や食に興味や関心の深い方におすすめできる内容です。

試験はユーキャンの通信講座と連動して実施されており、本記事では、薬膳コーディネーターに関する情報をまとめています。通信講座とは、自宅で教材を使ってサポートを受けながら勉強できる方法です。

薬膳コーディネーターに関連する資格も紹介しているので、漢方や食に関わる資格を目指したい方は、下記の目次から各見出しに飛んでチェックしてみてください。

薬膳コーディネーターの合格率はどのくらい?

ユーキャンの通信講座を通して実施している薬膳コーディネーターは、合格率が公開されていないものの、比較的高い数字と予想されています。

通信講座を通して自宅で試験を受けられる形+マークシート方式+約60%以上の点数獲得が条件になるため、初心者の方でもやさしい難易度で受験することが可能です。

在宅試験とは、文字通り自宅にいながら好きなタイミングで受験できる仕組みのことで、ユーキャンの薬膳コーディネーターでは課題試験を通して合格が判断されます。

また、マークシートとは、選択肢を鉛筆で塗って解答する試験方式のため、一から記述する形とは違い解答しやすい点も特徴です。

初心者でも取得しやすい難易度でGOOD

薬膳コーディネーターは「がっつりと資格の勉強をする」というよりも、「楽しみながら実践できる知識を身につけよう」というイメージが強い講座です。そのため、初心者でも資格の勉強をスタートする敷居が低くなります。

万が一、最終課題の試験に合格できなかった場合も3回までは再試験を受けることが可能です。試験内容は教材から学んできたことから出題されるため、わからないポイントを一つずつなくしていけば十分合格できます。

ユーキャンの薬膳コーディネーター講座では、わからないポイントを無料で質問できるサポートもあるため、安心して勉強を進められる体制も整っているのが利点です。

薬膳コーディネーターの資格を取得するメリットベスト3

薬(漢方の成分)+膳(食事)の考え方で健康面のサポートができる薬膳コーディネーターは、漢方の成分と食材を組み合わせるとさまざまな変化が期待できます。

同時に、季節の旬にあたる食材をうまく取り入れることで、春夏秋冬を楽しみながら食材の美味しさを味わうことも可能です。薬膳コーディネーターの資格を学ぶメリットは他にもあります。

下記では「健康や美容の意識を高められる」「レシピの幅が広がる」「食に関する仕事へつなげられる」の3つから解説しているので、資格を取って未来に活かすイメージをしながら参考に読み進めてみてください。

健康や美容の意識を高められる

漢方の成分や食材は、さまざまな健康・美容に関する働きかけが期待できます。

食事の栄養素には、健康補助食品やファーストフードの食事からは取れないものが含まれているのは、感覚的にも理解ができるかもしれません。

食材本来の形から体に取り入れることが大切で、まだ科学的にわかっていない働きもたくさんあるため、自然に近い形で栄養を取り入れることが重要です。

また、健康に関する対策は美容の対策と重なる点も多くあります。薬膳の知識を取り入れて体内の調子を整えた結果、肌の調子やむくみなどの変化が期待できるかもしれません。

健康に関する意識が高い方にとっては、薬膳コーディネーターを学ぶことで新しい情報を得るチャンスが生まれるため、他の人に情報発信をしたり口で伝えたり人の役に立つ機会が生まれます。

レシピの幅が広がる

日本の食事では、漢方を料理に使う方はあまりおられないかもしれません。知っているようで知らない漢方の成分は奥が深く歴史も古いため、薬膳コーディネーターの勉強をするうちに新しいレシピを知る機会が増えて世界も広がるはずです。

体の状態に合わせたメニューを考案することもできるため、市販の薬に頼りきらずに食事を中心に対策を試みることができます。

副教材には、暮らしに役立つ100種類の薬膳メニューのレシピが掲載されており、細かい説明とカラーの写真つきで料理に活かすことが可能です。食材に関するマメ知識も教えてくれるため、食に関する知識に強くなれます。

他にも、持ち手と注ぎ口がついた土鍋の「行平鍋(ゆきひらなべ)」もセットでついてくるため、講座が終了してからも使えて便利です。

食に関する仕事へつなげられる

薬膳コーディネーターの教材では、2冊のテキストを使って「中国伝統医薬学」と「食薬」の基本知識が身につけられます。初心者の方が難しいと感じやすい専門用語もわかりやすく解説してくれていますよ。

食に関する知識を深められるため、資格の取得を活かして仕事につなげることも可能です。飲食店や漢方の販売店、病院施設や漢方の指導者など、活かせる内容は幅広くあります。

薬膳の考え方は、食や栄養に関する学問の入り口につながるはずです。そのため、基本的なマインドや知識を身につけたあとは、気になる項目を掘り下げるのにも役立ちます。

自分の体に働きかけるだけでなく、薬膳コーディネーターで得た知識を家族や友人、他の多くの人を幸せにするために身につける意味でも有意義な内容です。

薬膳コーディネーターの仕事はどんな内容?

薬膳コーディネーターとは、中国伝統医薬学の考え方を使い「食事」から健康面に働きかけることができます。漢方に使われる成分を調理に使いながら、美味しく楽しく健康管理に取り組めるのが利点です。

薬膳コーディネーターを仕事にするときは、栄養に関する基礎知識に加えて漢方に関する知識を知っておく必要があります。薬膳コーディネーターという職業として働けるよりも、現在のところは資格を活かして肩書きとして使う方法が一般的です。

企業の働き先としては、漢方を販売する店舗、食に関する施設で働くときに役立つ知識につながります。

薬膳コーディネーターを仕事に活かすには

資格が仕事に直結するわけではないものの、薬膳コーディネーターは下記のような職場で働くときに役立ちます。

  • 健康志向の商品を置く販売店(オーガニック・無添加など)
  • 漢方の販売に関わる店舗、または企業で漢方のアドバイザー
  • 調剤薬局、ドラッグストア
  • 病院施設
  • 学校で漢方の授業を教える指導者
  • 飲食関係の店舗、飲食関係の工場など

また、フリーランスの形で漢方や食に関わる情報提供をスタートする方法もあり、ライターやブロガー、研究家の肩書きに使用することもできます。

上記のように仕事への活かし方はさまざまなので、自由な発想で自分のキャリアと薬膳コーディネーターの資格を活かせる方法を模索してみてください。

薬膳コーディネーターの勉強方法は通信講座のユーキャンで!

約4ヶ月の標準勉強期間をかけて学べる薬膳コーディネーターの資格講座はユーキャンと連動して実施されています。薬膳コーディネーターの資格にチャレンジしたい方は、通信講座のユーキャン公式サイトから申し込みましょう。

勉強期間は最長で12ヶ月間続くため、ゆっくり勉強したい方は約12ヶ月の期間までユーキャンの講師からサポートが受けられます。

試験までの道のりとしては、

1.添削課題3回に取り組む(添削課題=問題の回答に解説やアドバイスがもらえる)

 

2.最終課題の試験を自宅で好きな日時でチャレンジする(試験会場に行く必要はなし)

 

3.合格すると薬膳コーディネーターの資格がもらえる(合格点60%以上必要)

 

4.紙の認定証書が自宅に届く(無料)

副教材には、専門用語を集めた用語集もセットでついてくるため「この言葉ってどんな意味だったっけ?」と振り返る際に役立つ内容です。

サポート体制抜群のサービス

ユーキャンの通信講座では、初心者から勉強をスタートした方が挫折しないようなわかりやすい教材が売りです。薬膳コーディネーターの基本テキスト2冊は、イラストや図解がたくさんちりばめられた読みやすい構成になっています。

無料でできる質問サービス(スマホ・郵送・メールの質問に対応)、WEBテストや動画から同時に勉強ができるサービス(スマホ・パソコンに対応)、試験までの計画がわかるスケジュール管理票など、充実したサポート体制抜群のサービスが受けられますよ。

勉強中にわからないところがあれば、質問サービスを活用して一つずつ理解を深めていきましょう。

公式サイトはこちら

薬膳コーディネーターの関連資格3つをわかりやすくまとめてみた

漢方や食に関する資格は、薬膳コーディネーター以外にもあります。それぞれ内容が少しずつ変わってくるため、目的別に一番合う内容を選ぶための参考にしてみてください。

  • 薬膳アドバイザー
  • 薬膳マイスター
  • 薬膳・漢方検定

以上、3つの資格について内容や詳細を簡単にまとめています。それぞれの項目にURLを記載しているので、気になるものがあれば公式サイトに飛んで細かい部分をチェックしてみましょう。

*食に関する関連資格は、こちらのページもチェックしてください。

薬膳アドバイザー

日本中医食養学会が実施する認定資格です。約40時間以上かけて対面授業で講習を受けたあと、そのまま試験なしで資格が取得できます。講習は、中国伝統医薬学や季節の薬膳に関する学びなど、薬膳に関する知識を深められる内容です。

対面で授業を受けられるメリットがあるため、本格的に薬膳の知識を学びたい方に向いています。時間の都合がつきやすい方の受講がおすすめです。

資格取得後、薬膳を広める仕事や活動に取り組みたい方は、学会に登録することで仕事の幅が広がりやすくなります。また、関連資格を受講するきっかけや知識を身につけられるので、気になる方は公式サイトから内容をチェックしてみましょう。

公式サイトはこちら

薬膳マイスター

通信講座の歴史が古いがくぶんが和漢薬膳食医学会と連携して実施している資格です。女性に人気が高い薬膳マイスターの通信講座では、約4ヶ月かけて自宅で薬膳に関する知識を身につけていけます。

薬膳を日本に広めるきっかけを作った人物が監修と指導を実施しているため、本格的な教材を通して学びを深められるのも利点です。通信講座を通して学んだ内容は、家族や自分の体調に合わせて料理につなげることができるため、すぐに実践に移して知識を自分のものにできます。

薬膳マイスターの資格を取ったあとは、さらにステップアップができる関連資格も準備されているので気になる方はぜひ参考にしてみてください。

公式サイトはこちら

薬膳・漢方検定

合格率が高い資格として漢方や食に関する知識が学べるため、初心者の方にもおすすめです。漢方に関する基礎知識が学べるだけでなく、日頃の生活に活かせる食に関するマメ知識が身につきます。

試験問題には、日常生活に馴染み深い例題や問題が出題されているので知った知識を今日から活かすことが可能です。

薬膳・漢方検定は、東京・名古屋・大阪・福岡の4会場で実施されています。公式テキストを使いながらマイペースに勉強を進められるのが利点です。

新しい勉強を始めて世界を広げてみたい方、インターネットを使って食に関する情報発信に取り組みたい方など、自分の目的や用途に合わせてぜひ受験を検討してみてください。

公式サイトはこちら

まとめ:薬膳コーディネーターの合格率は高く取得しやすい!

本記事では、薬膳コーディネーターに関する詳細をまとめて見てきました。

薬膳コーディネーターの合格率は公式で発表されていないものの、通信講座ユーキャンと連動した資格で初心者にもやさしい内容であることが予想されます。

マークテスト方式なので一言一句暗記する必要はなく、テキストに出てくる内容をしっかり覚えておけば十分合格できる難易度です。

資格を取るメリットとしては、健康や美容の意識が高まりやすくなることや仕事につなげられる点があげられます。

薬膳コーディネーターに関連する資格には「薬膳アドバイザー」「薬膳マイスター」「薬膳・漢方検定」などの資格があるので、自分に合いそうな内容や予算を決めて選択してみてください。

薬膳の知識を身につけることで食事や漢方に関する知識が深められるため、公私ともに恩恵を受けることができます。家族や友人、自分のために健康維持に働きかけたい方は、ぜひ取得を検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です