在宅ワークをお探しの方はこちら

【2021年最新】一生使える資格を取ろう!ずっと役に立つおすすめ資格12選を紹介

管理業務主任者の難易度

「資格を取りたいけれどどれが良いかわからない…」

 

漠然と「資格を取りたい」と考えているものの、どの資格を選ぼうか悩んでいる人は少なくないでしょう。
せっかく勉強するのですから良いもの、それも一生使えるような役に立つ資格を取りたいですよね。

 

そこで、今回の記事では一度取得すれば一生使える資格を5つ紹介します。
ずっと役に立つ資格ですので、勉強する価値がかなりあります!

 

一生使える資格をとるメリット

さまざまな資格がありますが、中でも一生使える資格というのは取得することに大きなメリットがあります。
まずはそちらから見ていきましょう。

将来が安定する

一生使える資格というのは、専門性が高く需要があるものが多いです。
その分もらえる給与も安定していますし、独立してさらなる稼ぎを得ることもできます。

一度取得すれば社会でかなり生かせますしずっと需要があるままです。
安定した収入と仕事量が期待できますので、将来の生活に関する心配がかなり減ります。

就職・転職がスムーズに進む

一生使える資格というのは、社会において需要が高いものです。
就職活動や転職活動において大きなアピールポイントとなります。

一生使える資格というのは難易度が高く取得者の数は決して多くありません。それだけに貴重な人材として扱われるので、多くの企業に求められます
結果として、スムーズな就職活動・転職活動が実現できるのです。

自分に自信がつく

一生使える資格は、非常に難易度が高いうえに継続した勉強が必要なものが多いです。
資格を取るまでかなり苦しい思いをすることでしょう。

ですがその苦労を乗り越えて資格を取得することで、乗り越えた自分に自信がつきます。
自分に自信がつくと人生がより明るくなります。自己肯定感を高めるという意味でも、資格取得は大きな意味を持つのです。

一生使えるおすすめ資格5選

一生使える資格として、以下がおすすめです。

正直なところ取得は難しいものばかりですが、その分今後の人生でかなり役立ちます。

  • 看護師
  • 宅地建物取引士
  • FP技能士
  • 弁理士
  • 会計士
  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 登録販売者
  • 保育士
  • 弁護士
  • 医者

それぞれ詳しく見ていきましょう。

看護師

看護師は医療機関において医師の補助をしたり、入院患者のバイタルチェックやお世話などをする職業です。

宅地建物取引士

FP技能士

弁理士

会計士

税理士

社会保険労務士

行政書士

登録販売者

保育士

弁護士

医者

 

使えない資格の例

一生使える資格がある一方で、取得をしてもあまり生かせない資格も存在します。

そのような資格は時間とコストをかけて勉強しても見返りが少ないため、よほどの理由がない限り避けたほうが良いでしょう。資格はとれば良いというものではなく、生かせるかどうかがカギとなるのです。

難易度が極端に低い

難易度が極端に低い資格は取得が容易ですが、需要もあまり高くありません。
誰でも取れる資格には希少性がないからです。

なんでも良いから資格を取ろうとして簡単すぎるものを選ぶ人もいますが、あまりおすすめできません。
資格を取ったところで結局生かせる場面がないのでしたら意味がないからです。

難易度が低すぎる資格は取ったところで活用できないというのが現実です。

専門性がない

専門性がなく使いどころの資格も取得する意味がかなり小さいといえます。

資格は、その分野における専門知識を有していることの証明になります。
そして同時に、その業界において活躍できるだけの人材であることをアピールするものです。

専門性がない資格というのは、アピールできるだけの分野がそもそも存在せず、生かしどころがありません。
結果として資格を持つだけ無駄ということになりかねないのです。

知名度が低い

専門性が高く難易度がそれなりに高くても、そもそも知名度がなければアピールのしようがありません。

知名度が低いということは、それだけ需要が低く求めている企業が少ないということです。
コアな企業や特殊な業界においては重宝される場合もありますが、そうでないと持っていても意味がないでしょう。

難関資格だからといって価値があるとは限りません。
知名度が低くないか、アピールポイントとして使えるかは、事前に調べることおすすめします。

一生使える資格があれば人生安泰!約立つ資格を手に入れよう!

合わせて読みたい!