在宅ワークをお探しの方はこちら

中小企業診断士に必要な勉強時間は?最短合格に向けた情報を徹底解説!

企業の経営コンサルタントとして働くための資格はいくつかありますが、「中小企業診断士」はその中でも唯一の国家資格になります。

経営コンサルタントとしてすでに働いている方や、今から就職を考えている方の中には中小企業診断士の資格の取得を考えている方は多いのではないでしょうか。

中小企業診断士の受験資格は特に定められていませんが、簡単に取得できる資格ではありません。中小企業診断士の資格を取得するためには、どれほどの勉強時間が必要になるのでしょうか。

資格講座名アガルートアガルートフォーサイトフォーサイト大原大原スタディングスタディング
コース名総合カリキュラムバリューセット11次・2次合格コース中小企業診断士 1次2次合格コース
税込価格76,780円63,800円268,000円69,300円
受講形式オンラインオンラインweb通信オンライン
教育給付制度記載なし21回各校に問い合わせ3回
特典や割引合格したらお祝い金3万円+全額返金。模擬口頭試験1回合格したら、最大2,000円のアマゾンギフトコード2021年に第1次試験または第2次試験の受験をされた方は20%off合格で10,000円のお祝い金
受講者の合格率記載なし60%記載なし記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

中小企業診断士に最短合格したい!勉強時間は1000時間が目安!

中小企業診断士の資格取得は合格率が20~40%ほどと言われている難易度の高いものです。中小診断士の資格を取得するために勉強しなければいけない科目は1次試験で7科目、2次試験で4科目の記述試験の後に口実試験を合格する必要があります。

しかし、2次試験は1次試験で受験する科目と関連が高いものになるため、実質的には7科目の勉強をすることになります。

7科目全ての科目を学習し、合格するためには約1,000時間必要だと言われているのです。

最短合格までどれくらいかかる?1年くらいが目安!

中小企業診断士の資格を得るために1,000時間の勉強時間が必要になるということは、1日2~3時間程度の勉強が必要になるということです。毎日きちんとそれだけの勉強時間を得ることができるのであれば、理論上は最短1年で中小企業診断士の資格を得ることができることになります。

まずは毎日2~3時間の勉強時間をきちんとさけるかどうかを考えてみましょう。もし厳しいようであれば、もう少し長いスパンで考えてみるのもいいかもしれません。

独学受験のための開始時期・スケジュールは?週に20時間で考えてみよう!

中小企業診断士の資格取得をするためには、思い立ったその時から勉強を始めることがとても重要です。

もしも試験までの日数があまりなければ来年の合格を目指して勉強すればよいですし、受験までの日数が1年ほどあるのであれば、その時の受験を目指せばよいのです。

独学で勉強して中小企業診断士の資格を取得するためにはスケジュールを作ってそれにのっとった勉強をすることが大切です。

勉強をする時には、テキストの章を確認してみましょう。その目次数を参考に1日で勉強するためにはいくつの章を学ぶべきなのかを割り振ってみて下さい。

毎週必ずスケジュールを作成し、それに沿って学ぶことが重要です。

働きながらでも取得可能?実際に働きながら取得した人は多い!

中小企業診断士の資格は難易度の高い国家資格であり、勉強内容も難しいものですが、仕事をしながら取得することも可能です。

中小企業診断士は受験資格も特にないので誰でも挑戦できる資格ですし、学生よりも社会人の方に人気の高い資格となっています。働きながらでも毎日コツコツ勉強する環境を整えられるのであれば資格の取得は可能です。

働きながら取得する場合、勉強時間が足りないと思えるのであれば2年かけてじっくり勉強してから受験に望むというのも1つの方法と言えます。

実際に合格した人のスケジュールは?一例を紹介!

では働きながら中小企業診断士の資格試験に合格した人はどのようなスケジュールを組んで勉強したのでしょうか。その一例を見てみましょう。

働いている人が中小企業診断士の資格を取得するために必要なのは以下の4つです。

  1. 通勤時間や休憩などの隙間時間に勉強する
  2. 過去問題を解く
  3. スマホやタブレットなどを活用する
  4. 無理矢理でも勉強する時間を毎日2時間作る

どんなときでも勉強ができるように、学べる道具を持ち歩くことはとても重要です。しかし、中小企業診断士のテキストはかなり分厚く、持ち歩きにくいものが多いです。そのためスマホやタブレットなどを効率よく使って学べる環境を作りましょう。

また、働いていると疲れてしまって今日は勉強しなくてもいいかな、と思ってしまう日も出てしまうときもあるでしょう。しかし、1日サボってしまうと、勉強するモチベーションが下がってしまいます。ですから毎日必ず勉強する時間を2時間程度作るように心がけて下さい。

最短合格への勉強方法は?3つのステップで対策しよう

最短合格するためには勉強をする方法をよく考えておくことがとても重要です。そのためにも以下のことを心掛けるようにしましょう。

  1. まず何からするべき?勉強時間や内容の計画を立てよう!
  2. どの問題から手を付ける?テキストやブログで一次試験の対策をしよう!
  3. 一次試験合格後は?二次試験の対策をしよう!

では各科目ごとにその内容の詳細をご説明します。

まず何からするべき?勉強時間や内容の計画を立てよう!

中小企業診断士の資格を得るためには7科目もの勉強をしなくてはいけません。その分勉強量も多く時間もかかります。そのためまず最初にどのように勉強していくべきかその計画を立てておくことがとても大切です。

勉強はテキストに記載されている1つの章の内容をきちんと把握したのを自分で確認した後に次の章に進むようにしましょう。半端な知識のまま次の章に進んでしまうと、その他の勉強内容もきちんと把握できない可能性があります。

どの問題から手を付ける?テキストやブログで一次試験の対策をしよう!

まず最初に勉強するには時間のかかる財務・会計や経済学・経済政策、企業経営理論などがおすすめです。これらは理解が進むことでより学習ペースが進んでいくことが考えられます。

暗記科目の多い経営法務や経営情報システム、中小企業経営・政策などは後半に一気に学習するようにしましょう。暗記科目ではありますが、きちんと内容を理解しながら学ぶことが重要です。

テキストで1つの章の学習をしたら、それに該当する問題集を解くという勉強方法が効率的です。中にはテキストと問題集がセットになっているものもあるので、そちらを利用するとより勉強の効率が上がるかもしれません。

一次試験合格後は?二次試験の対策をしよう!

社会情勢などにもよりますが、中小企業診断士の1次試験日の受験日は8月上旬、2次試験の受験日が10月中旬であることが多いです。要するに1次試験と2次試験の間は2か月程度しかありません。

1次試験の合格発表は9月上旬になるので、すぐに2次試験の願書を提出して2次試験の対策をする必要があります。

1次試験が終わってほっとするのではなく、1次試験が終わったらすぐに2次試験の対策を始めることが大切です。2次試験の内容は簡単に言うと1次試験の応用になります。そのために以下の知識を復習しておきましょう。

  1. 「企業経営理論」で学んだ「経営戦略の策定プロセス」
  2. 財務・会計
  3. 2次試験の過去問題を解く

1次試験はマークシート形式でしたが、2次試験は記述試験になります。1つの設問に対してゆっくり考える時間もあまりないので、問題の解き方などに慣れておくことが重要です。

まんべんなく勉強するべき?ある程度科目別に勉強するのがコツ!

勉強を進めるうえで重要なのは、さまざまな科目を少しずつ学ぶのではなく、1つの科目の勉強が終わってから次の科目を学ぶようにすることです。7科目あるからと全ての科目を少しずつ勉強してしまうと、きちんと理解ができなくなってしまいます。

しかし、ずっと同じ科目だけを勉強しているとモチベーションが下がってしまう人もいるかもしれません。

そういう方は、1日おきに科目を切り替えると良いでしょう。その時もその科目だけを重点的に学ぶようにしてください。

勉強を始める前にやっておくべきことは?取り組む環境を作ろう!

中小企業診断士だけではありませんが、独学して資格を取得するためには勉強をする環境を整えておくことがとても重要です。そのためにも、まずは自分の生活環境を見直し勉強する時間を作りだしてみましょう。

ストイックに勉強し続けることも大切ですが、それだけだとモチベーションが続かなくなってしまうかもしれません。そのため、1日に10分だけでも自分の遊ぶ時間をつくってみるのもいいかもしれません。

また、環境を整えることも大切です。机に座って勉強することも重要ですが、スキマ時間に勉強をする習慣をつけるとよいでしょう。自分でテキストを読んで、それを聞きながら通勤したり、テキストを写したものを見ながらお昼ご飯を食べたりしてみるなど、工夫をしてみて下さい。

科目別の戦略って?内容別に適した勉強法を知ろう

中小企業診断士の資格を取得するためには7科目もの勉強をする必要がありますが、実はすべてが同じ難易度であるとは言えません。

また、1次試験だけでなく2次試験に関係する科目もあるので、勉強時間を7等分して学習するのはいい学習方法であるとは言えません

では、どのように勉強時間を振り分ければ良いのでしょうか。

科目別勉強時間の内訳一例!参考にして自分のスケジュールを組もう!

1,000時間のうち、どの科目にどのくらいの勉強時間を割けばよいのでしょうか。その目安をご紹介します。

  • 財務・会計…200時間(中小診断士の資格を得るうえで最重要の科目
  • 経済学・経済政策…200時間(知識をコツコツ積み上げることが重要)
  • 企業経営理論…200時間(出題範囲が広い)
  • 経営法務…100時間(暗記が中心の科目)
  • 経営情報システム…100時間(暗記が中心の科目)
  • 運営管理…100時間(出題範囲が広い)
  • 中小企業経営・政策…100時間(暗記が中心の科目)

上から内容の難しい順番に並んでいると考えて下さい。特に財務・会計、企業経営理論、運営管理の3科目は2次試験に大きく関連してくる科目になるので、とても重要になります。

人によって得意科目が異なっているため、勉強する順番や学習時間の配分をよく考えておくことも中小企業診断士の資格を取得するためにはとても重要です。

中小企業診断士を取得するメリットは?社会で必要な力が身に付く!

中小企業診断士の資格には以下のメリットが考えられます。

  • 会社の経営状態をさまざまな角度から見ることができる
  • 人脈が広がる
  • 転職に有利に働く
  • 独立開業ができる

中小診断士とは、会社の現状分析を見て、今後の経営戦略を考えていく経営コンサルタントとしての仕事をすることができる資格です。そのため、会社のお金の流れなど会社の中だけでなく、景気の動向や法律などの外の面を見てマネジメントをする必要があります。

マネジメントだけでなく、行政機関との連携など多方面の人たちと仕事をすることもあります。そのため仕事をしていくうちに人脈を増やしていくこともできます。

経営コンサルタントとして企業で働くこともできますが、中小診断士として独立開業することも夢ではありません。

中小企業診断士は、これだけさまざまなメリットを得られる資格なのです。

独学が苦手で無理!そんなときはTACなどのスクール通学がおすすめ!

中小企業診断士の受験資格は特に定められていないため、独学で勉強して資格取得を目指す人もいることでしょう。しかし、中小企業診断士は多くの科目を学ぶ必要がありますし、難易度も高いものです。そのため、独学で勉強することに限界を感じる人も出てくるかもしれません。

そのような方は、資格スクールへの通学や通信教育などを考えてみて下さい。TACやスタンディング、ユーキャン、大原、アガルートなどさまざまな資格スクールが中小企業診断士の講座を開設しています。

各資格スクールのホームページを参照し、資料を取り寄せるなどして見比べてみるとよいでしょう。

資格講座名アガルートアガルートフォーサイトフォーサイト大原大原スタディングスタディング
コース名総合カリキュラムバリューセット11次・2次合格コース中小企業診断士 1次2次合格コース
税込価格76,780円63,800円268,000円69,300円
受講形式オンラインオンラインweb通信オンライン
教育給付制度記載なし21回各校に問い合わせ3回
特典や割引合格したらお祝い金3万円+全額返金。模擬口頭試験1回合格したら、最大2,000円のアマゾンギフトコード2021年に第1次試験または第2次試験の受験をされた方は20%off合格で10,000円のお祝い金
受講者の合格率記載なし60%記載なし記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

中小企業診断士の勉強時間は1000時間!計画的な対策がカギ!

中小企業診断士を取得するためには7科目を1,000時間かけて学ぶ必要があると言われているほど難易度の高い資格です。しかし、資格を取得することでキャリアアップを望むことができると言えます。

資格取得をするためにも、勉強する計画をきちんと立て、それに沿って学ぶ環境を作ることがとても重要です。1日2時間の勉強時間を取得し、1年での資格取得を目指してみて下さい。