在宅ワークをお探しの方はこちら

行政書士は独学でも合格できる!?独学で勉強を始める前に知るべきことを解説!

行政書士は独学でも合格できる!?独学で勉強を始める前に知るべきことを解説!

「行政書士試験は、独学で可能?」「行政書士試験に、独学合格できるタイプは?」

この記事では、独学に向いている人や独学に必要な参考書など、独学で学習するためのポイントをまとめています。

行政書士は、法律系のビジネス資格のなかでは、司法書士よりも易しい位置づけにあります。そのため、できればコストをかけずに独学で学習したいと考える人が少なくないのではないでしょうか。

初学者の場合には、独学よりも講座を利用した方が効率よく学習できますが、独学についての情報を知ることも、学習のヒントになるかもしれません。行政書士に独学で合格できるのかという情報が欲しい人は、ぜひご覧ください。

行政書士の試験は独学でも合格できるがハードルは高い

行政書士の試験は独学でも合格できるがハードルは高い

行政書士の試験は、独学での合格も可能といわれています。司法書士など他の法律系資格と比べると、難易度は低い試験だからです。

ですが、実際にはハードルの高い試験です。多くの人が行政書士の学習に1,000時間ほど費やしています。行政書士資格に興味を持つ人は、簿記検定3級やITパスポートなど、ビジネス資格を保有している人も多いでしょう。これらの初歩ステップ資格と比較してみます。

簿記検定3級やITパスポート試験の合格レベルに達するための学習時間は、100時間ほど必要とされています。行政書士試験対策には1,000時間前後の学習が必要なので、決して簡単ではない試験であることがわかります。

行政書士に独学で合格するために知るべき3つのポイント

行政書士に独学で合格するために知るべき3つのポイント

行政書士試験に独学でチャレンジしたい人が知っておきたいポイントを紹介します。

1.独学での勉強にかかる時間

行政書士試験対策としての勉強にかかる時間は、法律の知識がない人の場合、1000時間ほど必要です。法律の知識がある人の場合は半分の500時間ほどと言われています。

資格学校での行政書士講座の学習時間の目安は600時間ほどとなっています。うち3分の1がインプット、3分の2以上がアウトプットに費やされています。

独学者の場合インプットにも時間がかかりますので、余裕を持った学習スケジュールを組むと良いでしょう。

2.効率的に勉強できる参考書

独学者は、理解を着実なものにするため、テキスト・問題集のほか、法律の参考書も購入すると良いでしょう。参考書の選び方も自分で情報を集める必要があります。

オススメは、行政書士学習者に必要な法令だけをまとめた、次のような行政書士試験用の六法です。

行政書士受験必携六法 2022年版 | 東京法経学院編集部 |本 | 通販 | Amazon

行政書士 試験六法 2021年度 (W(WASEDA)セミナー) | 行政書士試験研究会 |本 | 通販 | Amazon

その他各種専門学校が出版している書籍も、わかりやすくまとまっているでしょう。実際に書店で手に取ってみてください。

3.行政書士の試験内容

行政書士試験は例年、11月に施行されています。試験の内容は「行政書士の業務に関し必要な法令等」と「行政書士の業務に関連する一般知識等」の2分野の出題です。選択式問題と記述式問題が出題されます。(記述式は3問)

合格基準は、次のとおりです。

  • 「行政書士の業務に関し必要な法令等」…50%以上得点
  • 「行政書士の業務に関連する一般知識等」…40%以上得点
  • 全体で60%以上

上記すべてをクリアすれば試験合格となります。

行政書士に独学で合格できる人の特徴

行政書士に独学で合格できる人の特徴

行政書士は、1年間ほどの学習を積み上げる必要のある試験です。どのような人が、独学で合格しているのか一例を紹介します。

1.法学部出身など法律を学んだことのある人

行政書士試験に独学で合格できる人の特徴として、法学部出身であることが挙げられます。法学部出身者は、司法試験を受験していることも多く、行政書士の試験は易しく感じられるでしょう。

そのような場合は、講座を利用すると費用と時間がもったいないので、まずは過去問題を解いてみて手ごたえがあれば、独学で突き進んでも大丈夫でしょう。

2.過去にも資格勉強をしたことのある人

行政書士試験に独学で合格できる人の特徴の1つとして、まったくの初学者ではないことがられます。たとえば、過去に司法試験を受験したことがある人、司法書士試験を受験したことがある人、公認会計士試験などで民法を選択した人などが挙げられます。

行政書士よりも難易度の高い資格試験にチャレンジしたことがある人は有利でしょう。独学でも、講座を利用している人と同じ位のスピードで学習が完結する可能性があります。

3.行政書士試験に合格するモチベーションが高い人

行政書士試験に合格したいという気持ちが強く、モチベーションが高い人に共通する学習姿勢は、シンプルながら、アウトプットを根気よくこなせる人でもあります。

試験勉強に共通することですが、意識を高く持てば、やるべきことが見えてくるものです。インプット学習はアウトプット学習に比べて、受け身であることが多いです。そのため負担が少なく学習が進む上、学習量も目に見えるので勉強した気になるものです。

しかしアウトプット学習は、自分自身の頭で考えなければならないので、30分考えても2行しか書けないなどと言う事はよくあります。この時に諦めずに根気よく取り組める人が、独学合格に近づきます。

行政書士試験の独学で意識するべきこと3つ

行政書士試験の独学で意識するべきこと3つ

行政書士試験を制覇するには、戦略が必要です。独学者が意識したいポイントを紹介します。

1.配点の大きい行政法と民法を優先的に勉強する

行政書士試験対策の必勝セオリーは、出題数の多い「行政法」と「民法」を固めることです。

独学者が学習時間をかけている順は

  1. 「行政法」・「民法」
  2. 「基礎法学」
  3. 「憲法」
  4. 「会社法・商法」

との順番がセオリーとなっているようです。

講座を利用する場合には、バランスよく進めているようです。独学者の場合には、優先順位と苦手をしっかり把握して学習することが大切です。

2.最初に立てた勉強スケジュールを守る

行政書士試験は、学習スケジュールが非常に重要な試験です。科目ごとの配点が異なるため、学習の比重を考えて学習時間を割り振ることがポイントです。計画した学習スケジュールはしっかりと守ることが、独学者にとっては合格への最も重要なポイントとなります。

学習の開始時期はなるべく早い方が良いですが、多くの人が本試験11月から逆算して一年前にスタートするようです。はじめの4ヵ月・5ヵ月でインプットを終わらせ残り7ヵ月・8ヵ月でアウトプット、苦手分野の克服に時間を割り振る受験生が多いです。

3.記述式問題の対策として過去問や問題集を繰り返し解く

行政書士試験では、例年、約40文字の記述問題が出題されます。配点が20点と大きいので、しっかり対策してくる人が多いです。いかに、キーワードを文脈に適切入れられるかが採点ポイントとなります。

問題がどの条文・判例について問いているのかを見極めて解答します。独学者の場合、記述の練習をしても講師が採点をしてくれるわけではありません。

過去問の解説を何度も読み、繰り返し解くことで、採点傾向がつかめるまで学習を進めます。余裕があれば、別の出版社のものを買っても良いでしょう。記述問題の対策は、とにかく何度も問題と解説を読み、繰り返し解くことで読解力をつけていくことです。

行政書士の独学に不安がある場合の対策3つ

行政書士の独学に不安がある場合の対策3つ

行政書士試験は、長い道のりとなる試験です。独学に不安のある人は、次の方法を試してみましょう。

1.勉強仲間を探しモチベーションを高める

行政書士受験の独学者が、つまずく理由の1つにモチベーションの低下があります。独学慣れしていない人の場合、勉強仲間を探すのもモチベーションを高める方法の1つです。

たとえば、SNSのチャットやブログなどを使って、同じ時期の試験を受ける人を探して、コメントをしてみるなどです。お互いにモチベーションを上げたいと思っているが可能性が高いので、良いライバルとして意識できるでしょう。

また、自分から学習記録を兼ねた進捗ブログなどを書いても良いかもしれません。あくまでも目的はモチベーションを高めることなので、たくさん書く必要はありません。

2.参考書を読んで自分の苦手分野を把握する

行政書士の学習には、テキストと問題集の他、参考書として六法が必要です。分厚いものではなく、前章で紹介したような行政書士用の六法を使うと良いでしょう。

使い方としては、学習に沿って、条文にチェックを入れる・カラーを入れるなど、学習の軌跡を残していきましょう。そうすることで、自分が未履修・触れた数の浅い条文が一目瞭然です。

また、間違えた箇所・わからなかった箇所に付箋を貼っていけば、苦手分野をわかりやすく把握できます。付箋を貼った箇所をスキマ時間に見直して苦手をなくしていきましょう。

3.通信講座を受講して学習サポートを受ける

行政書士講座は範囲が広く、途中で学習方法がわからなくなり、やる気がなくなってしまう人も少なくありません。そのような時は諦めずに、通信講座などを検討してみてください。

きっと、独学で学習してきたことも改めて整理できて、スッキリと知識が自分のものになっていくのを感じるはずです。

独学に近い環境で学習できる、オンラインスクールを選ぶと学習スタイルを変えずに勉強を継続できます。

行政書士に合格するためのおすすめ講座

初学者でも一発合格を目指せる行政書士講座おすすめ講座の1つが、大原の行政書士講座です。通学講座と通信講座のどちらを選んでも、質の高い講義を受けられ、手厚い講師フォロー、自習室利用などのメリットがあります。あわせてご覧ください。

行政書士の試験は対策次第で独学でも合格可能!

行政書士の試験は対策次第で独学でも合格可能!

ここまで行政書士試験を独学で学習したい人に必要な情報をお届けしました。行政書士は、法律系のビジネス資格のなかでは、登竜門といってもよい資格です。取得すれば、さまざまな道がひらけるでしょう。

初学者が独学する場合には、書籍選びとモチベーション維持、解説を繰り返し読むことが重要です。正しい学習方法を継続すれば合格レベルの実力が身に付きます。行き詰ったらオンライン講座も検討できます。まずは、自分にあった学習方法を考えてスケジュールを立ててみてください。

資格講座名 資格スクエア資格スクエア アガルートアガルート ユーキャンユーキャン フォーサイトフォーサイト 大原大原
コース名 行政書士実務講座 入門総合ライトカリキュラム 行政書士資格取得通信講座 バリューセット1 通常セット 行政書士合格コース
税込価格 40,800円 200,000円 63,000円 54,800円 188.000円
受講形式 オンライン オンライン オンライン オンライン web通信
教育給付制度 なし 何度でも 1日3問まで 10回 各校に問い合わせ
特典や割引 用意されているパックを購入 オプションでマンツーマン指導や通学を選べる。早期申し込み30%off メインテキスト10冊 合格したら最大2000円のアマゾンギフトコード 時事対策などもある
受講者の合格率 記載なし 67.20% 9% 41.30% 2020年76名合格
公式サイト 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です