在宅ワークをお探しの方はこちら

ユーキャン「運行管理者講座」の口コミ評判は?運行管理者の魅力&カリキュラムの特徴を紹介!

運行管理者資格は、感染症拡大をはじめとした社会的な背景から、ニーズが高っています。

運行管理者は、貨物・旅客の輸送を営む事業所で、ドライバー管理や業務監督をするために必要な国家資格です。ユーキャンの運行管理者講座は「貨物」の試験に特化した講座で、テキストとカリキュラムにムダがないので、社会人でも無理なく学習できます。

今回はユーキャンの運行管理者講座について、口コミや評判をご紹介します。

コース名 運行管理者(貨物)資格取得講座
税込み価格 39,000円
受講形式 オンライン
教育給付金制度 6か月
特典や割引 調査中
受講者の合格率
公式サイト ユーキャン公式

ユーキャン運行管理者講座の良い口コミ評判

ユーキャン運行管理者講座の、良い口コミ評判を紹介します。

  1. ムダのない洗練されたテキストで理解しやすい
  2. 効率的なカリキュラムなので、働きながらもムリなく学習できる
  3. 時間にスマホコンテンツでスキマ学習できる

などがあります。それぞれの理由をみてみましょう。

1.ユーキャンの「運行管理者講座」はテキストが魅力

ユーキャンの講座は、テキストに定評があり受講料に見合った価値があるといわれています。基礎講習を受講済みの人の中にも「わからない所が多かったので、再度ユーキャンの明瞭なテキストで学習するために申し込んだ」という声が多数きこえてきます。

働きながら学習する人が多い運行管理者講座のテキストは、出題傾向にあわせて効率よく重要項目を学べるよう作成されています。効果的にイラストが使われ、ムダのないテキストなので学習が進めやすいと高評価です。

教材は、申し込みから数日以内に届きます。メインテキスト5冊の他、過去問題集・ポイント集・ガイドブック・添削課題・学習スケジュールと充実した教材内容となっています。

2.6ヵ月で合格を狙えるカリキュラム

目標となる試験日の6ヵ月前から、学習をはじめるカリキュラムが組まれています。まずは、テキスト学習に取り組みます。わからないことは、メールで質問できるのもメリットです。

テキスト学習でインプットが終わったら、過去問題や添削問題などのアウトプット学習に取り組みます。添削問題では、個別のアドバイスがもらえるので、苦手を克服するのに活用できます。

3.受講生用コンテンツでスマホ学習も併用

テキストだけでも合格レベルの学力が身に付きますが、さらに受講生専用コンテンツ「学びオンライン+」でも学習できます。スキマ時間に学習できるのも魅力です。

ユーキャン「運行管理者講座」の悪い口コミ評判

ユーキャン運行管理者講座の、悪い口コミ評判を紹介します。

  1. ユーキャンの運行管理者講座が「貨物」しかない
  2. 添削期間がわかりづらい

などがあります。それぞれの理由をみてみましょう。

1.「貨物」しか学習できない

運行管理者試験では、旅客よりも貨物の資格の方が、需要があり難易度も高めです。

そのため、旅客での試験範囲は、貨物の学習をしていれば独学でカバーできる程度とされています。

それでも、ブランクがある人やしっかり学び直したい人からは「ユーキャンで貨物を学び合格できたから、旅客も受講したいが講座がない」と、ユーキャンでは「貨物」の試験対策講座しかないのが残念だという声があります。

2.添削期間が決まっているので注意

運行管理者受験者は、忙しいなかで学習している人が多く、添削を出し忘れてしまうことも少なくありません。

受講開始日から試験までの期間が6ヵ月に満たない場合、次の試験まで添削を受けられます。しかし、試験までの期間が6ヵ月を満たす場合には、添削などの一部サービスが受けられなくなるので、しっかりとチェックしておく必要があります。

運行管理者とは?需要が高まる運送業界に必須の国家資格

運行管理者とは、貨物または旅客の運行管理業務を行うために必要な国土交通省が管轄する国家資格です。物流や運送を支えるトラックなどの事業用車両が安全に運行できるよう、管理・監督するマネジメント業務を担っています

具体的な仕事の内容は、ドライバーの健康管理や労働時間の適正化、無理のない運行ルートを指導するなどです。交通事故を絶対に起こさないようマネジメントしつつ、大切な荷物を安全に届けるために重要な役割を果たしています。

運行管理者試験の受験資格と学習時間は?3ヵ月が目安

運行管理者の受験資格をチェック

運行管理者試験は「貨物」「旅客」の2種類に分かれ、内容は、道路運送法・貨物自動車運送事業法・道路運送車両法・労働基準法などの各法令と、運行管理者業務に関する実務知識が出題されます。

運行管理者試験には受験資格があります。以下のどちらかを満たす必要があります。

・運行管理に関する実務経験が1年以上ある

・国土交通大臣が認定する基礎講習を修了した人(または修了予定の人

となっています。受験資格を満たしているか確認しておきましょう。

運行管理者試験の合格率は30%前後

「貨物」の運行管理者試験合格率は、試験回によりばらつきがあり、低い時では20%程度、高い時では40%程度となっています。

「旅客」の運行管理者試験合格率も、貨物同様にばらつきがあり、低い時では30%程度、高い時では50%弱となっています。

事故の増加などを受け、試験難易度もあがっており、貨物と旅客をあわせた全体の合格率は30%程度と考えておきましょう。出題傾向に沿ってしっかりと学習する必要がある試験です。

運行管理者試験の勉強時間は3か月程度が目安

必要な勉強時間は、独学の場合はもともと蓄えている知識量により異なります。短い人で50時間、長い人で100時間程度の学習が必要です。1日1時間しっかり学習できれば、3ヵ月程が学習期間の目安になります

運送業で働いている場合、長距離輸送のために数日間学習できないことが常です。疲労をとることが最も優先すべきなので、余裕をもって4~6ヵ月程の学習期間を設定すると良いでしょう。

逆に、業務に空きがある場合、1ヵ月程の短期学習をすることも可能です。業務に支障のないよう、学習計画を立てることが重要です。

通信講座の場合には、学習期間が長く設定されている上、効率よく網羅的に学習できるので、無理なく確実に合格を狙うなら、ぜひ利用しましょう。

ユーキャンの特徴

  • 通信教育なら生涯学習のユーキャン
  • 充実したカリキュラム
  • 気になる資格の講座を選んで申込んでみよう

\受講スケジュールや受講者の声も確認できます!/
ユーキャンのカリキュラムを確認

運行管理者のメリットは?営業所に必須の存在

コロナ禍で、業務の幅が広くなっていることを実感している人も少なくないでしょう。運送の需要が高まっている時代だからこそ、業界内でキャリアアップを目指す人が増えています。そのために、運行管理者資格を取得することは大きなメリットがあります。

営業所に定数配置義務があるから安定した職業

運行管理者のニーズは、貨物・旅客ともに拡大しています。設置が義務化されたことに加えて、感染症など社会情勢の変化により、物資輸送ニーズが拡大したからです。

事業用自動車を保有している営業所は、必ず運行管理者を配置しなければなりません。そのため、運行管理者の資格があれば、業界内での転職の幅も広がります。

運行管理者になれば、基本的には内勤になるため、安定した職業といえます。運転ではなく、管理業務を行うので、加齢により体力に自信がなくなっても長く働くことができるでしょう。

ドライバー管理や指導などやりがいのある職務内容

運行管理者は、事故を未然に防ぐためのドライバーマネジメントを主業務としているので、社会的役割が大きく、大変やりがいのある仕事です。

貨物を必要としている場所へ貨物を大切に届けることはもちろん、人の命を守る役割も果たします。社会的な高齢化の影響を受け、ドライバーも高齢化が必至です。残念ながら、いたましい事故も増えている現状があります。

このような時代だからこそ、ドライバーの健康状態や勤務形態を把握し、マネジメントを行うスキルが求められているのです。

運送業の重要スキルなので収入も見込める

運行管理者の資格を取得すれば、資格手当が支給される会社も増えています。すぐに、運行管理者という立場で業務につかない場合でも、会社により、昇進や昇給というメリットがあるようです。

ユーキャン「運行管理者」講座の口コミ評判まとめ

この記事では、運行管理者の資格取得メリットや学習時間、ユーキャンの運行管理者講座の魅力をお伝えしました。

ユーキャンの運行管理者講座は、ムダのないカリキュラムで、働きながらでも無理なく合格レベルの知識を習得できるのが魅力です。

ニーズの高まる運行管理者試験の合格を目指すなら、ユーキャンの運行管理者講座をチェックしてみてください。

コース名 運行管理者(貨物)資格取得講座
税込み価格 39,000円
受講形式 オンライン
教育給付金制度 6か月
特典や割引 調査中
受講者の合格率
公式サイト ユーキャン公式

ユーキャンの特徴

  • 通信教育なら生涯学習のユーキャン
  • 充実したカリキュラム
  • 気になる資格の講座を選んで申込んでみよう

\受講スケジュールや受講者の声も確認できます!/
ユーキャンのカリキュラムを確認