在宅ワークをお探しの方はこちら

税理士試験は合格率が低い?合格しやすい人の特徴を解説!

税理士試験は合格率が低い?合格しやすい人の特徴を解説!

「税理士になりたいけれど、合格率はどのくらいなのだろう」

「どのような人が合格しているのだろう」

税理士は難易度の高い国家資格の1つであり、長期にわたって勉強を続ける必要があります。

10人の中で1人程度しか合格しない科目もあり、5科目合格するまでに4000時間の勉強量が目安だと言われています。

今回は、税理士試験について以下の内容を解説します。

  • 税理士試験の合格率の推移
  • 合格率が低い理由
  • 税理士試験の難易度
  • 税理士試験に合格するコツ
  • 合格しやすい人の特徴

是非最後まで確認してみてください。

税理士試験の合格率の推移

税理士試験の合格率の推移

税理士は、国家資格の中でも難易度の高い試験です。

ここでは、次の合格率の推移について詳しく見ていきましょう。

  • 科目別の合格率のデータ
  • 学歴別の合格率のデータ
  • 年齢別の合格率のデータ

科目別の合格率のデータ

令和2年度および令和3年度試験の科目別の合格率は以下の表のようになっています。

科目名令和3年度合格率(%)令和2年度合格率(%)
簿記論16.522.6
財務諸表論23.919.0
所得税法12.612.0
法人税法12.816.1
相続税法12.810.6
消費税法11.912.5
酒税法12.613.9
国税徴収法13.712.2
住民税12.718.1
事業税12.613.1
固定資産税13.813.5

税理士試験は、11科目の中から5科目を選択して受験します。

令和3年度の税理士試験で、最も合格率が高かった科目は「財務諸表論」の23.9%で、令和2年度は「簿記論」の22.6%でした。どちらも必須科目です。

2年間で、20%を超えたのは「財務諸表論」と「簿記論」のいずれかだけで、他の科目はどれも10%台を推移しています。

令和3年度に最も合格者率が低かった科目は「消費税法」の11.9%で、令和2年度は「相続税法」の10.6%でした。

いずれも受験者の10人中1~2人だけが合格する難易度の高い試験です。

学歴別の合格率のデータ

学歴区分受験者数(人)合格率(%)
大学卒2060117.7
大学在学中134531.1
短大・旧専卒66514.3
専門学校卒246716.1
高校・旧中卒186522.5
その他35643.5

学歴別の合格率は、「大学在学中」に合格した人が31.1%で、その他の区分を除いて1番高い数値でした。

大学3年生以上で、経済学や法律学を1科目以上履修している場合は試験資格があります。

在学中は勉強時間を確保しやすく、勉強に集中できるため合格率が高くなっているのでしょう。在学中に1科目でも合格しておくと就職時にも有利になります。

年齢別の合格率のデータ

年齢受験者数(人)合格率(%)
41歳以上1028911.8
36~40歳433418.3
31~35歳450621.3
26~30歳389023.0
25歳以下428029.7

年齢別の合格率で1番高いのは、「25歳以下」で29.7%でした。大学在学中に合格している人の割合が高いため、このような数値になっています。

しかし、受験者数は「41歳以上」の区分が一番多く10289人で、他の区分の2倍以上の人が受験しています。

在学中に1~2科目を受験して合格しても、卒業後に残りの科目の受験を続ける人が大半です。

税理士になるためには、2年以上の実務経験を積む必要があるため、大学卒業後は税理士事務所などで働きながら勉強をする人が多くいます。

税理士試験の合格率が低い3つの理由

税理士試験の合格率が低い3つの理由

税理士試験は、国家試験の中でも合格率の低い試験です。

次のような理由が考えられます。

  • 1科目の負担が大きい
  • 毎年の税法の改正を勉強しないといけない
  • 勉強期間が長くてモチベーションが保てない

詳しく見ていきましょう。

1科目の負担が大きい

令和3年度の試験で、1科目でも合格した人の合格率は16.7%で、5科目すべてを合格して税理士になれたのは2.1%でした。

知識を暗記したうえで、複雑な計算問題や記述式の問題に対応できるようにアウトプットする力をつけなければいけません。科目によっては600~700時間の勉強時間が目安になっていて、1科目ごとの負担が大きいのです。

税理士試験は科目合格制で、1度合格した科目はずっと合格の扱いになるため、1年に1科目ずつ受験することも可能です。受験者は、1年間その科目を勉強し続けるため、科目によっては高得点を狙う必要があり、ミスの許されないプレッシャーもあります。

毎年の税法の改正を勉強しないといけない

税理士試験では、毎年行われる税法の改正について勉強する必要があります。

試験では、その年に改正された点について出題される可能性が高いのです。

改正された点が変更されていないテキストを使っている場合は、勉強ができないため気をつけましょう。

予備校などでは、法改正があった点についてテキストに反映してあります。

勉強期間が長くてモチベーションが保てない

税理士試験は11科目から5科目を選択して受験し、5科目すべてに合格する必要があります。また、税理士として登録するためには、実務経験を2年以上積まなければいけません。1年に1度の試験で、1科目から受験が可能です。

税理士試験の5科目すべてに合格するまでに、3~5年かかるのが一般的で、10年以上かかる人も少なくありません。

1科目の勉強時間は、最長で600~700時間かかります。その勉強を数年間は続ける必要があり、モチベーションを保ち続けなければいけません。5科目すべてを合格する前に諦めてしまう人もいるでしょう。

働きながら勉強を続ける人が大半のため、忙しい中で勉強時間を確保する大変さもあります。

税理士試験の難易度は?

税理士試験の難易度は?

税理士試験の難易度はどれくらいなのでしょうか。

国家試験の中でも難関と言われており、合格するための勉強時間は約4000時間です。

また、各科目で満点の60%が合格基準と公表されていますが、相対的に上位者から合格になっています。

そのため、たとえ試験の点数が60%を超えていても、他の人がさらに高い点数であれば合格できないこともあるでしょう。

勉強時間の目安が少ない科目もありますが、他の受験者も満点に近い点数を取ってくるため、ボーダーラインが上がってしまいます。それらの科目は、1つのミスも許されない試験になるプレッシャーがあります。

国家資格の中でも難関 

税理士試験の合格率は、各科目が10~20%で推移しています。

国家資格難易度ランキングでは、弁護士、医師、公認会計士の次に難しい第4位でした。

1つ1つの科目の難易度が高いので長時間、勉強をし続けなければいけません。

初めての受験から3年以内に合格している人は非常に少なく、10年以上かかって合格する人も3割程度いる非常に難しい試験です。

必要な勉強時間は約4000時間

5科目の合格に必要な勉強時間は、約4000時間が目安です。

個人差があるため、2500~6000時間ほどの人もいます。

必須科目の「簿記論」と「財務諸表論」の勉強時間は、それぞれ600~700時間が目安で、2科目だけでも約1000時間が必要です。

税理士試験は、年に1回しか受験することができないため、少しでも早くから勉強をスタートしましょう。

試験は相対評価で行われる

税理士試験の合格基準は、各科目とも満点の60%と国税庁が発表しています。

しかし、実際は合格者の人数を調整するために上位者から相対評価で合格になっています。

他の合格者よりも高い点数を取る必要があるため、必要な勉強時間の目安にとらわれずに少しでも早く勉強をはじめましょう。

回答はすべて記述式で行われるため、知識を覚えるだけでなく、深く理解して言語化できる力をつけなければいけません。

税理士試験に合格する方法は?

税理士試験に合格する方法は?

税理士試験は、独学での合格がほぼ不可能と言えるほど難易度の高い試験です。

試験範囲や必要な勉強時間を考えると、独学で挑戦できる試験ではありません。

また、独学で合格を目指す人が少ないため、参考書や問題集もあまり出版されておらず、独学するためのテキストを集めることすら大変なのです。

毎年行われる税法の改正については、独学で勉強しているとテキストが対応していない場合があります。独学での勉強は、より時間が掛かってしまい現実的ではありません。

予備校を長期間にわたって利用する

合格者の多くは、予備校を長期間にわたって利用しています。

予備校では、これまでの経験に基づいた指導が受けられ、テキストも過去の問題を分析して効率よく学べる工夫がしてあります。

予備校には、長期間になる税理士の試験勉強を、計画的に行えるようにサポートしてくれるシステムが整っています。途中で諦めることなく、合格に向けてモチベーションを保って勉強できるでしょう。

予備校には、通学して学ぶ方法や、自宅などで講義を視聴する方法があります。

コース名簿財2科目合格コース
税込み価格59,950円
受講形式オンライン
教育給付金制度調査中
特典や割引調査中
受講者の合格率
公式サイトスタディング公式

税理士試験に合格する人の特徴は?

税理士試験に合格する人の特徴は?

税理士試験に合格する人は、勉強時間を確保できて長期間モチベーションを保てる人です。

合格するために、努力を続けられる方法を見つけられた人が税理士になれます。

勉強時間を確保できる人

税理士に合格できるのは、勉強時間を確保できる人です。

時間に余裕のある大学在学中の人の合格率が高く、勉強時間の確保ができるかどうかが大切だとわかります

実務経験を積みながら勉強を続けている人も多くいるため、忙しい中でも時間のやりくりをしている人が合格できるでしょう。

予備校を活用し、集中して勉強する時間を確保をしましょう。

長期間モチベーションを保てる人

税理士試験は、科目合格制のため1度に1科目ずつ受験することが可能です。

試験範囲の広さや難易度から、5年以上かかる人も多くいるため、モチベーションを保ち続けなければいけません。

1科目に合格するために600~700時間以上勉強しなければならないこともあり、それを数年間続けることで5科目に合格して税理士なれます。

長期間のモチベーションが保てる工夫が必要でしょう。

税理士試験の合格率は低く長期間の勉強が必須

税理士試験の合格率は低く長期間の勉強が必須

税理士試験の合格率は各科目10~20%と低く、税理士は難関の国家資格です。

合格まで5年以上かかる人も多く、長期間モチベーションを保って勉強を続けるなければいけません。

毎年改正される税法や、記述式で答える問題に対応できる力をつけるためには、独学で勉強するのは不可能です。

税理士試験に合格するためには、予備校での入念な対策が必要不可欠でしょう。

コース名 簿記・財表初学者一発合格パック
税込み価格 383,000円
受講形式 web通信
教育給付金制度 2021年5月~(114回分)
特典や割引 調査中
受講者の合格率
公式サイト 大原公式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です