在宅ワークをお探しの方はこちら

行政書士の独学は厳しい?おすすめの予備校3選をランキングで紹介!

法令科目の理解が求められる行政書士の試験は、ひとりで理解を進めるには「難しい」と感じやすい内容です。

独学以外の勉強法には、通信講座や予備校など、外部のサービスを使うと理解を進めやすくなるメリットがあります。

合格率10%前後の高い難易度を乗り越えるためにも、予算やスケジュールと相談しながら、自分に合ったやり方を選んでみてください。

本記事では、行政書士の独学が厳しい理由、おすすめの予備校3選をランキングで紹介します。

これから行政書士の勉強をスタートする方、一度挑戦して予備校の勉強を検討している方の参考にしてください。

行政書士の独学は厳しい!予備校の勉強方法がおすすめ

 

法律の知識が求められる行政書士の試験対策は、初めての方が勉強するには荷が重いと感じやすい内容です。

専門用語をひとつずつ理解を進めながら、合格基準点に届くように繰り返し勉強を続ける必要があります。

とくに社会人から勉強を始めるときは、つまずきを感じやすい独学よりも通信講座やスクール、予備校などの勉強法がわかりやすく心理的なストレスも軽減してくれるでしょう。

行政書士の独学で3ヶ月~半年合格した例もあるが…

3ヶ月の約600時間以上で合格した方、また、半年かけて約800時間程度の独学で合格した事例もあるようです。ただ、初めて勉強を始める方には現実的ではないかもしれません。

行政書士の合格にかかる平均の勉強時間は、約800~1,000時間です。一日3時間程度勉強を続けたとして約一年はかかります。

とくに社会人の場合は、資格の勉強時間をつくり出すのが難しいため「一日にどのくらい勉強時間にあてられるか?」と、事前に想定しておくと焦らずに済みます。

法律関係の知識がなく、初めて行政書士を独学で始める方は、確実に合格できるように一年以上かけて勉強するコースがおすすめです。

行政書士の独学でおすすめのテキスト

行政書士の試験内容を知るためにも、ひとりで勉強するときにおすすめのテキストをまとめています。過去から現在まで受験生に人気のラインナップです。

独学で進めるときは、テキストと問題集を買ってやりこみましょう。

途中から予備校に変更するルートを取ることもできるので、まずは気軽な気持ちでどのような内容か把握するところから始めてください。

行政書士を予備校で勉強するメリット

 

行政書士の勉強を効率よく進めたいときは、予備校がおすすめです。

法律関係の勉強が初めての方も、無理なく理解が進められます。「独学では難しい…」と途中で感じた方でも、予備校から合格したケースは多くあるのです。

行政書士を予備校で勉強するメリットを見ていきましょう。

一発合格が目指しやすい

合格率10%前後の壁を乗り越えるためにも、予備校の教材を使って試験対策を進めるのが効果的です。

行政書士の試験は、法令科目の理解が求められる内容が多く、初めての勉強には難しいと感じられます。

予備校の模試試験を通して時間配分や本番のイメージが固まるなど、理解度を確認しながら集中的に勉強しやすいメリットもあるでしょう。

また、予備校独自のサービスを展開している内容が多く、途中で勉強を挫折させない工夫やモチベーションの維持がしやすいところも魅力です。

講座の内容によっては、講師に質問できるサービスもあります。行政書士の試験対策で、不明点の理解が進められるように活用しましょう。

一発合格を目指したい方は、法律関係の知識が理解しやすくなる予備校がおすすめです。

スケジュールが管理しやすい

行政書士の試験に合格するには、約一年ほどかけて勉強を続ける必要があります。勉強時間の平均は約800~1,000時間かかる計算です。

個人の勉強速度や対策にかけられる時間によっては、二年以上かかる可能性もあるでしょう。

試験日に合わせてスケジュールを調整しながら、内容の理解を進めて自己管理を続けるのは苦労が伴います。資格の勉強に慣れていない方、社会人から行政書士の合格を目指す方には、荷が重いと感じられるかもしれません。

予備校を選ぶと、自動的に合格までのスケジュールを考えながら講義内容が組まれており、直前になって慌てる状況も避けられます。

独学でコツコツ進めるのがつらいと感じる方は、講師のサポートを借りながら合格を目指せる予備校の勉強法がおすすめです。

講師から授業が受けられる

予備校の講座によっては、対面やオンラインを通して授業が受けられる内容もあります。オンラインの場合は、音声や映像から理解を進められるので、何度も繰り返し授業を振り返るのに便利です。

独学の場合は、書籍のテキストと問題集を開いて対策を進めるため、文字を読み進める勉強法が中心な点で違いがあるでしょう。

「ひとりで理解を進めるよりも、講師の授業から学びたい」と感じるときは、予備校の講義がおすすめです。

どのような講師がいるのか確認するときは、予備校の公式サイトに掲載されている内容を確認してみてください。

行政書士の予備校選びのポイント

 

資格の勉強で予備校を選ぶときは、いくつかのポイントを確認しておきましょう。

今回は「教材や講義内容」「費用と予算」「合格者の声・実績」3つの内容をまとめています。

行政書士の講座はまとまったお金がかかるので、事前に後悔のないように比較検討するときの参考にしてください。

教材や講義内容

予備校の教材には、それぞれの強みや特徴があります。下記のようなポイントを参考に内容を選びましょう。

  • 教材は紙媒体、デジタルなのか?(または両方)
  • 質問できるサポート体制はあるか?(直接、メールなど)
  • カリキュラムはどんな内容か?(添削、過去問など)
  • オンラインの機能が充実しているか?(動画講義など)

講義は自宅で学べる「通信タイプ」、校舎で学べる「通学タイプ」、通信と通学の両方から勉強できる講座もあります。

また、それぞれの予備校によって、デジタルのオンラインの授業に特化した内容もあり、パソコンやスマホから視聴できて忙しい方が場所に捉われずに勉強できて便利です。

社会人が試験対策を予備校で進めるときは、書籍のテキストだけでなく、オンラインのデジタル教材が使える講義を選んでみてください。

費用と予算

行政書士の予備校の相場は6~30万円です。大学や専門学校に通うよりは費用が安く、独学よりは費用が高くなります。

コースの内容によって費用は変わるので、本人の理解度や試験対策の内容に合わせて選びましょう。

行政書士講座の割引キャンペーンやクーポンを活用すると、数万円~数十万円程度安く講座が受けられます。ほかにも、割引サービスの内容はさまざまです。

  • 2回目以降の受講が一部10%割引(アガルート)
  • 条件により国の給付金制度が受けられる(ユーキャン)
  • 本試験を受けている人は20%割引(資格の大原)

※情報は、2021年8月現在の内容を反映。適用はコースや条件あり。

上記のように、割引や給付金制度の実施を確認して申し込むとお得に受講できます。

予備校選びのポイントとして「どのくらいの予算があるのか?」講座にかかる費用と検討しながら、無理のないプランで予備校選びを進めてください。

合格者の声・実績

行政書士の予備校がどのような人が選んでいるのか知りたいときは、公式サイトから合格者の声やインタビュー記事を確認しましょう。

記事が見つけづらいときは「行政書士+合格者+予備校の名前」をネット検索にかけると見つけられます。

掲載がない場合、SNSで「行政書士+予備校の名前」で検索すると、過去から現在までの口コミや評判を知れるでしょう。

また、予備校の講師が掲載されているときは、過去の学歴や経歴、実績をリサーチしておくと後から後悔が少なくなるでしょう。

体験者の声は、資格勉強のリアルな声としてモチベーションの維持やリスク回避に役立ちます。予備校選びのポイントとして参考にしてください。

行政書士の勉強におすすめの予備校ランキングTOP3!

 

独学以外の通信や通学タイプの勉強スタイルで進められる予備校3つをランキングでまとめています。

  • アガルート
  • ユーキャン
  • 資格の大原

それぞれの特徴やメリットを簡単に解説しているので、受講前の参考にしてください。

1,アガルート

行政書士の講座で高い合格率を出している実力派のアガルートです。令和2年度の行政書士試験の合格率は67.2%でした。

同年の合格率は全国平均が10.7%になるので、約6.28倍の高い実績を出しています。

アガルートの講義内容や特徴は、下記のとおりです。

  • 動画講義(倍速や音声ダウンロード可)
  • お祝い金、全額返金の制度(条件あり)
  • アナログのテキストとデジタルで併用できる
  • 質問サービス(Facebookから回数制限なし

アガルートの講義には、初心者や中級者、上級者向けのコースまで幅広い内容があるのも魅力のひとつです。

ほかにも科目に特化した内容など、自分の理解度や予算に合わせた内容が選べます。

忙しい社会人の方が多く合格しているため、動画講義でわかりやすく勉強を進めたい方には、アガルートの行政書士講座がおすすめです。

2,ユーキャン


行政書士試験の合格者は、過去10年間で3,046人を誇るユーキャンは、人気の大手講座です。
通信で学べるため、講座の教材を使って自宅でコツコツと勉強が進められます。

実際にユーキャンの講座で合格した人の声が公式サイトに届いているのも安心です。ユーキャンの講座は、通信タイプで長期間学べる内容のなかでは比較的費用が安い特徴があります。

ユーキャンの講義内容や特徴は、下記のとおりです。

  • 添削や質問サービス
  • 紙媒体のテキストや問題集、デジタル教材(スマホに対応)
  • 国の給付金制度の対象(条件あり)

独学でできない添削や質問サービスが受けられるところも魅力です。

ユーキャンの講座は社会人や主婦の方など、初めて勉強するときに誰でも受講しやすいメリットがあります。費用を抑えた通信タイプの勉強法を選びたいときはおすすめです。

3,資格の大原

資格の大原は歴史が長く安定感がある内容で、社会人が勉強を進めやすい特徴があります。

2012~2020年の行政書士試験の合格者は合計1,244人。通学、通信ともに合格者の声が届いているもの安心です。

「先生の指導が丁寧かつわかりやすい」という感想が多く届いています。

大原の行政書士における勉強スタイルは、主に下記のとおりです。

  • 通学:教室通学、映像通学(2種類)
  • 通信:Web通信、DVD通信、資料通信(3種類)

通学のメリットは、行政書士の合格を目指す人たちとともに授業が受けられる点です。独学や通信だけでは難しいモチベーションの維持がしやすくなります。

パソコンが苦手な方は、DVD通信を利用する勉強法が便利です。

動画に対応しているコースは、1つの内容で5~15分の内容で理解できます。通勤や休憩のスキマ時間に勉強できるので、忙しい社会人の方におすすめです。

行政書士の予備校まとめ

 

行政書士の独学が厳しい理由、おすすめの予備校3選をランキングで紹介してきました。

独学が厳しい理由には、法律関係の知識が多く勉強時間が長いことがあげられます。勉強時間は約800~1,000時間で、平均一年以上必要になるからです。

おすすめの予備校3選をもう一度おさらいしましょう。

  • アガルート:通信/高い合格率の実績がある。
  • ユーキャン:通信/誰でも勉強が進めやすく、全体の費用が安い。
  • 資格の大原:通学・通信/社会人からの勉強が進めやすい。

それぞれの講座には、費用が安かったり高い合格実績があったりするなど特徴があります。

予算やスケジュールと相談しながら、無理のない勉強法を選んで行政書士の合格を目指してください。

合わせて読みたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です